【ワゴンR&ムーブの二強を打破!!】日産 デイズがバカ売れ!? 人気の秘訣と最新事情


証言1:首都圏日産店営業担当者

 現行デイズは2019年3月28日に発売し、間もなく1年が経過する。現時点でも引き続き好調な販売推移を見せており、納車が約2カ月待ちとなっている。

 今回から日産主体の開発プロジェクトで取り組み、プラットフォーム、エンジン、トランスミッション、駆動系、足回りとも全面刷新したのが売りとなっている。

日産が得意とするマイルドハイブリッドのS-HYBRIDの採用により、動力性能と燃費性能を高い次元で両立させていることは見逃せないポイント

 ホイールベースも延長、室内居住空間の拡大、使い勝手の向上させている。

 エンジンは新開発のマイルドハイブリッドのNAとターボだから走りもよく、ライバル他車を大きくリードしているので競合しても負けるケースは少ない。

 日産の登録車は古い車種ばかりで売りにくい。このため新型の軽自動車にいっそう力が入るので、このことが販売台数の増加という結果に結びついているという事情もある。

ホイールベースを延長したことにより走りのスタビリティが上がると同時に、室内のスペースユーティリティ向上にも大きく貢献

 ルークスも新型になったので、さらに対抗しやすくなっている。ただ先行した新型デイズは新型ルークスと同じ納期で予想以上に健闘している。

 デイズが新しいマーケットを開拓し、後発の新型ルークスの市場を先に刈り取ってしまったという側面もありそうである。

証言2:首都圏日産プリンス店営業担当者

 新型デイズの発売当初は旧型デイズ、デイズルークス、マーチ、ノートの低年式車から乗り替えが大半だったが、今年になってからはワゴンR  、ムーヴ、N-WGNなどのライバル車との競合も増えている。

 N-WGNとはどちらも新しいので取ったり取られたりだが、ワゴンR、ムーヴとは勝つケースが多い。

 新型ルークスの登場で、ライバル車との戦いはさらに進めやすくなっている。今後は日産陣営の軽自動車におけるシェア争いはより優位に展開できると予想している。

旧型のネガを潰し、ライバルを研究し使い勝手などで大きなアドバンテージを得たことがデイズ人気の要因となっている

【画像ギャラリー】N-WGNが初のトップ!!~2020年2月のハイトワゴン軽自動車販売ランキング~