【王者N-BOXに肉薄&タントと大デッドヒート!!】絶好調スペーシアの武器と人気上昇のワケ


 軽自動車の販売台数の話題になると、必ず登場するのは「N-BOX」と「タント」だが、ベストカーが自販連や全軽協のデータをもとに作成した2019年12月と2020年1月の販売台数ランキングでは、その2台の間に「スペーシア」が割って入っている。

 2019年11月、タントが2年3カ月ぶりにN-BOXを逆転したことで、世間の注目を2台に持っていかれた感のあるスペーシア。だが、販売は非常に好調だ。

 2台に対して、どんな武器がありここまで人気を維持してのか? 渡辺陽一郎氏が2台と比較しながら解説をしていく。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、DAIHATSU

【画像ギャラリー】ライバル2車種に割って入る人気の「スペーシア」3つのスタイルをチェック!!


■強力ライバルに引けを取らない堅調さを見せるスペーシア

 今は国内で新車として売られるクルマの38%を軽自動車が占める。このなかでも特に好調に売れているのが、全高を1700mm以上に設定したスライドドアを備える車種だ。このスーパーハイトワゴンが軽乗用車全体の約50%を占めている。

 次に多いのが全高を1600~1700mmに設定したハイトワゴンで、この比率は約35%だ。従って軽乗用車の約85%が背の高い車種になる。

 スーパーハイトワゴンは、販売面では軽乗用車の約半数だが、車種数はあまり多くない。従って1車種当たりの販売台数が増えて、「N-BOX」は2019年に25万3500台(1か月平均で2万1125台)を販売して、国内の販売ナンバーワンになった。国内で売られたホンダ車の35%がN-BOXで占められる。2019年の販売ランキングは、1位の「N-BOX」に続いて、2位が「タント」、3位は「スペーシア」と続く。上位車種はすべてスーパーハイトワゴンであった。

 そこで注目されるのがスペーシアの動向だ。2019年の販売ランキングでは前述の3位だが、2019年12月と2020年1月は、スペーシアが2位に上がってタントは3位に下がった。

2017年11月にフルモデルチェンジした「スペーシア」。現行モデルに切り替わったが、エクステリア、コンセプトとも先代モデルからガラリと変わって人気となっている

 ちなみに全国軽自動車協会連合会の発表したデータでは、両月ともに販売上位にデイズが入ったが、これはデイズとデイズルークスを合計した台数だ。ユーザーから見るとデイズとデイズルークスは別の車種だから、分けて集計すると、2019年12月と2020年1月の販売ランキングは、1位:N-BOX、2位:スペーシア、3位:タントになる。

■スペーシアの好調要因は「ギア」投入

 なぜ2018年1月に発売(発表は2017年12月)されたスペーシアが2位で、2019年7月に発売された設計の新しいタントが3位に下がったのか。背景には複数の理由がある。

 まずスペーシアの好調な売れ行きには、2018年12月に追加された「スペーシアギア」が貢献した。スペーシアの2019年における販売台数を見ると、発売直後の2018年に比べて9%増えている。これはスペーシアギアを加えた効果だ。

2018年12月に、スペーシアに新設定された「ギア」。ジムニーやハスラーといったスズキのSUVラインの象徴である丸目のヘッドライトを採用し、SUVテイストの専用パーツが各所に施されている

 もともと実用指向の軽自動車は、フルモデルチェンジしても、ユーザーが飛び付くように買うことはない。その代わり優れた商品なら、愛車の車検満了などに合わせて着実に購入される。売れ行きが一気に伸びない半面、長期間にわたって安定的に売れ続ける。スペーシアもこのパターンで、スペーシアギアも追加したから売れ行きを順調に伸ばした。

 また2011年12月にN-BOXが登場して以降、ライバル車となるスーパーハイトワゴンのスペーシアとタントも、相乗効果で注目されている。その結果、スズキ車ではスペーシアの売れ行きが伸びる代わりに、ワゴンRと先代ハスラーは減った。

 2019年の対前年比は、スペーシアは前述の9%増加だが、ワゴンRは17%、先代ハスラーも11%減少している。つまりワゴンRや先代ハスラーの需要がスペーシアに流れ、売れ行きを押し上げた面もある。

 また新型になったタントの売れ行きが伸び悩んだことも、スペーシアの販売ランキング順位が2位に高まった要因だ。新型タントの売れ行きを振り返ると、フルモデルチェンジ直後の2019年8~9月には、対前年比が70~90%の上乗せになって販売ランキング順位もN-BOXに次ぐ2位となった。

 それが10月は対前年比が4%のマイナスで、販売ランキング順位もスペーシアに次ぐ3位になってしまう。11月は改めて変動があり、対前年比は90%の上乗せ(つまり前年の約2倍)になり、販売ランキングの順位はN-BOXを抜いて1位になった。

次ページは : ■タントの打った策によって勝負は拮抗

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ