新型タフト投入で軽市場どうなる? ダイハツ&スズキ「次の新車」と秘策


ダイハツはタフトの新規投入とムーヴを刷新

東京オートサロン2020に参考出品されたタフとコンセプト。コンセプトと付いているが、ほぼこのままで市販されるのは間違いない。デビューはズバリ2020年6月

 これに対抗させるようにビッグ2も今後商品ラインアップを強化すべく、開発プロジェクトを活発に稼働させつつある。

 ダイハツは6月に新型クロスオーバーSUV「タフト」を発売(編集部註:2020年4月1日から予約受付開始)、次いで今夏にも主力ハイトワゴン「ムーヴ」をフルモデルチェンジする。

 タント同様にDNGAの採用によるプラットフォーム、エンジン、駆動系、足回りの刷新、安全対策強化などで大幅な商品性アップを目指す。

2020年夏(8月)デビューが有力視されている新型ムーヴ。歴代モデルで最もおとなしいと言われる現行よりも精悍かつスポーティになって登場(予想CG)

 同時に両側スライドバージョンの「ムーヴキャンバス」も現行モデル発売後4年経過でフルモデルチェンジないしはビッグマイナーチェンジする可能性がある。新シリーズが出揃えばデイズ、N-WGNを抜き返すのは、それほど難しいことではないだろう。

本家ムーヴが販売面で苦戦しているなか、大健闘しているのがムーヴキャンバス。ほかの軽自動車にない独自のムードを持っているのがウケている

 また2021年秋あたりになるとタントがマイナーチェンジする見込みだ。

 ここでは軽自動車初のEV走行可能な「ストロングハイブリッド」がラインアップに加わる可能性がある。これによってN-BOXを再び追撃することを目指すに違いない。

ハスラーは好調だがワゴンRが頭打ちのスズキ

旧型よりもボクシーでタフさが加味された新型ハスラーは、遊びの達人グルマとして需要は高い。タフトがデビューした後の動向に注目したいところ

 スズキは2019年12月24日にハスラーをフルモデルチェンジ、今年1月下旬から発売、12月25日にはハスラーで登場した新開発NAエンジンをワゴンRに搭載するなど一部仕様変更した。

 ただハスラーは好調な販売推移を見せているが、ワゴンRは頭打ち状況が続いている。スズキにとってこれまで売れて当たり前だったワゴンRの頭打ちは痛いところだろう。

2019年12月に新開発NAエンジンが搭載されたワゴンRだが、マイルドハイブリッドは変更なく、かつての軽自動車キングも頭打ち状態にある

 スズキは現状軽自動車にマイルドハイブリッドをラインナップして環境性能、燃費性能をアピールしているが、残念ながら奏功していない。

 今後は2020年末に主軸モデルのスペーシアをビッグマイナーチェンジ、同じ頃に5ドアハッチバックのアルトをフルモデルチェンジする可能性がある。

日産、ホンダがラインナップしていないセダンタイプのアルトは2020年末にフルモデルチェンジするのが有力だ

次ページは : スズキとダイハツはこのままでは終わらない