新型タフト投入で軽市場どうなる? ダイハツ&スズキ「次の新車」と秘策

 軽自動車界の2大巨頭であるスズキ、ダイハツが独走していたのは過去の話になりつつある。別にスズキ、ダイハツの商品力が弱いというわけではない。

 最大の要因となっているのが日産、ホンダが数の見込める軽自動車に注力していることにある。

 日産、ホンダが軽自動車の開発に本気になったことにより、軽自動車全体のレベルアップが果たされたことはユーザーにとっては歓迎すべきことだが、2大巨頭のスズキ、ダイハツが現状に甘んじるとは考えにくい。

 日産&ホンダの本気に対するスズキ&ダイハツの次の一手について遠藤徹氏が独自ルートで入手したニューカー戦略情報をもとに考察する。

文:遠藤徹/写真:NISSAN、HONDA、SUZUKI、DAIHATSU、平野学、奥隅圭之、ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】すでにデザインが公開されている2020年登場のダイハツタフト&新型ホンダN-ONE


大躍進中の日産とN-BOXの強さが光るホンダ

スーパーハイトワゴン軽自動車の最後発モデルとして2020年3月28日にデビューした日産ルークス。デイズルークスからルークスとして独立

 軽自動車の商品ラインアップ強化と拡販攻勢で、日産とホンダが燃えている。日産は2019年3月28日のハイトワゴン「デイズ」のフルモデルチェンジに続き、2020年3月19日にはスーパースぺースワゴン「新型ルークス」を投入した。

 両モデルとも新開発のプラットフォームにエンジン、駆動系、足回りを刷新し、商品力を大幅に向上させ、好調な販売推移を見せている。

 デイズは2019年の販売実績(届出台数ベース)でスズキワゴンR、ダイハツムーヴを抑え、同ジャンルのトップセラーを奪還した。

デイズは2019年3月にデビューし、丸1年が経過した時点でも好調をキープ。デイズの月販目標は8000台で、ルークスは1万台オーバーを目論んでいる

 続く新型ルークスも好調な滑り出しを見せており、ダイハツタント、スズキスペーシアを追撃している。今秋にはデイズベースの新型電気自動車を発売し、さらなる追い上げを画策しようとの構えである。

 いっぽうホンダは2017年8月31日、主軸スーパースペースワゴンである「N-BOX」をフルモデルチェンジし、2019年7月18日にはハイトワゴンの「N-WGN」をフルモデルチェンジした。

 N-BOXは月販1万5000台以上をコンスタントに販売し、それまで一貫して軽自動車のトップブランドだったダイハツタントを抜き、首位を独走している。

軽自動車の化け物がN-BOXで、2019年は25万3500台という驚異的な販売台数をマーク。現在日本で最も売れている乗用車の人気は衰え知らず

日産とホンダが軽自動車のシェアを拡大

 これに対してダイハツはタントを2019年7月9日にフルモデルチェンジした。こちらもN-BOX同様にプラットフォームを次世代ダイハツのクルマ作りの考え方を導入した「DNGA」を採用、エンジン、トランスミッション、足回りなどを刷新して売り出した。

タントは2019年5月にフルモデルチェンジで刷新された。DNGAの採用、世界初、軽自動車初の技術満載ながら、N-BOXの牙城を切り崩せずにいる

 ところが月販台数でN-BOXを上回ったのは2019年11月だけで、現在までトップ奪還は成しえていない。

 2019年12月23日には上級の「カスタムRS」を設定してアインナップを強化したが、N-BOXへの巻き返しは達成できていない。

 ホンダは2020年9月にもN-BOXを現行モデル発売後3年が経過することから、ビッグマイナーチェンジし、さらなる商品ラインアップを強化し、引き離しにかかる構えだ。

2019年7月にデビューしたハイトワゴンのホンダN-WGN。生産中止が長かったが、バックオーダーを大量に抱えているので当面の販売は安泰

 N-WGNは電子制御駐車ブレーキの不具合が発覚し、2019年9月から一時生産をストップさせた。2020年1月下旬から問題を解決し再開させている。

 生産を止めても受注活動は継続していたことから、バックオーダーは3万台もたまっていた。

 このため今後しばらくは月販1万台規模の増産が続くことから、デイズを抜き同ジャンルであるハイトワゴンのトップに浮上する可能性がある。

東京オートサロン2020に参考出品されたカフェレーサーコンセプト。新型N-ONEはほぼこのデザインで登場する。現行との違いを見分けるのは難しい!?

 さらにホンダは今秋の10月にも「N-ONE」をフルモデルチェンジする。こちらは対抗モデルが存在しない特殊なコンセプトを持つ。強いて言えばハイトワゴンと5ドアハッチバックの中間のモデルともいえる。

「従来モデルとほとんど変わらないエクステリアデザインを採用する」(首都圏ホンダカーズ営業担当者)といわれるが、N-BOX、N-WGN同様に新世代のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用するので、商品性は最高レベルまで引き上げているはずである。

 このように日産、ホンダの軽自動車における第3勢力はこうした一連の新型車展開でダイハツ、スズキのビッグ2を追撃、軽自動車販売で自社のシェアを拡大させ激しく追い上げているのが現状である。

ダイハツはタフトの新規投入とムーヴを刷新

東京オートサロン2020に参考出品されたタフとコンセプト。コンセプトと付いているが、ほぼこのままで市販されるのは間違いない。デビューはズバリ2020年6月

 これに対抗させるようにビッグ2も今後商品ラインアップを強化すべく、開発プロジェクトを活発に稼働させつつある。

 ダイハツは6月に新型クロスオーバーSUV「タフト」を発売(編集部註:2020年4月1日から予約受付開始)、次いで今夏にも主力ハイトワゴン「ムーヴ」をフルモデルチェンジする。

 タント同様にDNGAの採用によるプラットフォーム、エンジン、駆動系、足回りの刷新、安全対策強化などで大幅な商品性アップを目指す。

2020年夏(8月)デビューが有力視されている新型ムーヴ。歴代モデルで最もおとなしいと言われる現行よりも精悍かつスポーティになって登場(予想CG)

 同時に両側スライドバージョンの「ムーヴキャンバス」も現行モデル発売後4年経過でフルモデルチェンジないしはビッグマイナーチェンジする可能性がある。新シリーズが出揃えばデイズ、N-WGNを抜き返すのは、それほど難しいことではないだろう。

本家ムーヴが販売面で苦戦しているなか、大健闘しているのがムーヴキャンバス。ほかの軽自動車にない独自のムードを持っているのがウケている

 また2021年秋あたりになるとタントがマイナーチェンジする見込みだ。

 ここでは軽自動車初のEV走行可能な「ストロングハイブリッド」がラインアップに加わる可能性がある。これによってN-BOXを再び追撃することを目指すに違いない。

ハスラーは好調だがワゴンRが頭打ちのスズキ

旧型よりもボクシーでタフさが加味された新型ハスラーは、遊びの達人グルマとして需要は高い。タフトがデビューした後の動向に注目したいところ

 スズキは2019年12月24日にハスラーをフルモデルチェンジ、今年1月下旬から発売、12月25日にはハスラーで登場した新開発NAエンジンをワゴンRに搭載するなど一部仕様変更した。

 ただハスラーは好調な販売推移を見せているが、ワゴンRは頭打ち状況が続いている。スズキにとってこれまで売れて当たり前だったワゴンRの頭打ちは痛いところだろう。

2019年12月に新開発NAエンジンが搭載されたワゴンRだが、マイルドハイブリッドは変更なく、かつての軽自動車キングも頭打ち状態にある

 スズキは現状軽自動車にマイルドハイブリッドをラインナップして環境性能、燃費性能をアピールしているが、残念ながら奏功していない。

 今後は2020年末に主軸モデルのスペーシアをビッグマイナーチェンジ、同じ頃に5ドアハッチバックのアルトをフルモデルチェンジする可能性がある。

日産、ホンダがラインナップしていないセダンタイプのアルトは2020年末にフルモデルチェンジするのが有力だ

スズキとダイハツはこのままでは終わらない

 こうして見ると日産、ホンダの猛烈な追い上げに対して、商品ラインアップ面ではビッグ2はやや受け身の印象がある。

 しかしながら、このままビッグ2が次第に追い詰められて行くとは思えない。

 1~2年後を予想すれば、弱体化に思われていたスズキが主軸どころのスペーシア、ワゴンR 、アルト/アルトラパンが揃って世代交代期を迎えることになる。

 いっぽうのダイハツもスズキ同様に世代交代期となるから、この時点でビッグ2の巻き返し作戦が本格化することになるはずである。

スズキは屋台骨のワゴンRが苦戦するなか、スーパーハイトワゴンのスペーシアが大健闘。そのスペーシアも2年後には新型に切り替わることが濃厚だ

【画像ギャラリー】すでにデザインが公開されている2020年登場のダイハツタフト&新型ホンダN-ONE

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ