【日産ルークス登場! ベンツ追加モデル3連発!!】 春も続々!!! 最新特別仕様車 限定車情報!!!

 まずは春の新鋭・日産ルークスを詳報。セレナに車中泊モデルが追加。そのセレナをベースとしたOEM車ランディにも仕様変更が。

 またベンツ ルノーを始めとして、追加モデル・限定車情報が続々と入ってきている。ぜひチェックしてみてほしい。

【画像ギャラリー】ルークス セレナ ベンツ ルノー… 続々登場 春の新型車&限定車をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月10日号


■日産 ルークス(フルモデルチェンジ・3月19日発売)

 日産の軽スーパーハイトワゴン「ルークス」がフルモデルチェンジ。車名が従来の「デイズルークス」から「ルークス」へと変わり、3月19日に発売を開始した。

ルークスX。クリーンなスタイルにインテリジェントキーなど、家族にうれしい装備充実グレード
ルークスハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

 新型ルークスは、昨年フルモデルチェンジした軽ハイトワゴンのデイズ同様、日産と三菱の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が開発。スタンダードとハイウェイスターの2シリーズ展開は従来どおりだが、中身はパワートレーンからプラットフォームまですべてを一新。新型は大きく進化した。

 そのなかでも新型のポイントとなるのが、広い室内と使い勝手のよさだ。

 室内は、大人4人がゆったりと座れるクラストップレベルの広さを実現。後席のニールームは795mmあり、室内高は1400mmと小さな子どもが立ったまま着替えることが可能。さらに、後席は最大320mm前後にスライドできるため、一番前側にすると運転席に座ったまま後席の子供に手が届く。出発前の子どものケアなどに便利だ。

4人乗車時でも充分な広さを持つラゲッジルーム

 また、後席スライドドアは、650mmの開口幅を確保して楽な乗り降りができるうえ、片足を車体下にかざすと自動で開閉する「ハンズフリードア」を一部グレードに設定。荷物などで両手が塞がっていてもドアが開閉でき、これまた便利で使い勝手がいい。

 荷室も後席を一番前にずらせば48Lのスーツケースを4個まで積載でき、荷物もたくさん積める。

 もうひとつの大きなポイントは充実した先進安全装備だ。夜間での性能が向上した衝突軽減ブレーキをはじめ、2台前の先行車の急減速を知らせる「前方衝突予測警報」を軽初搭載したほか、アダプティブLEDヘッドライトシステムも一部グレードに設定。

広い視界と高いアイポイントで運転のしやすさを実現したコックピット。インパネは収納スペースも多くて便利

 もしもの事故で脚部の保護効果を高める運転席ニーエアバッグも設定され、安全のための機能を充実させている。

 さらに、日産の運転支援技術「プロパイロット」搭載モデルもラインナップ。高速道路での長距離ドライブを快適に楽しめる点でも魅力的だ。

●日産 新型ルークスの主なポイント
・クラストップレベルの広い室内
・大きくスライドして便利な後席
・充実した先進安全装備
・運転席ニーエアバッグを設定
・「プロパイロット」搭載車設定

●日産 新型ルークス 価格
〈FF〉S…141万5700円/X…154万6600円/ハイウェイスターX…173万4700円/ハイウェイスターX プロパイロットエディション…184万3600円/ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション※…193万2700円
〈4WD〉S…154万9900円/X…168万800円/ハイウェイスターX…186万8900円/ハイウェイスターX プロパイロットエディション…197万7800円/ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション※…206万6900円
※ターボエンジン搭載車

■日産セレナ「マルチベッド」(追加モデル・2月10日発売)

 日産のミニバン、セレナに車中泊に対応した「マルチベッド」が新たに設定された。

セレナ「マルチベッド」は、ハイウェイスターやe-POWER車など6モデルが用意される

 マルチベッドは、アウトドアスポーツや自転車など大きなギアを使う趣味を楽しんだり、ペット連れの旅行などを楽しむ人をターゲットに、2列シート5人乗りのシートレイアウトと収納式ベッドを備えたモデル。

 シートとベッドは汚れが拭き取りやすく、手入れが簡単な防水素材を採用しているのも特徴。

●価格:323万1800円~

■スズキ ランディ(一部仕様変更・3月4日発売)

 スズキが日産からOEM供給を受けている3列シート8人乗りミニバンのランディが一部仕様変更された。

セレナベースのOEM車 ランディが一部仕様変更。価格は写真の2.0Gグレードで従来よりも13万3100円アップしている

 今回の一部仕様変更では、後側方衝突防止支援と後側方車両検知警報、車両逸脱防止支援システム、後退時車両検知警報を新たに採用し、安全装備を強化。

 また、フロントバンパー&グリル、リアバンパー、インパネなど、内外装のデザインも変更されている。

●価格:255万5300円~

■ベンツA200dセダン(追加モデル・2月27日発表)

 メルセデスベンツのプレミアムコンパクトセダンであるAクラスセダンにクリーンディーゼル搭載車の「A200dセダン」が新設定された。

待望のクリーンディーゼルエンジン搭載車、A200dセダンが登場。写真はAMGライン装着車

 搭載するディーゼルユニットは、最新の触媒システムを採用し、150ps/32.6kgmを発揮する「OM654q」型2L直4ターボ。

 トランスミッションは8速DCTが組み合わされ、力強い加速と低振動で優れた静粛性を実現している。

●価格:420万円

■ベンツCLA 180(追加モデル・2月27日発表)

 Aクラスベースの4ドアクーペ&シューティングブレークモデルのCLAにエントリーグレードとなる「CLA180」が追加。

 136psの1.4L直4ターボエンジン搭載モデルとなっている。

●価格:446万円~

■メルセデスAMG CLA35 4MATIC(追加モデル・2月27日発表)

 メルセデスベンツによる4ドアクーペ&シューティングブレークのエントリーモデルであるCLAにハイパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG CLA35 4MATIC」が新たに設定された。

 このAMG35シリーズは、シャシー補強やサスセッティング、4WDシステムの採用などによって高次元のドライビングパフォーマンスを実現したモデル。

 エンジンは306psを発揮する2L直4ターボを搭載し、7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。

●価格:685万円~

■マセラティ クアトロポルテ/レヴァンテ “Sグランルッソ ゼニアPELLETESSUTA”(限定車・2月20日発売)

 マセラティのクアトロポルテとレヴァンテに限定車の“Sグランルッソ ゼニアPELLETESSUTA”が設定され、クアトロポルテが5台、レヴァンテが20台限定で発売された。

イタリアのファッションブランド、エルメネジルド・ゼニアとのコラボレーション限定車が発売

 この限定車はエルメネジルド・ゼニアが開発したナッパレザーのPELLETESSUTAのインテリアを採用したモデル。

 さらに、専用ボディカラーやエルメネジルド・ゼニアのバッジなどを特別装備する。

●価格:1690万円~

■ポルシェ718ケイマン/ボクスターGTS4.0(追加モデル・2月19日発売)

 ポルシェ718ケイマン、718ボクスターの最上位モデルである「GTS4.0」の予約受注が開始された。

価格は、718ケイマンGTS4.0が1072万円、718ボクスターGTS4.0が1111万円

 GTS4.0は、400psを発揮する水平対向6気筒NAエンジンを搭載。これに6速MTとスポーツエグゾーストシステムが組み合わされる。

 外観ではリップスポイラーやブラックのエアインテークなどでGTSらしさが表現され、ブラックの20インチホイールも装備される。

●価格:1072万円~

■アルファロメオ ジュリエッタ ヴェローチェ・マット(特別限定車・2月29日発売)

 アルファロメオのCセグハッチバックモデルであるジュリエッタに特別限定車「ジュリエッタ ヴェローチェ・マット」が設定され、限定50台で発売された。

50台限定販売の限定車が登場。価格はベースとなるジュリエッタ ヴェローチェの20万円アップ

 この限定車はマットグレーのボディカラーを採用したのが最大の特徴。また、フロントグリルやリアディフューザー、ブレーキキャリパーにはイエローのアクセントカラーがあしらわれている。そのほか、ダイナミックなデザインの18インチホイールも特別装備。

●価格:419万円

■ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ(特別限定車・3月5日発売)

 ルノー トゥインゴに特別限定車の「ルコックスポルティフ」が設定され、3月5日に200台限定で発売された。

2色のボディカラーのスポーティな印象を際立たせた200台限定車、「ルコックスポルティフ」

 この限定車は、フランスで最も古い総合スポーツメーカーであるルコックスポルティフとのコラボレーション第2弾で、2色の特別なボディカラーや専用サイドデカール、16インチホイールなどを装備したモデル。

 0.9L直3ターボを搭載し、ミッションは6速ATのみの設定となる。

●価格:214万円

■ルノーカングー ペイサージュ(特別限定車・3月5日発売)

 ルノーカングーに特別仕様車の「ペイサージュ」が設定され、3月5日から200台限定で販売される。

アイボリーの専用ボディカラーにブラック&シルバーのフロントバンパーなどを装備した限定車

 ペイサージュは「フランスの風景」の意味。この限定車はフランスの風景をテーマとしたボディカラーのモデルで、コルシカ島にあるボニファシオの象牙色の断崖をイメージしたアイボリーのカラーに採用。

 そのほか、ブラック&シルバーのフロントバンパーなどが装備される。

●価格:264万7000円

【画像ギャラリー】ルークス セレナ ベンツ ルノー…続々登場 春の新型車&限定車をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ