新型タフト6月デビュー!? 日産は4車種登場! 2020年新車最新情報を全チェック

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずはマツダ CX-3の動向から。CX-30の登場によりその先行きが不透明になっていたが、新たな情報をキャッチ!!! またダイハツ ムーブのフルモデルチェンジの情報も飛び込んできた!

 そのほか今年登場する新型車の予定など盛りだくさんの内容でお伝え!!!

【画像ギャラリー】モデルチェンジからまったくの新型車まで!! 期待のモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月10日号


■マツダ CX-3 次期型あるかも!!?

 CX-30が発売されたことで、コンパクトクラスのCX-3はモデル廃止になるという噂があります。

 ところが首都圏のマツダ販売店筋によると「こちらもそのつもりで予想していたが、最近のお客さんの反応ではCX-30の価格帯を見て、もっと安くコンパクトなCX-3に切り替えるケースも発生し、こちらの売れゆきがよくなっている。今後の動向次第では次期型が発売になるかもしれない」とコメントしています。

 CX-3のプラットフォームはマツダ2、CX-30はマツダ3ですから、この2車はコンパクトとミディアムでクラスが異なるため、両立は可能です。ただ最近のマツダ車はプレミアム志向が強く、ライバル車との価格競争力が弱くなっているのも確かです。

マツダ2がベースのコンパクトSUVであるCX-3。後継車はCX-‌30になるという情報もあったが、クラスが異なるため新型が登場する可能性もある

■ダイハツ ムーヴは今年末のフルモデルチェンジへ

 ダイハツは主力ハイトワゴン「ムーヴ」を今年12月にもフルモデルチェンジする見込みです。現行モデルの登場が2014年12月で、この時期に6年が経過することから世代交代する予定です。

 新型ムーヴは、現行型タント同様にプラットフォーム、エンジン、トランスミッション、足回りなどを全面刷新して大幅に商品力アップを図り、軽ハイトワゴン分野でのトップを目指すことになります。

 ライバル他車は、昨年にデイズとN-WGNがフルモデルチェンジ、ワゴンRがマイナーチェンジして商品ラインナップを強化しています。

ダイハツ ムーヴ(画像は現行型・2019年7月の特別仕様車)

■キックス アリア ノート…日産の2020年投入新型車は4車種?

 日産が今年1~12月に投入する新型車は合計4車種になりそうです。

 2月25日に発表、3月19日発売の新型軽自動車「ルークス」をはじめ、6月頃には新型コンパクトSUV「キックス」、9月に新型SUV電気自動車「アリア」の登場、そして年末頃「ノート」をフルモデルチェンジするのが有力となっています。

 このほか、エクストレイルやシルフィの世代交代も取り沙汰されており、こちらは来年の年明け早々に発表され、2020年度内の発売になると思われます。

 戦略モデルが名を連ねており、これによって国内販売で一挙に増販攻勢に転じることになりそうです。

日産 アリア コンセプト

■新型軽SUV「タフト」は6月投入でスケジュール調整

 ダイハツは新型軽SUV「タフト」を6月上旬頃に投入する方向でスケジュール調整をしている模様です。

 現行タントを発売してから1年が経過し、需要一巡によるダイハツの軽自動車全体の売れゆきが頭打ちになるのを避けるタイミングで、てこ入れをする狙いもあります。

 新型タフトはタントと同じプラットフォームを採用し、最低地上高を180mmに引き上げたSUV仕様になります。スズキのハスラー対抗モデルで、当面月販5000台以上の量販を目指す構えです。

先日いよいよ先行予約が開始されたダイハツ タフト。左はディーラーオプションの「メッキパック」装着車

●関連記事→【えっ!?? もう発売!??】 大ヒットの予感! ダイハツ新型タフト 本日より先行予約開始!!

■トヨタ RAV4の販売好調による納期待ちは鎮静化か?

 昨年(2019年)4月10日に発売された新型RAV4の受注ピッチが、ここにきて鎮静化しています。2月下旬現在の納期は、2L NAガソリンが1カ月待ちの3月下旬、2.5Lハイブリッドが4月下旬の2カ月待ちとなっています。

 今年は6月17日に新型ハリアーが発売されますが、5月から全トヨタ系列店併売態勢になり、RAV4も販売力がアップすることから、以降受注ピッチにどのような変化があるのか注目されます。ちなみにPHV(プラグインハイブリッド車)は8月頃の発売になる見込みです。

8月に発売が見込まれるRAV4 PHV

■ホンダ 新型フィットの納期が早まる?

 ホンダが2月13日に発表、2月14日に発売した新型フィットの納期がここにきて早まる傾向にあります。1.5Lハイブリッド車は4月下旬以降の2カ月待ち、1.3L NAガソリン車は3月下旬の1カ月待ちで納車できるグレードも出始めているのです。

 昨年12月下旬に事前の先行予約を立ち上げた時点では4カ月以上待ちだったのが、発売以降は急激に短縮しています。その要因は当初、販売店各社が売れゆき好調とみて、自社名義ぶんの先行予約を急増させたためと思われます。

 また、ハイブリッドは従来の1モーター2クラッチから2モーター方式になり、先進安全装備「ホンダセンシング」の機能充実化などで、従来型よりも価格が実質20万円以上アップしたうえに、値引きを基本ゼロに引き締めた売り方をしているのも影響しているようです。

ホンダ 新型フィット クロスター

■三菱 新型eKクロススペース/eKスペースの受注は順調

 3月19日に発売された三菱の新型「eKクロススペース/eKスペース」は順調な立ち上がりをみせています。

 2月下旬現在の受注状況は、三菱ブランド独自設定であるSUVテイストの「eKクロススペース」がほとんどを占めています。また、納期は2.5カ月待ちの5月となっています。

三菱の新型eKクロススペース

■日産 新型ルークスも好調な滑り出し

 日産が2月25日に発表、3月19日に発売する「新型ルークス」が先行予約段階で好調な滑り出しをみせています。発表前の2月下旬現在の契約ぶんの納期は早くも5月以降にずれ込んでいるのです。

 新型ルークスの販売目標はデイズとは別の月販1万台以上に目標設定しています。これによってN-BOX、タント、スペーシアのライバル車を追撃する構えです。

 また、予約受注の2月下旬の状況は上級&スポーツバージョンのハイウェイスターが約70%を占め、助手席側ハンズフリーのオートスライドドア、自動運転支援装置の「プロパイロット」も約半分の装着率となっています。

2月5日に発表された三菱eKスペースの姉妹車となる日産ブランドのルークスが2月25日に発表。予約受注が好調なため、納期は5月以降になりそう

■トヨタ 新型ヤリスの納期が6月にずれ込む

 2月10日に発売したヴィッツの後継モデルである新型ヤリスは、引き続き好調な受注推移をみせています。2月下旬現在の納期は、4カ月待ちの6月中旬以降になっています。これまでは3カ月待ちでしたが、1カ月程度ずれ込んでいるのです。

 パワーユニットは1L NAガソリン、1.5L NAガソリン、1.5Lハイブリッドで、そのうち1.5L NAガソリンと1.5Lハイブリッドが約40%ずつの受注構成で、その残りが1L車という割合になっています。グレードは1.5L NA、1.5LHVともLEDヘッドランプが標準装備となる最上級「Z」グレードの2WD車の引き合いが多いです。

 ボディカラーはホワイトパールが圧倒的な一番人気で、次いでシルバー、ブラックと続いています。テーマカラーのレッドは少ないです。

 なお、ヤリスは4月いっぱいまでネッツ店の専売ですが、5月からは全トヨタ系列店の併売になるため、それ以降はさらにバックオーダーが貯まり納期が先延ばしされる可能性があります。

2月10日に発売されたヴィッツ後継の新型コンパクトのヤリスが好調な売れゆきをみせている。これにより納期が延びていて、4カ月待ちの6月になる模様

【画像ギャラリー】モデルチェンジからまったくの新型車まで!! 期待のモデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ