【日本では10台のみ】BMWと現代アートのコラボによる限定車”BMW M2 EDITION DESINGED by FUTURA 2000”

 BMWとアーティストによるコラボレーションが生んだアートカーが、限定車として登場。

 最新作は、現代アーティスト”Futura 2000”が手掛けたもので、キャンバスとして、サーキット指向を強めたMモデル「BMW M2コンペティション」が選ばれた。鑑賞だけでなく、走る喜びも備えた刺激的なアートを紹介しよう。

文:大音 安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】限定車のモチーフ! BMW M2 by FUTURA 2000をバーチャル鑑賞


現代アートが施されたM2の限定車

 BMWは、2020年4月23日、現代アーティストとのコラボレーションモデル「BMW M2 Edition Designed by FUTURA 2000(ビーエムダブリュー エムツー エディション デザインド バイ フューチャラ ニセン)」を発表し、同日より販売を開始した。

 全車ともに、右ハンドル仕様の7速M DCT搭載車となり、価格は1050万円となる。

アートカーをモチーフに生み出された限定車「BMW M2 Edition Designed by FUTURA 2000」

 同限定車は、M2ラインアップの中でも、サーキット指向を強めた「M2コンペティション」をベースに仕立てられたもの。全世界500台の限定販売となり、そのうち10台が、日本に割り当てられた。

手掛けたのは現代アートの巨匠

 限定車のデザインを手掛けたのは、1980年代からグラフィティ・アートの先駆者として活躍してきたニューヨーク出身のアーティストFutura 2000だ。

 2020年2月にハリウッドで開催された芸術祭「第2回フリーズ・ロサンゼルス」で、彼の作品として発表された「BMW M2 by FUTURA 2000」がベースとなっている。

グラフィックデザインを手掛けた現代アーティストFutura 2000

稲妻を彷彿させる躍動的なグラフィック

 モチーフとなった「M2 by FUTURA 2000」では、ブラックボディをキャンバスに、稲妻を彷彿させる不規則なラインがボディを這うように描かれ、丸ノコの刃のようなデザインがちりばめられる。

 さらに、霧のようなシルバーペイントをあちこちに施すことで、ボディの凹凸を強調させ、M2のグラマラスなボディの持つ躍動感を高めている。

 限定車では、そのグラフィックを、前後バンパーとサイドスカートに施しているのが特徴だ。

バンパーに施された特徴的なグラフィックが、FUTURA 2000の世界観を楽しませてくれる

 足元には、作品同様、ブラックペイントの19インチアロイホイールが、コーディネートされている。

世界観を共有した専用インテリア

 インテリアでは、ダッシュボード・パネルやセンターコンソールなどに、ボディ同様のコンセプトで描かれたデザインが施される。

 フロントのMスポーツシートには、ブラックとアイボリーホワイトのコンビカラーを取り入れたダゴダレザーを採用する。

 さらに限定車の証として、ドアシルのキックプレートには、FUTURA 2000のサインとシリアルナンバーが添えられる。

ダッシュボードやセンターコンソールには、専用デザインが施される(日本仕様は右ハンドルのみ)

 メカニズムやスペックは、ベースモデルと同様だが、ハイパフォーマンスなM2コンペティションがベースなだけに、不足はない。そのアグレッシブなビジュアル同様に、サーキット走行まで許容する刺激的な走りが楽しめる。

【画像ギャラリー】限定車のモチーフ! BMW M2 by FUTURA 2000をバーチャル鑑賞

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ