プリウスの首位陥落も!? 「新基準燃費」は実燃費にどれだけ近づくのか

 間もなく車のカタログ燃費表示に大異変? 表示全面義務化が迫る新基準の「WLTCモード燃費」は、従来の燃費基準に比べて、どれほど実際の燃費に近い数値になる?

 車のカタログやウェブサイトに掲載される燃費データを見ると、従来の「JC08モード燃費」に加えて、新しい「WLTCモード燃費」も表示されている。

 トヨタの新型ヤリスのようにWLTCモード燃費のみで、JC08モード燃費表示を省いた車種もある。経済産業省と国土交通省により、2017年からWLTCモード燃費が導入されているためだ。

 2018年10月1日以降は、フルモデルチェンジや新規発売された車種に関して、WLTCモード燃費の表示を義務付けている(編注:継続車は2020年9月から義務付け予定。つまり、このタイミングで基本的にすべての乗用車がWLTCモード燃費表示となる)。

 従来のJC08モード燃費は参考値としての扱いになり、ヤリスのように表示しなくても構わない。そして、JC08モード燃費からWLTCモード燃費に移行する背景には、複数の理由がある。

 本稿では、その理由と合わせて、新しい燃費基準が実際の燃費にどれだけ近づくのか、解説したい。

文:渡辺陽一郎
写真:TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】すでにWLTCモード燃費表示している国産車と注目の燃費は?


そもそもなぜ新基準のWLTCモード燃費に移行?

フォレスターは新旧両モード燃費を併記。JC08モード燃費14.6km/L(18.6km/L)に対してWLTCモード燃費は13.2km/L(14.0km/L)となっている。※()内数値はe-BOXER

 まずJC08モードは日本独自の試験方法だが、WLTCモードは、国際的な走行パターンになることだ。従って海外と共通性を持たせられる。

 しかもWLTCモード燃費の走行パターンは、「市街地モード」、「郊外モード」、「高速道路モード」に大別される。各走行モードを計測した3つの個別燃費と、総合的なWLTCモード燃費を表示するから、ユーザーとしてはJC08モード燃費よりも得られる情報が多い。

 例えばフォレスターでは、WLTCモード燃費とJC08モード燃費が両方ともに掲載されている。この数値を見ると、水平対向4気筒2.5Lノーマルエンジンは、総合的なWLTCモード燃費が13.2km/Lだ。ハイブリッドのe-BOXERを搭載する「アドバンス」は、少し燃費数値の優れた14km/Lになる。

 ところがWLTCモード燃費の郊外モードは、ノーマルエンジンが14.6km/L、アドバンスは14.2km/Lになってハイブリッドの数値が少し悪い。高速道路モードもノーマルエンジンが16.4km/L、アドバンスは16.0km/Lと悪化する。

 優れているのは市街地モードで、ノーマルエンジンが9.6km/L、アドバンスは11.2km/Lだ。

 このようにWLTCモード燃費では、走行パターン別の表示もあるため、いろいろな燃費情報が分かる。

 フォレスターの場合、発進と停止を繰り返す市街地ではアドバンスの燃費が良いが、走行速度の高い郊外と高速道路では、ノーマルエンジンよりも悪化することが分かる。そうなれば自分の使い方に適したグレードやエンジンを的確に選べる。

新基準燃費はHVとガソリンで「悪化率」に大きな差?

写真は新型フィット e:HEV HOME。こちらもWLTCモードとJC08モード燃費を併記し、それぞれ28.8km/Lと38.6km/Lという値

 また、上記のような走行パターンに基づく計測をするため、総合的なWLTCモード燃費は、従来のJC08モード燃費に比べて実際の走行に近い数値となる。

 先に挙げたフォレスターの場合、ノーマルエンジンのJC08モード燃費は14.6km/Lだが、WLTCモード燃費は前述の13.2km/Lだ。ハイブリッドのアドバンスは、JC08モード燃費が18.6km/L、WLTCモード燃費は14.0km/Lになる。

 このように数値を並べて気付くのは、JC08モード燃費からWLTCモード燃費に移行した時の「悪化率」が、ノーマルエンジンとハイブリッドでは異なることだ。

 フォレスターのノーマルエンジン車は、JC08モード燃費が14.6km/L、WLTCモード燃費は13.2km/Lだから、移行によって燃費数値が10%悪化した。

 ハイブリッドのアドバンスは、JC08モード燃費が18.6km/L、WLTCモード燃費は14.0km/Lだから25%悪くなっている。

 新型フィットも、WLTCモード燃費とJC08モード燃費を併記する。

 1.3Lノーマルエンジンを搭載する「ホーム」は、JC08モード燃費が22.8km/L、WLTCモード燃費は20.2km/Lだから悪化率は11%だ。

 フィットハイブリッドの「e:HEV ホーム」は、JC08モード燃費が38.6km/L、WLTCモード燃費は28.8km/Lだから悪化率は25%に増える。

 同様の計算をほかの車種でも行うと、クラウンの場合、2Lガソリンターボの悪化率は3%、2.5Lハイブリッド(RS)は15%だ。

クラウンの2.5ハイブリッド「RS」はJC08モード燃費23.4km/Lに対し、WLTCモード燃費20.0km/L

 フリードは、1.5Lノーマルエンジンの悪化率が11%、ハイブリッド(Gホンダセンシング)は26%になる。

 ステップワゴンは1.5Lターボ(スパーダ ホンダセンシング)の悪化率が14%、2Lハイブリッドのe:HEVは20%だ。

 このように見ると、JC08モード燃費からWLTCモード燃費への移行に伴う燃費悪化率は、ノーマルエンジンやターボが10~14%、ハイブリッドは20~25%になる。

 この悪化率の変化は、実際の燃料消費量に近い。ノーマルエンジンでは、一部の軽自動車などを除くと、JC08モード燃費と実際の走行燃費が極端に食い違うことは少ない。交通の流れが円滑な時は、JC08モード燃費に近い数値で走れることもある。

 それがハイブリッドになり、特にJC08モード燃費が25km/Lを上まわる車種になると、燃費格差が拡大してくる。

 そうなると今後JC08モード燃費からWLTCモード燃費への移行が進んだ場合、数値悪化率の大きなハイブリッドは、低燃費のイメージが薄れる可能性もある。

燃費No.1の座がプリウスからヤリスに移る可能性も!

現在の最新モデルにおいて、WLTCモード燃費36.0km/Lという圧倒的な数値をマークするヤリスハイブリッド。すでにテストでは実燃費の優秀さも明らかになってきている

 また、WLTCモード燃費では、郊外モードと高速道路モードの不利も明確に示されるから、自宅付近にインターチェンジがあって高速道路を中心に使うユーザーにとって、ハイブリッドのメリットが乏しいことも分かる。ハイブリッドの売れ行きを少し下げる方向に作用するかも知れない。

 燃費数値のNo.1が入れ替わる可能性も高い。今の燃費数値が最も優れている車種は、プリウス「E」でJC08モード燃費は39km/Lだ。売れ筋の「S」や「A」を含むほかのグレードは37.2km/Lになる。

 2位はアクア「L」でJC08モード燃費は38km/Lだ。ほかのグレードは34.4km/Lになる。この2車種の表記はJC08モード燃費のみだから、WLTCモード燃費は分からない。

 一方、ヤリスハイブリッド「X」は、WLTCモード燃費の表記のみで36.0km/Lだ。JC08モード燃費が併記されないから直接比較はできないが、燃費数値の換算でどのように変わるかを考えてみたい。

 そこで参考になるのが、先に示したJC08モード燃費とWLTCモード燃費の比較だ。ハイブリッドのWLTCモード燃費は、JC08モード燃費に比べて20~25%悪化するので、中間を取って22%と考えたい。

 そうなるとプリウスEのJC08モード燃費は39.0km/Lだが、WLTCモード燃費で計測すれば34.3km/L前後だろう。アクアLはJC08モード燃費が38.0km/Lだから、WLTCモード燃費なら33.4km/L前後になる。

 このような換算を行うと、今の本当の燃費王者は、WLTCモード燃費が36.0km/Lのヤリスハイブリッド「X」になりそうだ。

 特に時速40~80km付近で加減速をしながら走る郊外モードは40.2km/Lに達した。市街地モードも37.5km/Lだから、高速道路モードが33.4km/Lに下がるものの、道路環境に最も適したハイブリッド車といえるだろう。

【画像ギャラリー】すでにWLTCモード燃費表示している国産車と注目の燃費は?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ