荷物激減で苦しむトラックドライバーも!? 日本のライフラインを守れ!

 今や日本の物流に欠かせないトラックドライバーたちだが、新型コロナウィルスによる大きな影響を受け続けている。

 海外からの荷物は激減する一方で、マスクやトイレットペーパーといった日用品の不足からいつもより忙しいところもある。

 テレワークが不可能なトラックドライバーたちの証言を、ベストカーのトラックマガジン『フルロード』編集部が集めた。

【フルロードとは?】
 フルロードはベストカーの正統派トラックマガジン。新型車紹介や、ビルダーの手掛ける唯一無二のボディまでを網羅するドライバーさんにも人気の雑誌です。 3月10日、6月10日、9月10日、12月10日の季刊で発売。定価1200円(税別)。

文/写真:フルロード編集部

※写真はすべてイメージです。当記事内に登場する運送業者の皆さんへの直接取材はお控えください。


■新型コロナの影響でトラックの運賃が下がる

「都道府県をまたぐ移動は自粛を!」の掲示が出る中、さすがに交通量は少ない

 新型コロナの感染拡大の勢いが止まらない中、医療従事者や介護スタッフの懸命の努力が続いているが、ライフラインを支えるトラック運送事業者の仕事も重責を担っている。

 緊急事態宣言による外出自粛で自宅で過ごす人が多くなったため、食料や生活必需品などの輸送が滞らないよう運送事業者は気を配っている。

 だが、ひとたび「トイレットペーパーが不足する!」といった真偽不明の情報が流れれば、たちまち店頭から商品が消え去り、そのしわ寄せを食らうのも運送事業者である。

 今は、ネットショッピングの急増で宅配トラックがパンク寸前だし、ゴミ収集車に代表される、いわゆる静脈物流もフル稼働の状況だ。

 ただ、目一杯の状態で仕事をこなしている業種があるいっぽうで、物流業界全体は仕事量が減って非常に厳しい状況に置かれている。日本の経済活動が停滞し、国際的な物流も同様だからだ。

 ここでは、そんなリアルな運送事業の現状を、現場の最前線にいるトラックドライバーの証言をもとにお伝えしよう。まずは、つい先日までトラックに乗っていて、今は配車係として現場の状況に対応している由美さんの話である。

「忙しいのは日用品や食品輸送だけで、あとはヒマなんですよ。店も現場もストップしていて 運ぶ物がなくて困っているくらいですから……。

 トラックが余っているから運賃はさらに安くなってきています。コロナが収まって景気回復しないと おそらく運賃も元に戻らないのでは……と、とても不安です。

 バスやタクシー業界だけでなく この先、倒産する運送業者もあるかもしれませんね。決まっていた荷物も急にキャンセルになったりしています。

 うちの会社は歩合制なので荷物を積んで走らなければ稼げません。仕事がないのでホームセンターへの配送など、他社から仕事をもらったりしています。

 生き残るために仕事を選んでいられない状況ですね。ドライバーに安定した給料を保証するために 配車のやりくりも大変です」。

■中国からのコンテナ船が激減

長距離トラックはキャビンで宿泊できるため、人との接触は少ない

 大阪で国際コンテナトレーラに乗っている「なぎりょうのパパ」は、

「ようやく中国からコンテナ船は来るようになりました。とはいえ、コンテナヤード全体としては暇ですね。

 私が勤務する会社は、主に農業機械メーカーの製品輸送、倉庫、組み立て作業等を請負っています。

 販売先は主に欧米で、アメリカもコロナで大変とのことで、今月20日頃から1週間、工場ラインを半分止めたそうです。物流は世界とつながっているので、各国の事情が即反映されるんですよ」。

 同じく横浜で国際コンテナトレーラに乗っているヒロさんは、

「2月は、中国の旧正月と新型コロナの影響をモロに受け、2008年に起きた「リーマン・ショック」の時ほどではなかったものの、仕事量がガクっと落ち込み、散々たるお給料でした(涙)。

 新型コロナは、自分の私生活にもさまざまな影響を及ぼし、『何だかなぁ……』っていうような、3月、4月でした」。

 国際コンテナトレーラばかりでなく、影響はこんな人にも……。スクラップトレーラを運転している雅子ママある。

「新型コロナの影響を受けまくりの鉄屑屋です。コロナだけではないような感じもしますが いつ『明日から仕事ないよ』と言われるか、ビクビクしながら毎日を過ごしているのが現状です。

 うちの会社のフリーの人達は交代で出勤していて、全車動いていません。私はまだ専属でよかったような……。かと言って引き取り仕事が減り売上げに繋がる仕事がないです。確実に収入は減ると思います」。

■日用品や食品の物流は増えている

ライフラインを支えるため、トラックは走り続ける

 北海道で大型車に乗る菊地さんは、いち早く情報を収集して対策を立てていたそうだ。

「SNSなどで繋がっている海外の同業者たちから貰う情報がかなり早い段階で届いていましたので、日本向けのコンテナ船の出港状況などを考慮し、直接自分達に影響が出るであろう荷物の不着に関する対策を立てました。

 私たちは日本国内での需給が確実にできている仕事にシフトしています。幸い、日用品や食品を運ぶ部門には影響が出ておらず、むしろ買い占め等による増便が発生していますから、平常時よりも売り上げは上昇しています。

 日本のスーパーやコンビニへの配送システムは世界的に見てもかなりの優れモノで、必要な物を必要とされる場所に運ぶ流れに乱れはありません。

 いっぽう、材料生産拠点を海外の工場に頼っている建築部門は連休明けからほぼ荷物がありません。人口密集地の建築現場は今後止まる可能性もあり、国内で入手可能な材料の出荷も滞りそうです。

 今後、私たち重量物運搬チームは山間部で施工されている公共土木工事や災害復旧現場、緊急工事用の資材輸送がメインになりそうです」。

 いっぽう、大型ウイング車に乗っている長距離ドライバーのひろしさんは、ふだんの「トラック暮らし」への影響を語ってくれた。

「トラック運転手は当然ながらテレワークは不可能です。他の会社の運転手と話したりしますが、全体的に物量が少なくなっているという話も聞きます。

 幸い僕自身は仕事が減ることもないですし、ふだんと変わらぬ日常をおくっています。非常事態宣言が出てからは、個人的に荷物を県外に送る人が増えたのか、宅急便系の物量は増えていて、逆に忙しくなっています。

 国が不要不急の外出を控えるよう宣言を出してからは高速道路の交通量は圧倒的に減っているので、特に渋滞にハマることもなく、運転はしやすい状況になっています。

■長距離ドライバーのお風呂事情

停車している乗用車が少ない4月29日の休日の東名高速海老名サービスエリア

 いっぽうで困ったのが長距離中の風呂です。

 風呂は普段でも1航海3、4日とか入れない時も多々あるので常に問題ありですが、コロナ対策の一環でガソリンスタンドでの風呂やパーキングエリアのコインシャワーも閉鎖されている場所が増えています。

 そもそも数が少ない風呂施設がさらに減れば、国のライフラインを支える長距離運転手の職場環境はさらに劣悪な状態になると思います。とはいえ感染リスクを考えたら風呂など閉鎖する判断が懸命なのでしょうけど、困ったもんです」。

これに対して、最新情報を伝えてくれたのが、輸出入の荷物をトレーラで運ぶドレージ屋のヒデさんだ。

「コロナの影響で確かにガソリンスタンドでのシャワーは一時使用不可となりましたが、4月28日現在は、ほとんどのところで再開してくれています。

 規模が大きいスタンドでは、順番待ちをしなければならないことがありましたが、携帯電話等で呼び出すなど密を避けるような工夫をしたり、除菌スプレーの貸し出し等の配慮がされています。

 高速道路のサービスエリアなどのシャワー(主に新東名)ですが、問題なく使用できます。

 またサービスエリア等の飲食ですが、24時間営業だったフードコート等では短縮営業されているところが多いですが、併設コンビニは開いているのでそちらは問題なく使用できます。

 ただそういった施設のあるところは人気がありますので、時間帯によって(夜は特に)は停められないことが多いです」。

■非常事態宣言の北米で働く女性ドライバーの証言

世界で最も新型コロナの感染が拡大しているアメリカを走るPUNKさんのトラック

 最後に、番外だがアメリカでトラックに乗っている日本人女性のPUNKさんの話もご紹介しよう。PUNKさんは一旦家を出たら1カ月以上家に戻らない長距離ドライバーだ。

「3月初めに家を出た頃は、人々はそれほど危機感を持っていませんでしたが、トランプ大統領が3月13日にアメリカ全土に国家非常事態宣言を出してから、一気に国全体が緊迫した空気になっていきました。

 その後の経過はニュース等でご存知の通りです。私も全米中に荷物を運ぶので、感染が拡大中の地域で泊まらなければならないなど、恐い思いもしました。

 忘れられないのは、配達先の受付のオフィスの人に厳しい視線で「Are you Chinese?」(あなた中国人?)って聞かれたことです。

 たとえ中国人だったとしたらなにが問題なのでしょうか。新型コロナのせいでアジア人に対する差別や偏見などが露骨にあらわれた感じで、複雑な思いがしました」。

 残念ながら、こういった差別と偏見の話は日本にもある。

 たとえば、愛媛県新居浜市の小学校では、東京や大阪など感染拡大地域を行き来する長距離トラックドライバーの親を持つ児童3人に対して登校しないよう要請し、この3人は入学式に出席できなかったという。

 また、トラックドライバーに対して「新型コロナを運ぶなよ!」といった罵詈雑言が浴びせられるケースも増えているそうだ。

 日本が心を一つにして新型コロナに立ち向かうべきときに、こんな心ない行為は論外だろう。いついかなる時も日本のライフラインを支えるトラックドライバーは、日本の縁の下の力持ちなのである。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ