【秘密基地を手に入れろ!】デリカD:5に”隠し部屋”を持った「Dポップ」が登場!!

 このところ、気軽な旅やアウトドアの人気もあり、すっかり定着した車中泊。キャンプやクルマ旅だけでなく、小さな子供を持つファミリーには、目的地への前乗りが可能となることも好評のようだ。

 車中泊人気を裏付けるデータのひとつに、国内のキャンピングカー保有台数が挙げられる。2005年は5万台だったものが、2018年には11万2500台と、2倍以上の伸びを見せているのだ(※日本RV協会調べ)。一方で、設備が充実したキャンピングカーまでは望まず、ミニバンやワゴンを中心に、さまざまな車中泊グッズを活用し、車中泊を行うユーザーも多い。

 しかし、通常のクルマで、家族全員が快適に就寝するには、スペース的には厳しい。その悩みを解決すべく、立ち上がった三菱の新車ディーラーがある。同社が独自開発したデリカD:5の車中泊仕様車「デリカD:5 D:POP」を紹介しよう。

文/大音安弘
写真/MITSUBISHI、西尾張三菱自動車販売

【画像ギャラリー】人生をより楽しむための秘密基地! デリカD:5 Dポップをチェック!!


■クルマ旅ブームに注目!

 独自の車中泊仕様車を手掛けるのは、愛知県で2店舗を展開する「西尾張三菱自動車販売」だ。開発のきっかけは、同社の社長のクルマ旅が好きに始まる。自由な移動が楽しめる反面、標準車では、快適な就寝が難しく、疲れやすいことを実感していた。

 世の中のクルマ旅の広がりを受けて、2010年から手軽な軽キャンパーをビルダーと共同開発して販売するように。この軽キャンパーが好調だったことから、第2弾モデルの開発がスタート。それがデリカD:5ベースとした車中泊仕様車だった。

■隠し部屋を持つデリカD:5 「D:POP」

 新しいオリジナルカーのコンセプトには、「普段使いできる車中泊車」をかかげ、「家族で就寝でき、より走破性の高いクルマ」としてデリカD:5をベースに選んだ。車中泊に便利なサブバッテリーやFFヒーターなどのオプションを揃えるが、基本的に車内は、D:5のままなので、使い勝手は、ベース車と同等を維持する。最大の秘密兵器は、隠し部屋となる「ポップアップルーフ」だ。

女性でも簡単に開閉できるポップアップルーフ。防寒用の断熱生地が内部をしっかりガードしていおり、暑い時期にはそれを外して防虫ネットのみにすれば、風通しのよいルーフテントに早変わりする

 ポップアップルーフを立ち上げると、隠し部屋であるテントが出現。テントスペースは、長さ1800×幅1160mmと大人2名が就寝できるスペースを確保する。車内のシートもフルフラットとすれば、全体で大人4人が快適に就寝できるというわけだ。

 テント部は、3ウェイ構造となっており、断熱生地の内側に、防虫ネットも装備。ルーフには、テントへ車内からアクセスできる開口部が設けられているが、ここにも三菱ディーラーとしてのこだわりが光る。

 唯一のクロカンミニバンでもあるデリカD:5は、その走りを支えるべく、モノコックボディに、「リブボーンフレーム」と呼ぶ環状骨格構造を持つ。この骨格を避けて、開口部を設けることで、走破性と安全性を維持しているのが、大きな特徴だ。また日常使いの配慮として、テント部格納時の全高を、プラス130mmの2000mm(4WD 車)に収めているので、ハイルーフ対応の駐車場ならば、問題なく利用できる。

この秘密基地感、子どもならずともワクワクすること間違いなし! ポップアップルーフとベッドキットを使うことで大人4人が快適に就寝可能だ

■上級グレードが人気のD:POP!

 現在は、フェイスリフトを行った新型デリカD:5がベースとなるD:POPは、全グレードから選択可能だが、人気は上級グレードの「P」と「G-Power」に集中。独自オプションでは、サブバッテリーシステムとソーラー発電システム、そして後席側向きにできるフロント回転シートが人気だという。

ポップアップルーフに装着されるフレキシブルソーラーパネルは薄くて軽量だが154W、8.5Aの発電量を持っている。サブバッテリー(CTEK製)やナビ・オーディオ電源切替もキットになって37万4000円
後席側向きにできるフロント回転シート(標準シート用 1脚8万8000円、パワーシート用 9万3500円)をオプション設定。セカンドシートをフラットにして、ベッドボードを置くだけで簡単に設営できるベッドキット(12万1000~13万7500円)も用意されている

 気になるD:POPの価格だが、ベース車のプラス100万円だ。新型では、車両価格が上がったこともあり、平均購入価格は、約600~700万円とのこと。なかなかいいお値段である。

 D:POPの年間販売台数は約30台で、これは同社によるデリカD:5の年間販売台数の1割前後を占めるものだ。要となるポップアップルーフは、国内でハンドメイドされてもので、月産は3~4台分が限度だという。この点を考慮すると、D:POPの好評ぶりが伺える。

 購入者は、30代のヤングファミリーからシニアまで幅広い。車中泊機能の活用の場は、キャンプではなく、趣味のベース基地や家族での車中泊、ペットを連れた旅行などが中心。やはり、子供たちには、秘密基地的なルーフテントが大人気だそうだ。

 同社では、同じコンセプトの車中泊車としてポップアップルーフを装備した「アウトランダーPHEV E:POP」を用意するのもユニークなところ。さらにライトバンの「日産NV200(※デリカD:3 生産終了のため)」や軽ワゴン「タウンボックス」などをベースとしたオリジナルキャンピングカーも用意する。

 全国販売にも対応しているそうなので、三菱車で車中泊を楽しみたいなら、一度相談してみるといいだろう。

災害時にも存在感を示したアウトランダーPHEVにポップアップルーフを採用した「アウトランダーPHEV E:POP」。こちらも頼りがいのある1台となっている

※デリカD:5 Dポップについての問い合わせや資料請求などは、西尾張三菱自動車販売株式会社ショールーム TEL:0586-45-2521(代)
 

【画像ギャラリー】人生をより楽しむための秘密基地! デリカD:5 Dポップをチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ