笑わない男も惚れた!! ”真打”新型ディフェンダー110 ついに日本上陸!

 英国生まれの本格クロカン「ランドローバー・ディフェンダー」の真打、5ドアモデル「ディファンダー110」が、日本上陸を果たした。そのお披露目は、新型コロナウイルス対策として、YouTubeの生中継によるオンラインイベントとして実施。これもニューノーマルが生んだ新しい形といえる。

 とはいえ、やはり実車を確認したいと思うのがファン心というもの。ディフェンダー110の特徴だけでなく、実車確認できる展示イベントの情報も合わせてお知らせしよう。

文/大音安弘
写真/Land Rover

【画像ギャラリー】クロカンファン憧れの新型ディフェンダーのたくましい姿を詳しくチェック!!


■世界のクロカンファン憧れの一台が上陸

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2020年6月17日、ランドローバーの本格派クロカン「ディファンダー110」のジャパンプレミアをオンラインイベントとして開催した。

オンラインイベントにはランドローバーの新アンバサダーに就任した、ラグビープレイヤー田村優選手(左)、ラグビープレイヤーの「笑わない男」稲垣啓太選手(中央)、プロゴルファ原英莉花選手(右)が登場

 トヨタ「ランドクルーザー」やジープ「ラングラー」など道なき道を進む本格派に愛されてきた伝統的なクロカンの一台だ。

 かつては、シンプルにランドローバーと呼ばれていたが、ランドローバーのモデル拡大を受けて、1990年よりも名称をディフェンダーに変更。2016年の製造中止まで、68年間もの長きに渡り、生産されてきた。一旦は、表舞台から姿を消すも、新型の開発が続けられていることを公表。2019年9月のフランクフルトモーターショーで、新型が発表された。

 日本でも2019年11月に日本導入を発表し、最初期導入となる限定車「ローンチエディション」の予約を開始。たった4日間で予約受付を終了するなど、新生SUVとして、日本での注目度が高さを伺わせた。

2019年11月に予約受注し、瞬く間に完売した「ローンチエディション」(写真左)。写真右は初代ディフェンダー。悪路走破性の高さは初代から踏襲する重要なキャラクターだ

 時を同じくして、ラグビーワールドカップの決勝戦やジャパンプレミアイベントでは、ジャパンプレミアを実施したが、この際、お披露目されたのは、3ドアのショートボディである「ディフェンダー90」のみであった。それがオンラインとはなったものの、日本に上陸した5ドアのロングボディ「ディフェンダー110」が初披露されたのである。

左が「90」で右が「110」。ホイールベースの違いによりかなり見た目の大きさも違う。ホイールベースは90の2587mmに対し、110は3022mmとなる

 新型ディフェンダーの特徴は、軽量高剛性のアルミ製モノコックボディに、ランドローバーの最新式4WDシステムを搭載。路面や走行状況に合わせて選択できる7種類のモードを持つ車両制御システム「テレイン・レスポンス2」の採用など、悪路走行までを意識した様々な車載システムを揃える。

アルミ製モノコックボディに変更されたが、悪路走破性の高さはそのままだ

 パワートレーンは、90を含め、全車がガソリン仕様の2.0Lの直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力300ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発揮する。

 もちろん、クロカンといえど、最新型車に相応しい多機能な新インフォテイメントシステム「Pivi Pro」を採用し、インターネット接続やオンラインアップデートにも対応する。さらにディフェンダーの活躍の場を広める多彩なオプションも自慢のひとつ。そのなかからメーカーが厳選したおススメパッケージを4タイプ設定している。

全車、ガソリン仕様の2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載する
インパネは、タフさを感じさせる水平基調のデザインを採用。先進のインフォテイメントシステムを採用するなど、デジタル化も進んでいる

 110シリーズの特徴としては、先にも述べた5ドアのロングボディに加え、2列5名乗車仕様と3列7人乗り仕様が選択できるシートアレンジ、乗り心地と走破性の向上の両立を図る電子制御エアサスペンションの標準化などが挙げられる。

■異なる個性の2台の110を披露

 日本初上陸を果たしたイベントの主役となる「ディファンダー110」は、2タイプ。1台は、ベースグレードの「ディフェンダー110」で、外装色「パンゲアグリーン」にホワイトルーフを組み合わせたもの。内装は、「エボリーファブリック」の7人乗り仕様となる。オプションとして走破性を高める「アドベンチャーパック」を装着したものだ。

 もう1台は、上級グレード「ディフェンダー110 SE」で、外装色「タスマンブルー」にホワイトルーフを組み合わせたもの。内装は、「エボニーグレインレザー」の5人乗り仕様となる。オプションとして様々なアクティビティで役立つ機能を備えた「アドベンチャーパック」を備える。

ディフェンダー 110 SE エクスプローラーパック装着車。ボディカラーは「タスマンブルー」で、ルーフカラーは「ホワイト」だ
こちらのシート表皮は「エボニーファブリック」。フロントシートのセンターコンソールはレスオプションも可能でサイドウォークスルーが可能だ

 新型ディフェンダーは、「ベース」「S」「SE」「HSE」の4タイプに発売年のみとなる「ファーストエディション」を加えた5グレードをそれぞれに設定。価格は、90シリーズが499万円~739万円。110シリーズが589万円~820万円となっている。

 イベントでは、エンジンバリエーションにも触れられ、現時点では2.0Lのガソリンターボのみだが、将来的にはクリーンディーゼルエンジンの導入についても検討していることを明かした。クロカンファンは、より低回転域での力強さが得られるディーゼル導入を期待するだろうが、現時点での実現は、五分五分といったところのようだ。

■2台に会える機会が設けられる!

 やはり、日本導入が開始されたと聞けば、実車を確認したいと思うのが、本音だろう。ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、早速、導入を記念した展示イベントを計画しており、上記の2台による3大都市でのレビューツアーを7月に実施する。

 大阪会場は、2020年7月4日(土)~5日(日)の期間、グランフロント大坂ナレッジプラザにて。名古屋会場は、2020年7月12日(日)~13日(月)の期間、JRゲートタワーにて。そして東京会場は、2020年7月18日(土)~7月19日(日)の期間、六本木ヒルズ大屋根広場にて実施する。いずれも開催時間は11時から20時までとなる。

 さらに8月になれば、全国各地の正規ディーラーでの展示イベント「ニューランドローバー ディフェンダー デビューフェア」を2020年8月1日(土)~8月10日(月)の期間で行い、こちらでも全店でディフェンダー110を展示する予定だ。

 なお、展示ツアー並びにディーラーイベントでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止講じた上で実施し、関係者の検温管理や定期的な手洗いやうがい、マスクの着用などの対策を行うとしている。

■ラインアップおよびメーカー希望小売価格(税込)

●ディフェンダー 90
ディフェンダー     499万円
ディフェンダー S    582万円
ディフェンダー SE   648万円
ディフェンダー HSE  730万円
ディフェンダー ファーストエディション 739万円

●ディフェンダー 110
ディフェンダー     589万円
ディフェンダー S    663万円
ディフェンダー SE   732万円
ディフェンダー HSE  812万円
ディフェンダー ファーストエディション 820万円

【画像ギャラリー】クロカンファン憧れの新型ディフェンダーのたくましい姿を詳しくチェック!!