国内では大人気!! でも海外では…なぜ売れない?? 国産ミニバンが海外で売れない事情

 昨今のSUV人気は日本を含め世界的なものとなっている。日本ではミニバンもSUVと並ぶクルマの大きな柱となっており、メーカーもミニバンに注力しているのに対し、海外で日本のミニバンが人気になっているという話はほとんど聞かない。

 国内の販売台数で上位を占めている、トヨタ ミニバンの国内と海外の販売状況(2019年1月~12月)をまとめてみた。こう見ると、国内市場での人気に対して海外市場ではあまり伸びていないことがわかる。

トヨタが販売する主要ミニバンの国内、海外での販売台数

 そこで当記事では日本のミニバンが海外で人気にならない理由を、地域ごとのミニバンに対する捉え方を交えながら考察してみた。

文/永田恵一
写真/Citroën、MERCEDES_BENZ、BMW、TOYOTA、HONDA、CHRYSLER、KIA、MITSUBISHI、SUZUKI、LEXUS、BUICK

【画像ギャラリー】日本ミニバンとは違ってスライドドア率低し!? 海外で販売されているミニバンたち


■ヨーロッパ

 ヨーロッパは「ベンツが一般的な範囲で最もブランドイメージが高いクルマ、BMWとアウディがベンツの下、VWが大衆車のなかでも上」といった具合に、クルマに対し階級的な捉え方をされやすいのに加え、クルマのジャンルも周りがオーナーをイメージする大きな要素となっている。そこにアベレージスピードの高さもあり、ヨーロッパのミニバンは大きく以下の3つのジャンルに分かれる。

[1]商用車の延長線で3列シートとし、ガシガシ使うシトロエン「ベルランゴ」の3列7人乗り

[2]ミニバス的ミニバン メルセデス・ベンツ「Vクラス」

[3]乗用車の延長線上で仕立てたミニバン BMW「2シリーズ グランツアラー」、シトロエン「グランドC4スペースツアラー」、VW「トゥーラン」、VW「シャラン」

日本でも2020年秋にカタログモデルとして導入が決まっているシトロエン「ベルランゴ」。1.5Lディーゼルターボを搭載し、両側スライドドアや独立開閉可能なリヤガラスハッチなど使いやすい設計となっている
メルセデス・ベンツのラインナップのなかで唯一のミニバン「Vクラス」。2人が快適に眠れるベッドを搭載したポップアップルーフを搭載した、遊び心のある「マルコポーロ ホライゾン」なども設定されている
BMW「2シリーズ グランツアラー」。「2シリーズ アクティブツアラー」から派生したモデルで、BMW初の7人乗りミニバンだ
シトロエン「グランドC4スペースツアラー」。かつては「C4ピカソ」と呼ばれていたモデルだ。日本にも2Lディーゼルターボを搭載したモデルが導入済み

 つまり[1]と[2]は目的が明確だが、それ以外は「パーソナルなイメージに欠けるミニバンは極力乗りたくない」というのが本音のようで、ヨーロッパ車のミニバンは[3]に属するものがほとんどだ。

 [3]のミニバンは「主に2列目までをユッタリと使う」という使い方が中心になるため、3列目は日本のミニバンのようにそれほど重視されず、「イザというときには使える」という考え方となっている。

 そのため[3]のミニバンなら3列シートのSUVでもそれほど変わりなく、ヨーロッパで日本的なミニバンが受け入れられないのもよくわかる。

■アメリカ

「フルサイズと呼ばれる巨大なバンは広大なアメリカでも使いにくい」という理由で、乗用車をベースにフルサイズバンを小さくした3列シートのミニバンが生まれた国だけに、アメリカはミニバンの歴史が40年近くあり、ミニバン文化は定着したものとなっている。

 アメリカで販売されるミニバンはトヨタ「シエナ」、日本とは別のホンダ「オデッセイ」、クライスラー「ボイジャー」、起亜「セドナ」といった全長5mオーバー、全幅1.9m超え、全高は1700mm前後という日本的なミニバンとはだいぶサイズが違うものが主流で、サイズの違いだけで日本的なミニバンが受け入れられるとは思えない。

トヨタ「シエナ」。北米市場のほか、韓国や台湾で販売されてきた全長5mを超える大型ミニバン。エンジンは2.5L、直4をベースにしたハイブリッドを搭載
ホンダ「オデッセイ」。日本で見慣れたオデッセイとはデザインが異なり、3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載するなど、いろいろ大きい3列シート(7人乗り)ミニバンだ
2019年秋に新型へと変わったクライスラー「ボイジャー」。3.6L V6ガソリンエンジンを搭載する7人乗りミニバンだ
韓国の起亜自動車が生産する「セドナ」。韓国国内では「カーニバル」の名前で販売されているミニバン。パワートレーンは、3.3L V6直噴エンジンと2.2Lディーゼルターボの2種類を設定する

 またアメリカでミニバンは交代で「子供の送り迎えをする」、「コストコのようなところで日用品をドッサリまとめ買いする」というアメリカの日常に大変マッチしたジャンルなのは事実だ。

 しかし、その反動でヨーロッパほどではないにせよ「所帯じみたクルマ」というマイナスのイメージが強まっているのも否めず、アメリカでも3列シートを持つSUVの勢力は強まっている。

■東南アジア

 東南アジアで日本のミニバンは、インドネシアでトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」「シエンタ」「ヴォクシー」、日産「セレナ」、ホンダ「オデッセイ」。タイで、トヨタ「シエンタ」「グランエース」が販売されており、意外にラインナップは多い。

 しかし、現地生産で価格競争力があるシエンタとグランエースは好調のようだが、それ以外は現在日本からの輸出なので関税が課せられ、価格が日本の倍近くすることもあり、「今後に期待」という状況になっているようだ。

 むしろ東南アジアにおける3列シート車は、日本車だとミニバンよりも現地生産される三菱「エキスパンダー」やスズキ「エルティガ」といった乗用車寄りのミニバン、ホンダ「BR-V」やスズキ「XL7」といったSUVの3列シートが中心だ。この種のクルマは難しいところもあるにせよ、低価格であれば日本での人気も期待できそうなジャンルとなっている。

三菱「エキスパンダー」。東南アジア、主にASEAN向けに販売されているミニバンだが、インドネシアではカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど大ヒットしている
スズキ「エルティガ」。スズキが海外で製造・販売を行っている7人乗り小型ミニバンだ
ホンダが送り出した7人乗りのコンパクトSUVが「BR-V」だ。全長4456mmでヴェゼルの4295mmより長く、新興国の荒れた路面に対応したタフさと快適性を兼ね備える
スズキが生産している3列7人乗りSUV「XL7」。現地生産されており、インドネシアや周辺アジア諸国で販売されている

■中国

 中国で販売されるミニバンは大きくふたつのジャンルに分かれる。ひとつは「アルファード/ヴェルファイア」のような日本のラージミニバンに近いもので、具体的な車名としては「アルファード」、レクサス「LM」、ホンダ「オデッセイ」、ビュイック「GL8」といったものがあり、このジャンルには中国メーカーも参入している。

 このジャンルのミニバンは、一般向けより日本でいえばかつての「クラウン マジェスタ」のような主に法人向けの高級移動車と使われることが多く、ステータスは高まりつつあるようだ。

レクサス「LM」。アルファード&ヴェルフェイアをベースにしたレクサスブランドの高級ミニバンで、アジア地区での大型のショーファードリブン需要を狙い開発された
米国メーカーのビュイックが生産する「GL8」。3列シート(7名乗り)ミニバンで、2000年に初代が中国市場で販売され、現在は3代目(写真)が販売されている

 もうひとつは、先々代と先代の「オデッセイ」やスバル「エクシーガ」のようなステーションワゴン寄りのミニバンで、こちらは主に中国メーカーのモデルとなっている。

 中国では、2015年に人口抑制のための一人っ子政策が廃止になったため再び大家族が増える可能性があり、ミニバンは今後成長が期待できるジャンルになりそうだ。

■コロナ禍で海外市場でも見直される可能性を秘めたミニバン

 日本のミニバンは世界的に見ると、地域によるクルマの使われ方の違いもあり今のところ軽自動車同様の日本独自のものという傾向は強い。しかし筆者はこれからミニバンだけでなくSUVも含めた3列シート車は世界的に需要が大きく増える可能性があると感じている。

 それは今後当面の間、コロナウィルスと付き合っていかなければならないからだ。コロナウィルス感染防止を考えると公共交通機関を避けたクルマでの移動は世界的に増えるだろう。その際に3列シート車は便利なのに加え、ソーシャルディスタンス確保のため「3列シート車の1列に1人」といったひとり当たりのスペースを増やした使い方をするという人も増えるかもしれない。

 そういった需要が増えた時に、前述したようにヨーロッパとアメリカは変わらないとしても、東南アジアと中国では現在の日本のように「アルファード/ヴェルファイアは高級車としても使える」、「日本の5ナンバーは取り回しがしやすい割に広い」という美点が注目されることは十分考えられる。

 そうなれば将来的には日本のミニバンが現地生産されるようになり、アジア諸国で市民権を得るというのは決してない話ではないのではないだろうか。

【画像ギャラリー】日本ミニバンとは違ってスライドドア率低し!? 海外で販売されているミニバンたち

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ