肉食系イケメンとなった新生ランドローバー・ディフェンダーは意外と身近!?

 英国の名門、4輪駆動車ブランド「ランドローバー」の原点といえる本格クロカンの末裔「ディフェンダー」。2019年にフルモデルチェンジを発表し、いち早く導入された限定車は、瞬く間に完売。今、最も注目されるSUVの1台といえる。

 今年3月より、日本への本格導入が開始される新型は、アイコニックなスタイルを現代的にアレンジしただけでなく、ボディ構造などを含め、全面刷新を図っているのが特徴だ。

 同門である贅を尽くしたレンジローバーとは、対極にある質実剛健なクロカンは、一体どのような進化を遂げたのだろうか。

文:大音安弘/写真:ジャガー・ランドローバー・ジャパン

【画像ギャラリー】道を選ばぬ本格クロカン!美しくなったランドローバー・ディフェンダーをチェック


話題沸騰中の新ディフェンダーが本格上陸へ

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのクロカン「ディフェンダー」を2020年4月9日(木)より受注開始することを発表した。

 ディフェンダーは、2019年9月のドイツ・フランクフルトモーターショーでワールドプレミアを実施。スタイルや機能共に、クラシカル味わいを残した従来型から21世紀仕様と謳う新型へと全面刷新が図られたことも話題となった。

 昨年11月、日本にも先行発売となる限定車「ローンチ エディション」が150台導入されるも、わずか4日間で完売。新たに先行予約モデル「スタートアップ エディション」が設定されるなど、順風満帆の船出を迎えている。

全面刷新を図った新型ディフェンダー。導入記念の限定車が瞬く間に完売するなど、既に日本でも人気車のひとつとなっている

 本格導入されるのは、3ドアモデル「90」シリーズと5ドアモデル「110」シリーズの2タイプ。価格は、90シリーズが499万~739万円。110シリーズが、589万~820万円となる。

 ランドローバーとしては、「ディスカバー・スポーツ」や「レンジローバー・イヴォーグ」などのブランドエントリーモデルと同等の価格帯で、本格クロカンに手が伸びるのは、実に魅力的といえる。

アイコニックなスタイルを現代的にアレンジ

 街中でも映えるモダンに生まれ変わったスタイルだが、これもディフェンダーの血筋を色濃く反映した機能性の高いものである。

 特徴的なスクエアな形状とボディサイドの段付きは、まさにディフェンダーであることを一目で知らしめるポイント。

 さらに、前後のオーバーハングを切り詰めることで、優れたアプローチアングル及びデパーチャーアングルを実現。

 また横開きのリアテールゲートや外付けスペアタイヤ、後部に設けた明かり窓の「アルパインライト」などディフェンダーの伝統的アイテムもしっかりと取り入れている。

3ドア仕様となるディフェンダー90。ルーフ部のガラスが「アルパインライトウィンドウ」だ

 気になる新型のボディサイズは、ショートボディの「90」シリーズが全長4583×全幅2008×全高1974mm、ホイールベースが、2587mmとなる。

 主力と目されるロングボディの「110」シリーズが、全長5018×全幅2008×全高1967mm、ホイールベースが3022mmとなる(ともに欧州参考値)。

5ドア仕様のディフェンダー110。ルーフラックなどさまざまなオプションアイテムが充実している

質実剛健を旨としながらも最新デバイスも備えるインテリア

 快適性を大きく向上させたインテリアにも、ディフェンダーの伝統は受け継がれる。通常は、カバーされる構造物や装具を敢えて露出させることで、シンプルさと実用性を強調する。

堅牢さを強調するコクピットだが、タッチスクリーンを備えるなど、最新機能もしっかりと押さえる

 もちろん、現代車に求められる先進機能は、積極的に搭載。インフォテイメントシステムは、ジャガー・ランドローバーの両ブランドで初搭載となる最新式「Pivi Pro」を採用。

 操作性を高めた次世代タッチスクリーンや音声操作機能も進化しているという。

「緊急ブレーキ」や「レーンキープアシスト」など、先進安全運転支援機能も装備。さらにオプションを選択することで、「ブラインドスポットアシスト」や「アダクティブクルーズコントロール」などの装備を追加し、安全機能を強化することも可能だ。

キャビンの足元はラバー素材となり、アウトドア使用後の清掃も簡単だ

 乗車定員は、90シリーズと110シリーズ共に5名乗車を基本とするが、110シリーズでは7人乗り仕様の選択も可能だ。

高い悪路走破性を実現するメカニズム

 新ディフェンダーの最大の特徴といえるのが、ボディ構造の変更だろう。伝統的なラダーフレームから、最新のモノコックボディへと刷新された。

 新ボディは、軽量なアルミニウムモノコック構造による新アーキテクチャ「D7x」を採用。これはランドローバー史上最も頑丈なボディ構造だという。

 その実力は、従来のラダー構造と比較し、3倍のねじれ剛性を確保していることが証明する。

新アーキテクチャ「D7x」は、モノコック構造でありながら、ランドロー バー史上最も勘定なボディに鍛えられた

 駆動方式は、全車にフルタイム4WDを搭載。オン及びオフロードを問わず、前後に最適なトルク配分を行うことで、あらゆる走行状況に対応。車両統合制御を行う「テレイン・レスポンス」も備える。

 トランスファーボックスには、急こう配の坂道やオフロード、けん引などに威力を発揮する低速ギアを追加し、性能を向上させた。

 サスペンションは、90シリーズが、優れた基本性能を持つコイルサスペンションを標準化。110シリーズには、電子制御エアサスペンションが装着される。

 エアサスペンションでは、標準車高より-40mmから+145mmの範囲で車高調整が可能。スムーズな乗降だけでなく、走破能力の向上にも役立つ。

 さらに路面状況に応じた車両の統合制御の高機能版「テレイン・レスポンス2」を組み合わせることも可能だ。またエアサスペンションは、90でもオプション選択することができる。

タフなダウンサイズエンジン

 日本仕様のパワートレインは、全車でガソリン仕様の2.0Lの4気筒DOHCターボエンジンを搭載。最大出力300ps、最大トルク400Nmを発揮する。

日本仕様では、ガソリン車のみとなるが、300ps/400Nmの性能があれば不足は感じないだろう

 他モデルにも搭載され、高い実績と信頼性を誇る「インジニウム」エンジンで、アイドリングストップと回生エネルギーシステムも備える最新のダウンサイズユニットだ。トランスミッションには、8速ATが組み合わされる。

自分好みの仕様を手にできる

 新型ディフェンダーには、「S」、「SE」、「HSE」の3グレードに加え、導入記念仕様として、1年間のみ設定される「ファーストエディション」の全4グレードが、「90」と「110」にそれぞれ用意される。

 さらにオプションとアクセサリーも充実されており、予算に合わせた、自分好みの1台が仕上げられるのも、ひとつの楽しみとなる。

 ただ最も魅力的なのは、優れたクロカン性能を備えながらも、国産上級SUVとも肉薄するエントリーグレード「S」の存在だろう。

 タフギアであるクロカンは、シンプルで構わないと考えるユーザーには、名門クロカンであるディフェンダーが、この価格から狙えるというのは、朗報と言えそうだ。

クロカンファン憧れのディフェンダーが、499万円から狙えるのは、朗報だ

【画像ギャラリー】道を選ばぬ本格クロカン!美しくなったランドローバー・ディフェンダーをチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ