これぞハイラックスサーフの再来!? トヨタ 新型フォーチュナーがカッコ良い!!

 トヨタのミドルサイズSUV「フォーチュナー」が、マイナーチェンジした。

 この聞きなれないSUVは、海外市場専用車で、日本では購入することが出来ないモデルだ。

 しかし、ラダーフレームを備えるなど、タフな本格派の顔を持ち、そのスタイルも、かつてのハイラックスサーフを彷彿させるカッコよさ。

 もちろん、日本では普通に買うことはできないが、ちょっと無視できない新SUVの情報をお届けしよう。

文:大音安弘、写真:トヨタ

【画像ギャラリー】日本では買うことが出来ない海外専売車「フォーチュナー」をみる


本格派の気質を持つ海外専用モデルがマイナーチェンジ!!

フォーチュナー

 2020年6月4日、トヨタは、タイで生産されるPPV(Passenger Pickup Vehicle)の「フォーチュナー」のマイナーチェンジを発表した。

 フォーチュナーは、日本にも導入されるピックアップトラック「ハイラックス」とベースを共有するPPV。

 つまりトラックベースの多人数乗用車を指しており、SUVのひとつである。そのポジションは、かつての「ハイラックサーフ」に相当する。

 日本では廃止されたハイラックスサーフだが、海外名の「フォーランナー」では、今も進化を続けており、より大型モデルとなっている。

 そんなフォーチュナーのポジションを、日本のラインアップに当てはめると、RAV4とランドクルーザー・プラドの中間に収まるサイズだ。

2019年復活したRAV4

 そもそもフォーチュナーは、比較的新しいモデルで、2004年に初代がデビュー。トヨタの海外戦略の一環として、海外ニーズの高いピックアップトラックとMPV(多目的乗用車)の生産拠点をタイに移行し、世界中に供給することを目的としたプロジェクトの中で誕生したモデルだ。

 現行型となる第2世代モデルは、2015年7月にフルモデルチェンジ。今回、初の大型改良が施された。

 ボディサイズは、全長4795mm×全幅1855mm×全高1835mmとやや大きめだが、2750mmのホイールベースを活かした3列7人乗りのシートレイアウトを持つ使い勝手に優れたSUVなのだ。

3列7人乗りのシートレイアウトをもつ使い勝手のいいSUVである

 パワートレインは、2種類の4気筒DOHCディーゼルターボを設定。パワフルな2.8Lエンジンは、204ps/500Nm仕様で、スタンダードな2.4Lエンジンは150ps/400Nm仕様となる。

 トランスミッションは、全車で6速ATとなり、駆動方式はFRか4WDとなる。

ラグジュアリー指向の強い上級モデル「レジェンダ―」を新設!!

 マイナーチェンジモデルの最大の特徴は、タイ人のスタッフにより開発されたこと。

 これは海外の開発拠点強化が狙いと思われるが、同時に、フォーチュナーはタイのPPV市場で長年No,1を記録するベストセラーでもあり、そのニーズを出来る限り反映させるためのクレバーな選択といえよう。

 そんな新型の開発コンセプトは、「プレステージ&クール」。日常の通勤から週末のレジャーまで幅広く利用したい若い世代から中高年層まで幅広いユーザーがターゲット。日本で言えば、ミニバン的要素も担うのだろう。

ラグジュアリー指向の強い上級モデル「レジェンダ-」を新設

 そんな幅広いユーザーを掴むべく、新型では、モデルラインを大きく2タイプへと分割。2.4Lエンジンの標準型に加え、2.8Lエンジンの選択も可能なラグジュアリー指向の強い上級モデル「レジェンダ―」が新設された。

 フェイスリフトが実施されたエクステリアは、フロントグリルの大型化とフロントバンパーのシルバー加飾パーツ、特にアンダーガード風のデザインを強調することで、堅牢さや豪華さなどタフな上級車であることを主張。

ヘッドライトもデイライト付きの新デザインとなり、LEDタイプを標準化。同時にリヤテールランプもLED化されている。足元を彩る18インチのアルミホイールのデザインも新タイプだ。

LEDライトを標準化しつつ、スタイリッシュなデザインとなっている

 さらに新設された「レジェンダ―」では、異なるフロントマスクを採用し、キャラクターを差別化。全体的にアクセントに黒を加える。グリルデザインもメッシュデザインに変更し、小型化。

 アンダーガード風デザインも、控えめにすることで、クロカン風味を抑えたスポーティな仕上げとなっている。精悍な顔つきを高めるべく、ライトユニットも専用品とするなど芸が細かい。

 機能も、LEDシーケンシャルターンシグナルまで備える上級仕様となる。足元のアルミホイールも、サイズアップに加え、デザインの異なる20インチホイールを与えた。

フォーチュナーのタイヤホイール部分
レジェンダーのタイヤホイール部分

 ボディカラーも、2トーン仕様が選べるのも、レジェンダ―の特徴のひとつ。これもフォーチュナー初の取り組みだ。

日本で普及が進む「T-Connect」が標準装備に!!

「T-Connect」を標準装備しつつ、快適装備を強化した

 インテリアでは、快適装備の強化が中心。インフォテイメントシステムには、Apple CarPlayに対応したタッチスクリーンを装備。日本でも普及が進められる「T-Connect」が標準装備に。

 3D表示できる360度カメラやパークセンサー、ハンズフリーでの開閉を可能としたキックドアなどの世界の上級SUVに普及が進む快適機能もしっかりと押さえる。

 トップグレードのレジェンダ―の2.8Lモデルには、トヨタPPVとして初となる先進の安全運転支援機能のパッケージ「Toyota Safety Sense」がされたのもトピックとなる。

 なおシステムは、プリクラッシュブレーキ、車線逸脱警報、アダクティブクルーズコントールが含まれる。

両手がふさがっても、ラゲッジスペースを開けることができる機能もある

価格も高級車並み!

 気になる価格だが、標準モデルが、1,319,000バーツ~1,524,000バーツ。レジェンダ―が、1,564,000~1,839,000バーツとなる。

 日本円換算(※1バーツ=3.46円)だと、モデル全体では、約456.4万円~約636.3万円となり、なかなかの高級車である。このあたりからも、タイの経済成長の大きさを感じさせる。

 日本では、4WD性能を売りとしたRAV4がある上、3列シートのニーズは、ミニバンが担っていること。

 そして何よりも同価格帯でランドクルーザー・プラドが狙えることもあり、導入されることは皆無と見られる。

 ただ価格が抑えられるなら、スポーティなスタイルのレジャンダーを中心に、日本のSUVファンの興味を引きそうな一台とはいえそうだ。

【画像ギャラリー】日本では買うことが出来ない海外専売車「フォーチュナー」をみる

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ