タフト、キックス車名復活!! 車格ジャンル違いで復活した車 5選


 新型コロナウイルス禍は予断を許さない状況だが、2020年6月に入り自動車業界はフルモデルチェンジ車、ブランニューモデルを合わせ注目のニューカーが続々と登場している。

 そのなかでも2020年6月10日に発表発売となった軽クロスオーバーのダイハツタフトと、24日に発表(発売は6月30日から)したコンパクトSUVの日産キックスは「以前とは違う車格で車名が復活する」というケースとなっている。

 車名が復活するケースは珍しくないが、当記事では「車格ジャンル違いで車名が復活した車種」を振り返っていく。

文:永田恵一/写真:DAIHATSU、NISSAN、HONDA、SUBARU

【画像ギャラリー】36年ぶりに車名が復活したダイハツタフトと8年ぶりに復活した日産キックスは旋風を巻き起こせるか?


ダイハツタフト

初代:1974~1984年(小型車)
2代目(現行):2020年~(軽自動車)

初代タフトはコンパクトなボディながら本格的な悪路走破性を備えたダイハツのクロカンとして1974年にデビュー。今見ると味のあるデザイン

 1974年登場の初代タフトは1998年に施行された現行の軽自動車の規格を基準にすれば、軽自動車より大きなボディサイズを持つという現在のジムニーシエラのような本格的なコンパクトクロカンSUVである。

 クルマの成り立ちはラダーフレームのボディに四輪リーフリジットサスペンション、ボディは幌やFRP製のレジントップなどを持つ2ドアで、エンジンは1L、4気筒ガソリンでスタートし、後にダイハツ製ディーゼルやトヨタ製1.6Lガソリンを追加、駆動方式は4速MT+副変速機付パートタイム4WDのみだった。

 またタフトは1980年からトヨタにブリザードの車名でOEM供給もされ(こちらはトヨタ製2.2L、4気筒ディーゼルのみを搭載)、1984年に車名をラガーに変え、タフトは一度絶版となった。

 2020年6月に登場した2代目タフトはスズキハスラーが直接的なライバル車かつ、キャストアクティバの実質的な後継車となる軽クロスオーバーとして36年ぶりに復活。

 クルマの成り立ちはダイハツ最新のDNGAコンセプトに基づくプラットホームやパワートレーンというオーソドックスなものだが、急な下り坂に対するブレーキ制御はないものの滑りやすい路面での駆動力を高めるグリップサポート制御や190mmという十分な最低地上高を備え、クロスオーバーとしては十分以上の悪路走破性を確保。

36年ぶりにタフトの車名が復活。小型車から軽SUVになったが、遊び心が満点というコンセプトはクラスが変わっても不変

 また全グレードに大型ガラスルーフを装備し、自動ブレーキ&運転支援システム周囲の情報を収集するステレオカメラの改良により夜間の歩行者にも対応するようになった。

 さらに先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールも停止までの対応に加え、電動パーキングブレーキの採用により停止状態の保持機能を備えるなど、着実な進化を遂げている。 

 そのわりに価格も約135万円から約173万円とリーズナブルと全体的な競争力は高く、ハスラーとの勝負にも注目したい。

日産キックス

XIX(1994年東京モーターショー:コンセプトカー)
KYXX(1998年パリサロン:コンセプトカー)
KIX(2008~2012年:軽自動車)
KICKS(2020年~:小型車)

リアがピックアップのようになっているが、ラシーンを彷彿とさせるボクシーなエクステリアデザインが特徴的なコンセプトカーのXIX(キックス)

 キックスはもともと1995年の東京モーターショーと1998年のパリモーターショーに出展されたコンセプトカーに使われた車名で、前者は4ドアセダンのリアデッキをピックアップトラックのようにしたもの、後者は将来のコンパクトカー像を示唆したモデルだった。

 市販車にキックスの車名が初めて使われたのは2008年のことで、初代キックスは2代目パジェロミニのOEMとして2012年まで販売された。

 2020年6月に登場した2代目キックスは2016年のブラジルを皮切りに北米や中国といった世界各国で販売されるオーソドックスなコンパクトSUVで、日本へはビッグマイナーチェンジを施したタイ国で生産されるモデルが導入される。

1998年のパリサロンに出展されたコンセプトカーのKYXX(キックス)。日産のコンパクトカーの未来を示唆したコンセプトカーだった

 2代目キックスの日本仕様は1.2L、3気筒ガソリンエンジンに129馬力の駆動用モーター組み合わせたミドルハイトミニバンのセレナに近い動力性能を持つ2モーターシリーズハイブリッドのe-POWERのみ。

 運転支援システムプロパイロットも周囲の情報収集源に単眼カメラに加えミリ波レーダーも持つなど、日本で販売するクルマ相応のアップデートを受けている。

 4WDや安価なガソリン車がないというバリエーションの少なさは事実にせよ、日産の登録車としては久々の新型車となる2代目キックスが日産復活の狼煙となることを期待したい。

 ちなみに、2種類のショーモデルと2種類の市販車の合計4車種存在する日産キックス。響きは同じながら、XIX→KYXX→KIX→KICKSとすべて綴りが違うというのは世界的にも珍しい。

2008年に軽自動車のラインナップ拡張のために2代目パジェロのOEMをKIX(キックス)という車名で販売。今でも復活に期待する人は多い
ジュークの後継モデルとして2020年6月30日から販売を開始したKICKS(キックス)。デビュー時はe-POWERのみで、後にガソリンモデルを追加予定

次ページは : ホンダインサイト

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ