トヨタがランドクルーザー70を再販する可能性はあるのか?


 2014年に生誕30周年を記念してランドクルーザー70(以下ランクル70)が期間限定で販売された。約1年という短い期間ながら、マニアだけでなく注目度は絶大で、かなりの台数が出た。

 販売を終了して5年が経過するが、現在もランクル70、特にクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルを日本でも売ってほしいという声をよく耳にする。

 トヨタがランクル70を日本で再販する可能性について、渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、FIAT CHRYSLER AUTOMOBILES

【画像ギャラリー】世界中で長く愛され続けているランドクルーザー70 日本で再販された30周年記念モデルをじっくりと見る!!


日本で悪路を重視したオフロードSUVが大人気

現行ランドクルーザー(通称200)は2007年デビューだが、2015年のマイチェンで魅力アップしてプラドと合わせて月販2100台をマークするなど依然人気

 最近はSUVが人気のカテゴリーとされるが、注目車や売れ筋の車種を見ると、微妙な変化も生じている。車種の数はハリアーやC-HRといった都会的なSUVが圧倒的に多いが、話題の中心は、RAV4やライズなどオフロード風味を併せ持つモデルに移ってきた。

 RAV4やライズもプラットフォームは乗用車と共通で、前輪駆動ベースのシティ派SUVに位置付けられる。それでもフロントマスクなどの外観は、ランドクルーザーのような後輪駆動ベースのオフロードSUVに似ている。

 そして本物のオフロードSUVも人気が根強い。ランドクルーザー+ランドクルーザープラドは、2019年度(2019年4月から2020年3月)に1カ月平均で2100台を登録した。 

アメリカ車が苦戦するなか、ジープが大健闘。特に本格オフロードSUVのラングラーは日本マーケットで快進撃を続けている

 定番のシティ派SUVとされるエクストレイルの2400台、CX-5の2300台に迫る売れ行きだ。ランドクルーザーは発売から13年、プラドも11年を経過しながら売れ行きは堅調に推移している。

 輸入車でも後輪駆動ベースのオフロードSUVが注目され、ジープブランドのラングラーが好調に売れている。前輪駆動ベースのシティ派SUVが大量に普及した結果、悪路を重視したオフロードSUVも関心を持たれるようになった。

ランクル70シリーズの寿命が長い理由

ランクル70シリーズは1984年に40シリーズの後継としてデビュー。デビュー当初は3ドアのみで、その後5ドアも追加され現在に至る

 その意味で改めて見直したいのが、悪路走破力を徹底的に高めたランドクルーザー70シリーズだ。生粋のオフロードSUVで、40シリーズの後継車種として1984年に発売された。

 この後にランドクルーザーは、80シリーズ、100シリーズ、200シリーズという具合にフルモデルチェンジを受けているが、70シリーズは一貫して生産を続けている。

 今でも南アフリカなどでは、バンボディのランドクルーザー76、ピックアップトラック(ダブルキャブ)のランドクルーザー79が販売されている。細かな改良を受けているが、基本設計は36年前から変わらない。

 70シリーズの寿命が長い理由は、切実な需要があるためだ。開発者は「70シリーズは、必ず帰ってこられるクルマ」だという。

70シリーズは1984年のデビューから基本設計は変わらないが、度重なる改良が施されていて、南アフリカでは76は現役選手として大活躍

 食料を積み、条件のきわめて悪いルートを走る。この時に途中で長期間にわたり立ち往生すれば、車両の乗員と食料を待っている人達の生命が脅かされてしまう。

 従って70シリーズのユーザーは、クルマが変わることを好まない。70シリーズがフルモデルチェンジを行って快適性や舗装路の安全性を大幅に高めても、今まで走破できた悪路のひとつでも通行不可能になれば、甚大な被害を被るからだ。

次ページは : 本物が持つもの凄いオーラ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ