ブーム到来で売れ筋サイズに新規参入相次ぐ いまなぜミニカーなのか?

 なんでも今、ミニカーブームらしい。その中心は1/60サイズのいわゆる「トミカサイズ」だ。

 例えば世界で1番売れているホットウィール社の1/60ダイキャストモデルは「1秒に10台売れている」から「1秒に16台売れている」にキャッチコピーを変えた。

 特に日本で売れており、売り上げは2012年から現在5倍に伸びたらしい。タカラトミーはトミカの売り上げを公表していないが、2019年は過去最高の売り上げを記録。その際「トミカなどが牽引役となって」と言及している。

 そんな最近のミニカーブームを加藤久美子氏が解説する。

【画像ギャラリー】『ワイルド・スピード』モデルやデロリアンも!!! 空前ブームのミニカーたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
文・撮影:加藤久美子/写真:タカラトミー、MINI GT、ホットウィール
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ