えっ!? 一部納期が2021年に!? 大ヒット新型キックスの膨らむ期待と背負う事情

 日産が送り出したコンパクトSUV「キックス」だが、その納期に関して気になる情報が入ってきた。ボディカラーによっては、なんと納期が2021年度(4月以降)になるかもしれない…という人がいるというのだ。

 SNSでは、6月登場時に契約した人は9月、それ以降の7月に契約した人は、納期がすでに2021年1月になっている声も聞こえる。

 日本の割り当て台数が少ないのか? それともタイでの生産が追い付かないのか? 受注好調のキックスに何が起きているのか? その最新情報を販売現場を取材しお伝えする。

文/遠藤徹
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】納期は長いが受注は好調! 日産期待のSUV「キックス」の詳細をチェック!!


■コロナ禍で影響を受けたサプライヤーの供給状況とデリバリー方法が要因に

 2020年6月24日に発表、30日に発売開始した日産の新型コンパクトSUV「キックス」は好調な販売のスタートを切っているが、納期が2020年7月下旬現在で、6カ月待ちの2021年2月以降となっている。

精悍なダブルVモーショングリルを採用した日産の新型SUV「キックス」。ジュークより全長が155mm長く、室内にゆとりがある

 受注台数は1万台突破と好調なスタートを切っている。普通に考えると「受注台数が集中して多くなり生産が追いつかず、納期が先送りになっている。」のが原因と思いがちになる。ところが、実際はこれだけではなさそうだ。

 コロナ禍の影響で、サプライヤーからの部品供給が滞りがちで、組み付けラインがスムーズに動かせない状況にあるのも要因になっている。サプライヤーで主に供給が滞りがちになっているのは新型コロナウイルスの震源地といわれている中国のようだ。

 タイ工場で組み立て船積みし、日本の日産の追浜工場で完成検査を実施してから販売店にデリバリーする方式を採用しているのも、ネックになっている要因のひとつとなっている。

 受注がある程度たまってから生産する方式なので、すぐには取りかかれない。船積みしてから航海での輸送だから、タイから日本まで最短でも約1カ月かかるといわれる。

■展示車・試乗車も売っちゃう 受注好調も販売現場は苦心

 グレードは「X」と「Xツートーンインテリアエディション」の2タイプだけだから生産しやすいが、ボディカラーは2トーン4色、モノトーン9色、合計13色もあるので、あまり生産を見込んでいない色を選んだりすると、2021年の3月以降になったりするケースもある。

こちらは上級グレード「Xツートーンインテリアエディション」。オレンジタンとブラックでスポーティかつ上質な雰囲気となっている
キックスは室内の作りで2グレードに分かれている。こちらは「X」グレード。クロスと合皮を組み合わせたシンプルなデザインとなっている

 現在までのところでは、テーマカラーの「Xツートーンエディション」のプレミアムホライズンオレンジ、ブリリアントシルバー、チタニウムカーキの3色に集中した受注構成になっており、こちらを希望すると2021年の初めあたりの納車が可能になる。ナイトベールパープルは2021年3月以降まで待たされる。

こちらが、納期が2021年3月以降までずれ込む「ナイトベールパープル」。現行型マーチのカタログモデルや、ジュークの特別仕様車にも採用されているボディカラーだ

 グレード別だとステアリングヒーター、前席ヒーター付きシートが標準装備になっている上級のXツートーンインテリアエディションが全体の90%以上の受注構成比となっている。

 日産は当初は受注が集中すると予想して、各販社に展示車、試乗車を配置し、販売店出の発表展示会、試乗会を開催し売り込みを強化している。

 販売店各社は納期が遅れ気味なので、希望するユーザーには展示車を売ったりしている。このため展示用の車両がない店舗も出始めている。試乗車は各店舗すべてに置けないので、各販社は5~7台程度を各店舗の持ち回りで試乗会を実施している。

■供給状況の改善がなければ マーチの二の舞もありうる!?

 新型キックスに搭載している「e-POWER」ユニットはノートに比べてトルクを向上させ、よりパワフルな取り回しができ、ワンペダル走行をさらにリーズナブルに変更している。アイドリング時のエンジン音の静粛性も向上させ、ノートとの違いを強調することで、販売増を目指している。

パワートレーンはe-POWERのみ。最高出力はノートより約20%向上、静粛性も高くなっている

 国内製にせずタイ工場で組み立てることにしたのは、現地でのニーズのほうが高く、グローバルでのトータル的な生産販売に優位との見方があるようだ。しかしながら、マーチの現行モデルが国内からタイに切り替えたことで、販売は極端に減少し、この戦略は失敗したといわれる。

 発展途上国での生産がイメージ的によくないとの印象があるからだ。こうしたことがキックスにも当てはまるとの見方もある。今後供給態勢が改善されず、キックスの販売が伸び悩めば、マーチの二の舞になるのではないかといった見方が強まる可能性もある。

■現場が語るキックスの販売状況

●証言1:首都圏日産店営業担当者
 新型キックスの受注は順調に伸びているが、納期が長引き大半は2021年にずれ込み、お客さんからの苦情が発生しており困っている。

 黒っぽいナイトベリーパープルだと2021年3月以降になっている。比較的生産枠の多い2トーンのプレミアムホライズンオレンジ、ブリリアントシルバー、チタニウムカーキの3色を優先的にすすめるようにしている。あまり待たせるとキャンセルされはしないかと心配している。

比較的生産枠の多いこの3色を、優先的にすすめている。プレミアムホライズンオレンジのみ2トーンとなる

 メーカーには試乗車と展示車を1台ずつ発注し、展示車は各店舗に1台ずつ配置するようにしたが、こちらでもよいというお客さんには売ってしまっているので、展示車のない店舗が多くなっている。

 試乗車は数台を用意しているが、全店舗に配置できないので、交代で回している状況にある。乗ってもらうとそのよさが理解して貰えるので、購入がすぐ決まるといった状況になっている。大部分は上級のXツートーンインテリアエディションで占められる。

●証言2:首都圏日産プリンス店営業担当者
 納期が遅れているのは人気が高く受注が集中しているせいもあるが、これ以外にコロナ禍の影響で、主に中国のサプライチェーンが寸断され、生産が滞りがちになっているためだ。

 それにタイで生産しているので、船で運ぶ期間が約1カ月もあるので、これも要因として上げられる。国内で生産すればもっとスムーズに供給できるようになると思うのだが。ボディカラーによる差もあるので、なるべく生産枠の多い色をすすめるようにしている。

 新型車なので、値引き条件は引き締めている。ナビ、ETC、ドライブレコーダー付きでも下取り車なしで3万円程度しか引いていない。

【画像ギャラリー】納期は長いが受注は好調! 日産期待のSUV「キックス」の詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ