ヤリスと競合で失速! 存続か!? 統合か!? 気になるアクアの一部改良&フルモデルチェンジ最新情報

 トヨタ「ヴィッツ」が「ヤリス」に生まれ変わり、2020年2月に登場したが、2011年に登場し9年が経過している「アクア」は最近優れない販売状況が続いている。

 そんなモデル末期となっているアクアだが、2020年8月に最後となる一部改良を行なうとの情報が入ってきた。また、2021年中盤に登場が予想されている新型についても、身内に競合車が多く統合も!? という、気になる動きが出てきた。

 今回は現行型アクアの一部改良に関する詳細情報と、ベストカーが新たにつかんだ新型の最新情報をお届けする。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】キャラがかぶってきた! アクア&ヴィッツ/ヤリスの変遷を追う


■苦戦の現行型が8月3日に最後の一部改良を実施

 トヨタは2020年8月3日に「アクア」を一部改良する。今回は現行モデルで最終の改良となる。2021年中盤には後継モデルに引き継ぐべく開発を進めているといわれるが、従来モデルのフルモデルチェンジではなく、違った商品戦略で臨む可能性もありそうだ。

現行型アクアのエクステリア。2017年のマイナーチェンジで意匠を大幅に変更した

 今回の一部改良はグレードの再編、装備の見直し、新ボディカラーの設定などである。

 グレードの再編はクロスオーバーテイストの「クロスオーバー」を廃止し、バックモニターを装備した特別仕様車の「クロスオーバー”グラム”」をカタログモデルに組み入れる。

2018年9月に登場した特別仕様車の「クロスオーバー”グラム”」がカタログモデルとなる

 装備の見直しは、「S」にオプション設定していたLEDヘッドランプを廃止し、ハロゲンヘッドランプの標準装備のみに。「Lグレード」に設定しているバックモニターのメーカーオプションを廃止し、ディーラーオプションに切り替え。「S」のビューティパッケージを廃止し、上級の「G」以上にディーラーオプションとして追加するなどだ。

 ボディカラーは、イエローとグレイメタリックを廃止し、新色のセメントグレイメタリックとダークグレイマイカを追加する。

 内外装のデザイン変更はないので、見た目の違いは新ボディカラーのみとなる。車両本体とオプション価格の変更はほとんどないが、クロスオーバー”グラム”はクロスオーバーに対してバックモニターを標準装備することで、10万1200円アップの219万8900円の設定となる。

 改良モデルはすでに事前の先行予約を受付けており、購入を申し込むと7月下旬現在納期は2カ月後の9月中旬以降となる。従来モデルの在庫もまだ若干残っており、グレード、ボディカラー、オプションパーツの装備希望に合致できれば、ナビ、ETC、ドライブレコーダー、コーティング装備で30万円以上の値引きが可能となる。改良モデルだと20万円程度に引き締まる。

 ただ9月いっぱいはキャンペーンを実施しており、バックモニターのサービスや下取り車調整などで大幅値引きがゲットできる状況にある。2020年6月のアクアの登録実績はわずか3034台で、前年同月比65.2%減と3分の1近くまで落ち込んでいる。今回の一部改良やキャンペーン展開で、どこまで回復できるか注目である。

■自社内に競合車多数 キープコンセプトか変革か? 新型の方向性は?

 気になる後継モデルは、2021年の中盤あたりの投入が予想される。ただ従来コンセプトを引き継いだ世代交代するだけでは存在価値がない。

「新型ヤリス」が2020年5月から全国でトヨタ全系列店併売になっているので、こちらの1.5Lハイブリッドモデルと競合してしまうからだ。次期後継モデルはヤリスと同じTNGAのプラットフォームを採用するものの、若干サイズアップし上級シフトすることで、室内の狭さをカバーするレイアウトを採用する見込みだ。

販売好調なヤリス。アクアとボディサイズが近く、ハイブリッドも設定されている。次期型アクアは、若干サイズアップさせることで競合を避ける可能性がある

 パワーユニットは、ヤリスと同じ新開発の1.5L直列3気筒ハイブリッドを搭載するが、ヤリスとのコンセプト分けを明確にするため、1.8Lクラスのプラスアルファの上級ユニットを追加する可能性もある。

新型ヤリスの公開時に、トヨタの開発者から次期アクアの状況について、『現在開発中です』という前向きな証言を得ているが、どのような戦略をとるのか(ベストカーが作成した新型の予想CG)

 ネーミングは「アクア」を引き継がない可能性もある。ヴィッツがグローバルで使われている「ヤリス」に名称変更したように、アクアも北米を中心に「プリウスS」が使われている。こうなると「アクア」は廃止となり、プリウスシリーズに統合されることになるかも知れない。

 また、クラスでいえばヤリスと同等であるから、ヤリス1.5Lと統合されるとの見方もある。こうなるとアクア自体がモデル廃止となる可能性も否定できない。

■現場が語るアクアの現状と新型の動向

●証言1:首都圏トヨタ店営業担当者
 新型ヤリスが2020年5月から全トヨタ系列店の併売になってから、アクアの売れ行きが急速に落ちている。

 ヤリスの1.5Lハイブリッドと競合し、こちらのほうが新開発エンジンで室内が広いので、ヤリスに代替えするユーザーが多くなり、アクアの存在価値がなくなっている。今回の一部改良で販売が回復しないとヤリスハイブリッドに統合されてしまう可能性もある。

●証言2:首都圏トヨペット店
 次期型アクアは従来コンセプトを引き継ぎ、ひと回り大きくなって世代交代するのと廃止されるとの両説がある。

 現時点であれば、新型ヤリスハイブリッドでカバーできているので必要ない存在であるのも確かだ。アクアは背が低くスタイリッシュな分、後席が狭い。ヤリスは背が高いので広く感じる。

 アクアはひと回り大きくなると、上級のプリウスとの競合が発生する。今トヨタは国内での大幅な車種削減策を進めているので、その一環になる可能性もある。

●証言3:首都圏カローラ店営業担当者
 ヤリスが扱えるようになってから、アクアの売れ行きが急減している。もともとアクアはヤリスの前身であるヴィッツをベースにハイブリッド専用モデルとして投入した。新型になっても売れ行きは回復しないで、ヤリスハイブリッドが売れなくなるだけだ。

●証言4:首都圏ネッツ店
 新型ヤリスが、全トヨタ系列店の併売になったことでアクアの役目は終わったといえる。次期型では上級シフトさせ、より走りのポテンシャルアップを図るなど、大きなコンセプト変更をしない限りは人気復活は難しいと考える。

【画像ギャラリー】キャラがかぶってきた! アクア&ヴィッツ/ヤリスの変遷を追う

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ