似て非なる双子車 86&BRZは初志貫徹で進化を続けた!!

 2020年7月20日をもって受注を終了したというニュースがあったスバルBRZ。そうなれば、双子といっていいトヨタ86も近いうちに販売終了となるだろう。

 というのも86もBRZと同じく、スバルの群馬製作所本工場で生産されているので、BRZが生産終了となる以上、86も近いうちに生産は終了するはずだ(86の生産終了記事については現在調査中で、近日中に詳細を報告)。

 現行型を締めくくるといういま、これまで歩んできた2台を振り返ってみたい。

 双子とはいえ、違ったテイストを持っていた86とBRZは、最終的にどんな違いを生み出していたのだろうか?

文:橋本洋平/写真:TOYOTA、SUBARU、池之平昌信、平野学、青山勝己、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】86/BRZの8年間にわたる地道な切磋琢磨の歴史をフラッシュバック!!


デビュー時の86はドリフト志向

2012年2月にデビューしたトヨタ86(左)とスバルBRZ(右)は共同開発車ながらデビューした時から独自のテイストを持っていた(写真はマイチェン後)

 思い返すこと8年前の2012年春。その頃の話題といえば、86とBRZの走りは一体何が違うのか? ということに注目が集まっていた。

 基本コンポーネントは変わらずだったが、足回りだけは独自の考えがあり、セットアップの方向性が異なっていた。

 86はドリフトを意識した仕上がりであり、フロントサスペンションを柔らかく設定。ブレーキングをすれば即座にフロントが沈み込み、それをきっかけにしてリアが滑り出すような仕立て方だった。

86はブレーキングできっかけを作り、テールスライドが楽しめるセッティングが施されていた。昔ながらもわかりやすいFRの挙動だ

 そこにプリウス譲りのさほどグリップの高くないタイヤが組み合わされることで、誰もがテールスライドを味わえるようなフレンドリーな仕立てだったことを思い出す。

 副産物としてフロントからの入力が軽減されており、マイルドな一面もあった。

デビュー時のBRZはリアの安定性を重視

BRZはFRながらシンメトリカルAWD車と同様にリアの安定性を重視したセッティングが施されていたので86よりもスタビリティが高かった

 対するBRZの考えはFRレイアウトであろうともリアの安定性を失わないようなセットアップだったと感じる。必要以上のノーズダイブを嫌い、86に比べればフロントのスプリングを硬めにセット。

 結果としてスタビリティは86に比べて高かった。けれども、それでスライドコントロールができないわけじゃない。乗り手次第ではBRZであっても振り回すことは可能だったし、むしろ高速コーナーではBRZのほうが高い次元でのドリフトが可能だった。

 ひとつ面白かったのは、BRZは全車バッテリーが大きかったこと。86で言うところの寒冷地仕様が標準だった。高いスタビリティと寒冷地を考えた設定は、さすが4駆マニアのスバルが造ったFRなのだと妙に納得できるところがあったのだ。

86に比べるとドリフト状態に持っていくのは難しかったBRZだが、リアのスタビリティが高いがゆえに、いったん持ち込めればハイスピードドリフトも可能

ビッグマイチェンでも初期コンセプトを踏襲

 ともに年次改良を果たし、次々に粗さが取れてくる印象があったが、最も激変したのは通称E型と呼ばれたビッグマイナーチェンジだ。

 エンジンパワーの向上やファイナルギアの変更、さらには足回りのセットアップなども見直しやスタビリティコントロールの介入の仕方までが改められ、どの領域でもリニアさが増していたことが印象的だった。

2016年にマイチェンしてパワーアップ、空力面の見直しなど外観の変化は小さいが中身は大幅にアップデートされた。写真は86の開発責任者の多田哲哉氏

 さらに外観は意匠変更も行われて洗練されたが、実はこの時にともに注力したのが空力だ。そこでも興味深かったのは、ともに注力した方向性が初期モデルと同様だったことだった。

 86はフロントのダウンフォースを増して操舵の効きを目指したかに感じられ、いっぽうでBRZはあくまで前後バランスを求めてスタビリティ重視としていたかに思えたのだ。

86と同時にビッグマイチェンを受けたBRZだが、前後バランスを求めてリアのスタビリティ重視という初志貫徹の姿勢を崩さず

レースでも違いが顕著に現れた

 こうした印象の違いは僕が参戦していたGAZOO Racing 86/BRZ Raceのエントラントからも聞こえてきた。高速コーナーがあるコースでは、86のほうがノーズの入りがよかったというのだ。

 たしかにBRZが上位に食い込むのはダウンフォースをそれほど必要としないコースが多かった。

 真偽のほどは定かではないし、同じセットアップで乗り比べをしたことがないので断定はできないが、いずれにしてもエクステリアの差は何らかの影響をもたらしていたことは間違いなさそうだ。

Gazoo Racing86/BRZはタイヤやセッティングなど参戦マシンで違うが、86とBRZでは明らかにコーナリングひとつとっても挙動が違っていた

86GRはBRZ寄りのフィーリング!?

 86とBRZの違いはコンプリートモデルにおいてもテイストが異なっていた。86ではGRMNというエンジンまでチューニングを施したモンスターが生まれたが、BRZと比較しやすかったのはシャシーチューニングを行った86GR。

 対するスバルは同様にシャシーチューニングを行ったBRZ STI SPORTである。

2015年のGRMNに続き、マイチェン後のモデルをベースに86GRが2017年に登場。各所の補強によりボディ剛性もアップ

 86GRはステアリングラックブレースやリアメンバーブレースを追加。その上でザックス製のショックアブソーバーを追加したほか、対向キャリパーを奢っていた。

 また、特徴的だったのは前後でサイズの異なるタイヤを装着していたことだ。フロント215、リア235をチョイスして17インチで仕立てていたのだ。

 走ればリニアさが際立つフィーリングがありつつ、安定感を手にしていたことが印象的。ちょっとBRZ寄りになったかに思えた内容だ。レーシーでありながらストリートを許容するエアボリュームのあるタイヤとのマッチングが絶妙。

 リアタイヤを太くしてスタビリティを生み出しながら、高速コーナーではフロントのダウンフォースで曲げて行ける仕上がりがあった。

 また、ストッピングパワーも絶大であり、初期制動からシッカリと減速Gが立ち上がりつつ、踏力を抜く方向でのコントロール性も際立っていた。

前後で異なるサイズのタイヤを装着し、ブレーキも強化された86GRスポーツはレーシーに仕上げられていたが、ストリートともに高いポテンシャルを発揮

STI SPORTはヤンチャになったBRZ

 対するSTI SPORTはSTIの十八番といっていいフレキシブルVバーやフレキシブルドロースティフナーを装備。足回りはこちらもザックスを採用したが、専用セットとなっていた。

 タイヤは前後ともに215サイズの18インチ。タイヤ銘柄はGRと同様のミシュラン・パイロットスポーツ4。GRに比べれば変更点はこれくらいで、リーズナブルに仕立てられていた。

STIが手掛けたモデルとして特別仕様車のtSもあったが、STI SPORTはBRZの最上級グレードとして2017年に追加された

 しかし、走り始めればGRとはまるで性格が異なりハードな方向性だった。ロール剛性を高めてかなり引き締められた感覚であり、ハーシュネスも大き目の印象だったのだ。

 もちろんそこには18インチの採用も要因としてあるだろうが、鋭さは際立っていた。どちらかといえば、フラットな路面を得意とするタイプだ。ドロースティフナーを装着したことで、ステアリングの切りはじめからのリニアさが備わっていた。

86GR SPORTが17インチタイヤだったのに対し、STI SPORTは18インチを採用。ロール剛性も高められ、引き締められた印象

 ブレーキは基本的な部分での変更はなく、あくまで踏力に応じてGが高められるイメージ。GRに比べるとフロントのダウンフォースは少なく、安定方向重視のBRZの考えは変わらず。

 総じて言えることは、ちょっとヤンチャになったBRZ。ちょっと86寄りになったということかもしれない。

86、BRZとも違うテイストを生み出した

 ともにまったく異なるアプローチを行い、頂上を目指した86とBRZ。切磋琢磨したこの8年は実に面白い戦いだったと感じている。

 結果として近づいたかに思える2台だが、やはりどこか違うテイストを生み出したことは、日本車にとって、そして日本人にとって財産だったと感じている。

 トヨタとスバルが持つ老舗の味が、最終的に86とBRZに確実に受け継がれている。

 いまスバルは企業別平均燃費規制(CAF?)という壁が立ちはだかり、次期BRZを誕生させられないかもしれないという噂が出ている。

 だが、そこを何とか乗り越え、これまで戦い続けてきた86とBRZの戦いを継続してほしい。互いの味を支持してきたファンを裏切らないためにも。

早ければ2021年春のデビューが噂されている新型86/BRZ。8年間にわたる初代の切磋琢磨が生かし、FRスポーツの第2ステージに突入する

【画像ギャラリー】86/BRZの8年間にわたる地道な切磋琢磨の歴史をフラッシュバック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ