【キューブ、オデッセイ…】そこそこ売れてるけどもっと売れていい車 5選


 日本の市場環境に適した実用性を備えながら、売れ行きを伸ばせない商品はさまざまなカテゴリーに見られる。

 クルマの場合は、居住性、積載性、取りまわし性など日本のユーザーが求める機能を高いレベルで満たし、なおかつ価格も妥当なのに、販売台数が低迷する車種になる。

 低迷の理由は大きく分けて2つあり、まずはデザインだ。家庭電化製品などもデザインは大切だが、クルマは重要度が格段に高く、いくら実用性が優れていても見栄えが良くないと売れない。

 2つ目はメーカーの宣伝力やディーラーの販売力だ。優れた商品でも十分な宣伝が行われず、ディーラーも販売に力を入れなければ、ユーザーに商品の良さが伝わらず売れ行きも伸ばせない。

 この傾向は概して機能のバランスが優れた車種に多い。さまざまな機能を偏りなく高めた結果、デザインを含めてインパクトを伴った特徴が薄れ、言い換えれば地味になって販売が低迷しやすい。

 昔は地味でも飽きのこない堅調に売れるクルマに力を入れたが、今はメーカーとディーラーにその余裕がなく、埋もれた存在になってしまう。

 残念なことだから、改めていまひとつ売れない優れたクルマを掘り起こしたい。

文:渡辺陽一郎 写真:SUZUKI、NISSAN、HONDA


■スズキ スペーシア 2017年8月販売台数6699台

スペーシア

 まずは軽自動車のスズキスペーシアだ。売れ行きはN-BOXやタントに負けるが、機能のバランスは優れている。

 次期型の市販車に近いコンセプトモデルが第45回東京モーターショー(2017年10月28日から一般開催)に出品されるので、モデル末期だがその良さを検証したい。

 スペーシアは背の高いボディを備えながらも車両重量が軽く、標準ボディのXは850kgだ。スライドドアを備えた全高が1700mmを超える軽自動車では、唯一900kgを下まわる。

 自然吸気のノーマルエンジンでも動力性能の不足を感じにくく、マイルドハイブリッドの搭載でJC08モード燃費は32km/Lに達する。この数値も全高が1700mm以上の軽自動車では最も優れている。

 シートアレンジは多彩で荷物を積みやすく、なおかつ後席の座り心地を快適に仕上げた。

 緊急自動ブレーキを作動できる安全装備にはデュアルカメラブレーキサポートが採用され、センサーに2個のカメラを使うから歩行者も検知できる。収納設備も多彩で、価格は充実装備のXが145万8000円と割安だ。

 それなのに売れ行きが伸び悩む理由は外観にある。全高が1735mmだからN-BOXやタントに比べて背が低く、車内が広そうに見えない。

 N-BOXは軽乗用車では最大の室内空間を備え、タントは左側のスライドドアにピラー(柱)を内蔵させて前後ともに開くと開口幅が1490mmに拡大するが、スペーシアにこのような突出した特徴はない。機能のバランスが優れている代わりに、存在が目立たず売れ行きが伸び悩んだ。

■日産 キューブ 2017年8月販売台数470台

キューブ

 背の高いコンパクトカーでは日産キューブが挙げられる。全長を4m以下に抑えながら車内は広く、内装には和風のテイストを盛り込んでリラックスできる雰囲気に仕上げた。

 クルマは移動のツールだから、大半の車種が外観で「速さ」をイメージさせるがキューブは違う。「心地好い空間だから、ゆっくり走って長く乗っていたい」と思わせる。

 水平基調のボディはウインドウの下端が少し高いが、前後左右ともに視界はおおむね良く、四隅の位置も分かりやすい。

 日本の道路環境とユーザーの気持ちに合った共感を得やすいクルマだが、愚かな話で日産はキューブをほとんどケアしていない。

 緊急自動ブレーキは用意されず、アイドリングストップは追加したがJC08モード燃費は19km/Lにとどまる。次期型の開発は凍結された。

 日産はノートe-POWERの販売が好調と喜ぶが、この中には発売から9年を経過したキューブのユーザーも多く含まれる。日産の小型車には設計の古い車種が多く、ユーザーの不満と諦めがノートの売れ行きを押し上げた。

次ページは : ■スズキ イグニス 2017年8月販売台数706台

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ