新車情報掴んだ!! 10月刷新で1.8Lターボ搭載へ フォレスターが新型へ生まれ変わる!!

 北米スバルが、2020年8月19日に2021年仕様の「フォレスター」を発表。2020年10月に米国市場で発売される予定となっている。

 国内でも、現在受注調整に入っているフォレスターだが、その新型が2020年10月22日に登場し、これまでの2.5L NAに替わり新エンジンを搭載するという衝撃の情報を入手した!!

 このほかにも、2021年モデルでは最新のアイサイトを、全グレードに標準装備。レーンセンタリングとレーン逸脱防止機能が備わるという情報も出てきているが、新型レヴォーグで搭載された「アイサイトX」の搭載はあるのか?

 スバルの屋台骨である人気SUVがどう変わるのか? 注目の最新情報を一挙お届けする。

文/遠藤徹
写真/SUBARU、編集部

【画像ギャラリー】ついに新エンジン搭載へ! 現行型フォレスターの詳細をチェック!!

■2.5L NA廃止で1.8Lターボ搭載へ! アイサイトはどうなる!? 注目の新型情報

 スバルは10月22日、フォレスターをマイナーチェンジする。今回は現行モデル発売後2年経過での中規模の改良といった位置づけといえる。

 最も大きな注目ポイントは従来の2.5L NAを廃止し、新型レヴォーグに搭載している新開発の1.8Lターボを移植する。現行2.5L NAは「ツーリング」「プレミアム」「Xブレイク」の3グレード構成であり、これらとほとんど同じグレードと装備内容で新パワーユニット搭載モデルに置き換えられる見込みだ。

写真左がハイグレードモデル「Premium(プレミアム)」、写真右がアクティブさをより際立たせた「X-BREAK(Xブレイク)」シンメトリカルAWDと「Xモード」、スバル車のなかで最も高い車高(220mm)でどこへでも行ける頼もしさがある

 2Lマイルドハイブリッド車のe-BOXERエンジンの「アドバンス」は変更なくほとんどそのままの継続となる。

 CVT、フルタイム4WDとの組み合わせには変更ない。新型レヴォーグには新開発の高度運転支援システムである「アイサイトX」装備グレードを設定しているが、今回マイナーチェンジするフォレスターは採用せず、従来型の「アイサイトツーリングアシスト」を継続する。

先代レヴォーグに搭載されていた「アイサイト ツーリングアシスト」を搭載する。0km/h~約120km/hの幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストする

 ドライバーの顔を認識し、安全運転を見守る先進機能である「ドライバーモニタリングシステム」はこれまでe-BOXERエンジン搭載車であるアドバンスのみのメーカーオプション設定だったが、改良バージョンでは1.8Lターボの上級グレードにも拡大採用する見込みである。

 現行ラインアップの車両本体価格は2.5L NAが286万~308万円に対して2L e-BOXER搭載のアドバンスは315万7000円と上級の価格設定であるが、1.8Lターボは性能&燃費向上などのコストアップによって、20万円程度の値上げになるため、アドバンスを上回り、最上級グレードに位置づけられることになりそうだ。

 内外装、各グレードの装備内容、ボディカラーのラインアップは従来モデルとほぼ同じである。9月末に価格を決めて先行予約の受付をスタートさせる見通しである。

 現行フォレスターの発売は2018年6月20日であり、次期型に引き継ぐのは3年後の2023年中盤あたりが有力である。それまではビッグマイナーチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良などが毎年行われることになる。フルモデルチェンジする世代交代期にはさらに進化した「アイサイトX」を装備するのは確実である。

■新型は引き締め確実! 値引きを期待するなら現行型が吉

 現行シリーズは最終モデルの生産枠が定められ、グレード、ボディカラー、メーカー&ディーラーオプションの発注範囲が次第に限定されるようになっている。

 2.5L NAエンジン搭載車は生産中止になるとの情報が伝わり、惜しむユーザーが買い求めるケースがつい最近になって多くなっている。ボディカラーは人気の高いクリスタルホワイトパール、アイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカ、マグマタイトグレーメタリックの生産枠はまだかなり残っているが、ほかは品切れ状態になりつつある。

こちらは2019年7月の一部改良で追加された新色「マグネタイトグレーメタリック」。人気色の生産枠はまだかなり残っているようだが、欲しいのであれば早めが吉だ

 首都圏にあるスバル店で現行フォレスター「アドバンス2.0L e-BOXER(車両本体価格331万1000円)にパナソニックビルトイン(ナビ、リアカメラ、ETC2.0、ドライブレコーダーがセット)、ベースキット(バイザー/ライナー/スプラッシュ)、ディスプレイコーナーセンサー、カーゴマット、グラスコート、メンテナンスキットなどのオプション&付属品合わせて65万円強をつけて、弾いて貰うと法定、法定外費用を合わせて425万円強と出た。

 下取り車なしでの初回値引き提示額は車両本体から20万円、オプション&付属品から定価の15%程度、合わせて30万円強となった。これがマイナーチェンジ車だと全体で10万円程度に引き締められる見込みだから、安く買いたいのなら今がチャンスといえる。

■現場が明かす 10月登場モデルの真相

●証言1:首都圏スバル店営業担当者
 フォレスターは10月22日にマイナーチェンジし、従来の2.5L NAに代わり、新型レヴォーグに積んでいる新開発の1.8Lターボ搭載車を設定するとメーカーから連絡が来ているが、それ以上の詳細な商品内容はまだ明らかになっていない。

 これまではフルモデルチェンジする新型車の場合、2年経過でのマイナーチェンジでは中規模の変更だから、パワーユニットの乗り換え以外は大幅な手直しはないと予想している。

 外観は同じでボディカラーも同様である。新型レヴォーグに新規採用した「アイサイトX」は次のフルモデルチェンジ時に採用されるだろう。新規開発でないと機構上無理だからである。

 9月末までには詳細な内容と価格が提示され、先行予約の受付が開始となる見通しだ。この分だけでも納期は年内ぎりぎりか来年に持ち越される可能性がある。

 現行モデルはグレード、オプション、ボディカラーに枠が定められ、好みのものが次第に選べなくなっている。ボディカラーはホワイト、シルバー、グレー、ブラックはまだ用意できるが、ほかの色はほとんどない状況にある。

 2.5L NAはなくなるので希望するお客さんが増えている。アドバンスを購入するのであれば、安く買える現行モデルのほうが買い得といえる。9月下旬あたりまではほとんど売れ切れてしまう可能性がある。

【画像ギャラリー】ついに新エンジン搭載へ! 現行型フォレスターの詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ