フォレスターが新型へ生まれ変わる!! 10月刷新で1.8Lターボ搭載へ

フォレスターが新型へ生まれ変わる!! 10月刷新で1.8Lターボ搭載へ

 北米スバルが、2020年8月19日に2021年仕様の「フォレスター」を発表。2020年10月に米国市場で発売される予定となっている。

 国内でも、現在受注調整に入っているフォレスターだが、その新型が2020年10月22日に登場し、これまでの2.5L NAに替わり新エンジンを搭載するという衝撃の情報を入手した!!

 このほかにも、2021年モデルでは最新のアイサイトを、全グレードに標準装備。レーンセンタリングとレーン逸脱防止機能が備わるという情報も出てきているが、新型レヴォーグで搭載された「アイサイトX」の搭載はあるのか?

 スバルの屋台骨である人気SUVがどう変わるのか? 注目の最新情報を一挙お届けする。

文/遠藤徹
写真/SUBARU、編集部

【画像ギャラリー】ついに新エンジン搭載へ! 現行型フォレスターの詳細をチェック!!


■2.5L NA廃止で1.8Lターボ搭載へ! アイサイトはどうなる!? 注目の新型情報

 スバルは10月22日、フォレスターをマイナーチェンジする。今回は現行モデル発売後2年経過での中規模の改良といった位置づけといえる。

 最も大きな注目ポイントは従来の2.5L NAを廃止し、新型レヴォーグに搭載している新開発の1.8Lターボを移植する。現行2.5L NAは「ツーリング」「プレミアム」「Xブレイク」の3グレード構成であり、これらとほとんど同じグレードと装備内容で新パワーユニット搭載モデルに置き換えられる見込みだ。

写真左がハイグレードモデル「Premium(プレミアム)」、写真右がアクティブさをより際立たせた「X-BREAK(Xブレイク)」シンメトリカルAWDと「Xモード」、スバル車のなかで最も高い車高(220mm)でどこへでも行ける頼もしさがある

 2Lマイルドハイブリッド車のe-BOXERエンジンの「アドバンス」は変更なくほとんどそのままの継続となる。

 CVT、フルタイム4WDとの組み合わせには変更ない。新型レヴォーグには新開発の高度運転支援システムである「アイサイトX」装備グレードを設定しているが、今回マイナーチェンジするフォレスターは採用せず、従来型の「アイサイトツーリングアシスト」を継続する。

先代レヴォーグに搭載されていた「アイサイト ツーリングアシスト」を搭載する。0km/h~約120km/hの幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストする

 ドライバーの顔を認識し、安全運転を見守る先進機能である「ドライバーモニタリングシステム」はこれまでe-BOXERエンジン搭載車であるアドバンスのみのメーカーオプション設定だったが、改良バージョンでは1.8Lターボの上級グレードにも拡大採用する見込みである。

 現行ラインアップの車両本体価格は2.5L NAが286万~308万円に対して2L e-BOXER搭載のアドバンスは315万7000円と上級の価格設定であるが、1.8Lターボは性能&燃費向上などのコストアップによって、20万円程度の値上げになるため、アドバンスを上回り、最上級グレードに位置づけられることになりそうだ。

 内外装、各グレードの装備内容、ボディカラーのラインアップは従来モデルとほぼ同じである。9月末に価格を決めて先行予約の受付をスタートさせる見通しである。

 現行フォレスターの発売は2018年6月20日であり、次期型に引き継ぐのは3年後の2023年中盤あたりが有力である。それまではビッグマイナーチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良などが毎年行われることになる。フルモデルチェンジする世代交代期にはさらに進化した「アイサイトX」を装備するのは確実である。

次ページは : ■新型は引き締め確実! 値引きを期待するなら現行型が吉

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ