新型レヴォーグ事前予約開始!! ワゴン界のハリアーになれるのか?


 昔は新型車の発表と発売開始はほぼセットになっていたが、今は新型車の発表と発売時期が大きくズレるケースが多くなっている。

 2020年上半期で最もクルマ界で注目されたクルマである新型ハリアーは、4月にプロトタイプ公開→5月に事前予約開始→6月に正式発表&発売開始となり、デビュー1か月後の時点で4万5000台を受注した。

 今回取り上げるスバルの最新ワゴンのレヴォーグは、11月下旬の発売開始の約3カ月前に事前予約の受け付けを開始。

 これは初期受注を多く稼ぎたい、というのが理由だと思われるが、新型レヴォーグは新型ハリアーのように大量オーダーを獲得できるのか?

 かなり長期間にわたり実車がない状態での商談になるレヴォーグの販売について、渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:SUBARU、TOYOTA、奥隅圭之、池之平昌信

【画像ギャラリー】事前予約の段階で最も人気が高い最上級グレードのSTIスポーツ大研究!!


日本の新車販売におけるワゴン比率はわすか2~3%

スバル期待のワゴンである新型レヴォーグは2020年10月15日に正式発表となるが、すでに8月20日から事前予約の受け付けを開始している

 SUVが好調に売れて車種を増やすいっぽうで、大幅に減ったのがワゴン(正確にはステーションワゴン)だ。

 人気の高かったトヨタカルディナ&マークIIブリット、日産アベニール&ステージア、ホンダアコードツアラー、三菱レグナムなどは、すべて廃止された。

 現存する国産ワゴンは、レヴォーグ、カローラツーリング&フィールダー、マツダ6ワゴン、シャトル程度に限られる。

 しかもマツダ6ワゴン、シャトル、カローラフィールダーは、発売から5年以上を経過した。注目される人気のワゴンは、実質的にレヴォーグとカローラツーリングのみになる。 

 その結果、ワゴン市場の売れ行きは下がり、今では国内の新車販売台数に占めるワゴン比率は2~3%だ。

ワゴン受難の時代にあってカローラツーリングは販売面で大健闘。新しいワゴンはカローラツーリングと新型レヴォーグの2車種のみ

実車を見てから商談を開始すれば早期納車は無理

 そこで期待されるのが新型レヴォーグになる。2020年8月20日に先行予約が開始され、10月15日に正式な報道発表を行う。スバルの販売店によると、納車を伴う「発売」は11月27日になるという。

 このスケジュールは、ユーザーにとってわかりにくい。販売店では8月20日には価格を明らかにして受注を開始したが、メーカーなどのホームページには、9月上旬時点でも価格が掲載されていない。そして販売店では、展示車もない状態で商談と契約をしている。

新型レヴォーグは東京モーターショー2019でほぼ市販モデルに近いプロトタイプを初公開したこともあり、市販モデルは大きくイメージは変わらない

 ワゴンはミニバンやSUVに比べて天井が低く、重心も下がるから走行安定性と乗り心地を向上させやすい。ワゴンにとって走りは大切な機能だから、試乗を行い、納得してから購入したい顧客も多い。

 従来型レヴォーグのユーザーは、なおさらだろう。ボディサイズなどは同等だから、新型の気になる違いは、走行性能、乗り心地、運転支援機能などだ。そこは実際に運転しないとわからない。

 スバルの販売店では、「試乗車が入る日程は不明ですが、11月27日の発売以降です。先行予約は8月20日に開始したので、試乗した後で契約すると、納期は2021年の春頃になる可能性が高いです」という。

 要は実車を見ずに契約するリスクを負うか、これを避けて納期遅れを我慢するか、という選択になる。

マスコミ向けにプロトタイプの試乗会が開催され、そのハンドリングを絶賛する人多数。従来型のレヴォーグから大きく進化している

次ページは : 事前予約の初期段階ではレヴォーグオーナーが中心

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ