ホンダ NSX 生誕30周年! 国産初のスーパースポーツが変えた「常識」


■“ほぼ専用設計”異例づくめのNSXとタイプR誕生

NSX タイプR

 NSXは、年号が昭和から平成に変わった1989年2月に初めて姿を現した。お披露目されたのはシカゴショーで、このときは「NS-X」を名乗っている。

 参考出品から正式発表までの1年半、NSXはテストコースだけでなくドイツのニュルブルクリンクサーキットに持ち込まれ、過酷な耐久テストを行った。評価ドライバーにはF1ドライバーのアイルトン・セナと中嶋悟も名を連ねている。

 1990年9月14日、NSXは秘密のベールを脱いだ。ほとんどの工程を専用設計としたNSXは栃木に専用工場を建設し、ここで1日25台のペースで生産を行っている。期待のスーパースポーツの開発には膨大な投資を伴ったが、ホンダは800万円というバーゲン価格で販売を開始した。これも大胆な販売戦略だ。

 が、初期モデルはハンドリングにクセがあった。コーナリング中に駆動力が抜けたり、ウエット路面になると挙動が落ち着かなかったのだ。また、リアタイヤの磨耗も驚くほど早いなど、バランス感覚は今一歩だった。

 ホンダのエンジニアはこれらのウイークポイントを短期間のうちに修正し、実力をフルに引き出せるように改良している。

 1992年11月にはレーシングテクノロジーを結集し、ドライビングプレジャーを徹底的に追求したNSX「タイプR」を限定発売の形で送り出した。極限まで軽量化(120kg)した究極のNSX、それがタイプRだ。

 1995年春のマイナーチェンジでは時代を先取りしたドライブ・バイ・ワイヤやシーケンシャル4速ATを導入し、ルーフ部分を脱着できるタイプTも投入。

 また、1997年2月にはタイプRを惜しむファンの声に応えてタイプSを追加。エンジンはC30A型に代えて3.2LのC32B型V型6気筒DOHC・VTECを搭載。5速MTはクロスした6速MTへと進化した。

 また、レカロ製のフルバケットシートを装備し、サスペンションは専用チューニング、アルミホイールはBBS製の鍛造だ。

 2001年、大胆なフェイスリフトを行い、ヘッドライトを固定式に変更している。そして2002年5月には第2世代のNSXタイプRが登場。軽量化に加え、オートクレープ製法を用いたエアロパーツなどでエアロダイナミクスを向上させている。

■NSXが変えたスーパースポーツの常識と現在

スーパースポーツの世界で長く愛されている「NSX」

 NSXは、走りの実力が問われるスーパースポーツの世界で15年以上も日本を代表するスポーツカーの座に君臨し、ヨーロッパのスポーツカーのその後に多大な影響を与えた。

 NSX以降のスーパースポーツは快適性が飛躍的に高まったし、信頼性も大きく向上している。常にライバルの目標であり続けたのは、基本設計が素晴らしかったからだ。

 2005年夏に販売を終了したが、それ以降もNSXは憧れの存在であり続けている。多くのスポーツカーに刺激を与えたNSXの生産打ち切りから11年、2代目NSXが姿を現した。

 3.5LのV型6気筒DOHCツインターボに加え、モーターを加速やコーナリングに活かした3モーター・ハイブリッドのスポーツハイブリッドSH-AWDを採用し、トランスミッションはツインクラッチの9速DCTだ。

 アメリカ生まれ、アメリカ育ちの2代目NSXは痛快な加速を多くの人が楽しめ、トルクベクタリングの採用によって気持ちいいコーナリングを楽しむことができる。

 だが、初代と違ってクルマが重いから軽快感は薄く、操る楽しさもちょっと物足りない。

 2代目のNSXが登場した今になると、初代モデルの魅力が再確認できるし、凄さもよくわかる。初代NSXは、不世出のスーパースポーツだった。

【画像ギャラリー】長く愛される「ホンダ NSX」を写真でチェック!