灼熱の中の挑戦!! 人気声優レーシングチームVART エビス12時間耐久レース完走!!!

 2020年8月1日、人気声優レーシングチーム・ヴォイスアクターズレーシングチーム(VART)ヴァートが、真夏の12時間耐久レースに挑戦した!

 初めてフルメンバーで挑んだ耐久レースの結果は!?

【三木眞一郎、浪川大輔ら参戦!!!】 声優業界初のレーシングチーム その名も「VART」始動!!
【独占! 真冬の初陣!!!】声優レーシングチーム「VART」本格始動!その舞台裏に密着!!!
【独占】声優レーシングチームVARTに2台目の「ハチロク」出現! そのウラ事情とは??
大人気声優レーシングチーム「VART」 熱血ドライビング合宿 完全密着レポート

【画像ギャラリー】暑さ、雨、そしてアクシデント… 難題続々のなか見事完走を果たしたVARTの勇姿をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです。文中敬称略
文:プリウス武井/撮影:平野 学、HORONA/協力:VART委員会/BLITZ
初出:『ベストカー』 2020年9月26日号


■前回のドライビングトレーニング合宿の成果は活かせたか?

 2020年8月1日に開催された、恵比寿サーキット主催の「エビス12時間耐久レース」にVARTが挑戦! ベストカーWebでもレポートした、6月末に実施された熱血合宿は、このレースに向けた布石だった。

 VARTがレースにチャレンジするのは、今年1月の富士7時間耐久レース以来2度目。今回は初のフルメンバーでレースに臨んだ。超多忙のメンバーが全員参加できたのは、まさに奇跡的だ。

当日はコロナ禍の影響で観客を呼べなかったが、VARTメンバーの強い要望でチームを支援してくれているサポーターに向けたライブ配信を実施。メンバーカラーのマスクは主将、三木さんが自腹で用意してくれた
この日、ニューヘルメットが初お披露目となった。
自分のカラーでオリジナルペイントされた新品のヘルメットを手にしたメンバーは、さらに本格的なレースへチャレンジするモチベーションが上がったようだ

 チーム監督の三間雅文と主将の三木眞一郎は、非公認レースながらもすでに4輪レースデビューは果たしているけれど、浪川大輔、石川界人、畠中祐は、ここがデビューレースとなる。

 特に畠中祐は、若葉マークが手放せない初心者。まともに走れるのかスタッフ一同、初めてお使いに行く子供を見守るような気持ちだ。

今年3月に運転免許を取得したばかりの若葉マーク・畠中祐がレースデビュー!

 8時10分から40分間の予選。浪川、石川、畠中はエビスサーキットを走行するのは初めてのため、予選の順位は捨ててコースを覚える時間に割くことにした。

 まずは浪川がステアリングを握りコースイン。

 しかし、今年からエビスサーキットでも導入されたFCY(※)のテストが発動されアクセルを床まで踏むことなく石川にドライバーチェンジ。

※FCYとは…フルコースイエローの略称。コース上でアクシデントがあった際、危険だと判断された時に発動される。FCY発動中は60km/h(サーキットにより違いがある)で走行して追い越し禁止。守らないとペナルティが課せられる。

 石川には初めてのコースだから探りながら走るようにアドバイスしてコースイン。3ラップを消化したところ86が戻ってこない! 10%の下り勾配からの右コーナーの進入でブレーキングミスをしてオーバーラン。

朝の予選でアクシデント発生! 10%の下り勾配で痛恨のブレーキングのミスでコースアウト。昨夜の雨でランオフエリアがぬかるんでいたため止まらずに土を盛った堤防に激突してしまった

 ぬかるんだエスケイプゾーンに足を取られ堤防に接触して走行不能になった。レースマシンはクラッシュしてもドライバーを保護する装備は万全だから石川に怪我はない。でも精神的なダメージは大きいようだ。

 走行不能になったマシンがピットまで運ばれてきた。BLITZスタッフがマシンに駆け寄り、すばやくチェック。見た目以上の損傷にレースは諦めムード。

マシンが戻ってくるとBLITZスタッフが状況を確認。見た目以上にサスペンションの損傷が激しくとても走れる状態ではなかった。しかし、すばやい判断で持ち込んでいた2号機からパーツの移植を決断。レースに出走できるかはBLITZ頼み

 そこに救世主が登場。三間監督だ。不測の事態に備え自腹で製作した2号機を持ってきていた。三間監督には申し訳ないが遠慮なくパーツを移植。

 約2時間でマシンを修復したBLITZの技術力の高さを再確認した。

BLITZの作業を心配そうに見守るメンバー。這いつくばって覗き込んでいるのは、このアクシデントで練習走行できなくなった畠中祐
BLITZスタッフの頑張りでマシンが復活! すでにレースはスタートしていたが9時間30分後のチェッカーを目指す
ミキシンとBLITZ広報小林さんのGOODがグッとくる

 すでにレースはスタートしていたが86がコースイン。スタートドライバーは浪川。9時間30分後のチェッカーを目指す。予報に反して快晴となったエビスサーキット。

 声優界でも有名な雨を操る男を封印したまま夏の暑さのなか浪川は約60分間の走行。暑さと戦いながら無事にピットに戻り、スタートドライバーとしての責任をまっとうした。

スタートドライバーの大役は副主将・浪川大輔。冷静に約60分を走り切り若葉マークの畠中祐にドライバーチェンジ!

 ピットでは畠中祐がスタンバイ。周囲にわかるほどの緊張と気合で86のシートに乗り込んだ。実は畠中、仕事の都合でお昼にはサーキットを出発しなくてはならなかった。

 すでに11時を過ぎていたため畠中には「絶対に帰って来い!」と檄が飛ぶ。与えられた走行時間は約30分。

 まだ免許を取得して4か月の初心者がヒール&トゥもままならないテクニックで、初めて走るサーキットでレースをするのは想像以上に難しい。

初心者にして練習走行なしで初めてのサーキットでレースを経験することになった畠中。ドライビングを教えていた三間監督もエールを送る。非公認レースとはいえ本格的な耐久レースで与えられたパートを熟し次のドライバーへバトンをつなげたことは大いに評価したい

 しかも速いマシンがたくさん走っている状況ではなおさらだ。メンバーはもちろんスタッフ一同、畠中の帰還を心から願った。

 畠中は、この日のために忙しい合間を縫って三間監督とともに深夜のドライビングトレーニングを積んできた。重ねてきた努力は裏切らず与えられた周回数を無事にクリアしてピットイン。師匠でもある三間にバトンが渡った。

 三間はクラストップのタイムで周回を重ねる。しかし、気温はグングンと上がりコックピットには風は入らず体力が奪われていく。

 暑さで思考能力が低下していき、このままではまずいと自分で判断し、急遽ピットに戻ってきた。

コックピットは高温多湿で風も入らずとても暑い。マシンから降りてきた三間監督は熱中症寸前。この後、目まぐるしく天候は変わっていく

 降りてきた三間監督は熱中症寸前まで頑張った。58歳にして新たな挑戦をする三間監督は、おじさん世代の鑑だ。

 次のドライバーは三木が務める予定だったが、サポーター対応の生配信中だったためドライバーチェンジができない。そこでオレの出番。

 すばやくヘルメットをかぶりコースイン。三木が走れる準備ができるまで周回を熟すことに。

 しかし、ピットアウトした瞬間、フロントガラスにポツっと雨粒が当たったかと思ったら、コースを1周する頃には雨が本降りになっていく。徐々に雨粒が大きくなりゲリラ豪雨に見舞われ、ワイパーがまったく役に立たないほどだ。

 コースには池ができるほどの豪雨となりレース続行が難しいと判断され、赤旗中断。この後、約1時間45分もレースが中断するほどの大雨だった。雨を操る男、浪川師匠の威力はここで発揮されることになる。

 レース運営スタッフのおかげでコースの水たまりが除去されレースが再スタート。時刻は16時45分。いよいよ主将三木が86に乗り込む。

 ここまでステアリングを握らずモチベーションを維持するのはとても大変だったはず。それでもさすがチームの大黒柱だけあって冷静に60分間を走り石川界人に86が託される。

予選でミスした石川界人がスタンバイ。緊張感が漂う石川を気遣う浪川。さすがチームのムードメーカー、副主将!

 石川は予選でのミスを挽回したいのと、今度はミスできないというプレッシャーが入り混じり、緊張の面持ちでコースイン。予選でのドライビングミスをかき消すかのように走り続けた。石川がピットに戻ってきた頃には夜の帳が落ち始めていた。

 再び浪川へドライバーチェンジ。暗くなった夜のサーキットへ86が吸い込まれていく。コース上の心もとない明かりとヘッドライトを頼りに走り切り三間監督にバトンタッチ。

 三間監督も夜間のサーキット走行は初めて。チームのために自制心をもって約40分走り、最後のドライバー三木にマシンが託された。

 三木は60分後のチェッカーを目指して爆走する。おそらく三木の心境は、三間監督が出したファステストラップを塗り替えるくらいの気持ちで猛烈にプッシュしていたはず。

チェッカーまで残り時間15分。三木の走りを見守るメンバー。このあとスタッフも加わり三木が通りすぎるたびにウェーブで応援した

 しかし、7時間近く走行したタイヤでトップタイムを塗り替えるのは難しい。そんな状況のなか、1分16秒台での走行は立派だった。

 9時35分、12時間耐久レースのチェッカー。トップがコントロールラインを通過した瞬間、花火が梅雨が明けたかのような空に上がった。

チェッカードライバーは主将・三木眞一郎。与えられたパートに全力で挑む姿勢はストイックでカッコいい!

 今日一日でさまざまなことが起こったが、レースを完走できたことと想定外の花火でチームスタッフも感動一色となった。

 結果は総合13位クラス3位。予選でのクラッシュが響いて117ラップも周回遅れでのチェッカーだったが、8時間近くも走り切れたことはメンバーとチームにとっては収穫の大きい1日となった。

 チームは次の目標に向かって動き出しているので、今後も応援宜しくお願い致します!

三間監督がNクラスのファステストラップ賞を獲得! 安心してアクセルを踏めるマシンに仕上げてくれるBLITZがいるからこその勲章

■ぜひ応援してほしい!! VARTインフォメーション!

 VARTの結成からレースに挑戦するまでの模様を収録したドキュメントバラエティ番組がアニメ専門チャンネル「アニマックス」にて「VART ~声優たちの新たな挑戦~」と題して放送される。

 放送は毎週日曜日23時30分からスタート! VARTメンバーが孤軍奮闘する姿や普段、見ることができない声優たちの汗にまみれた姿を収録。

 クルマやレースの基礎知識がない初心者の方でも楽しめる専門用語講座やレースの魅力を伝えるコーナーもあるので放送を乞うご期待! 

 またアニマックスではVARTの放送を記念して、チーム監督・三間と主将・三木が深く関わった作品アニメ「頭文字D」シリーズの再放送が決定! 毎週月~金曜日の夜10時から11時に頭文字Dが2話段積み放送され、VARTの本放送になだれ込む憎い演出。これは見るしかない! VARTの活動報告は公式Twitterでも公開中!

【画像ギャラリー】暑さ、雨、そしてアクシデント… 難題続々のなか見事完走を果たしたVARTの勇姿をギャラリーでチェック!!!

VART 公式ツイッターはこちらから!!!
◎VART 公式ホームページはこちら!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ