大人気声優レーシングチーム「VART」 熱血ドライビング合宿 完全密着レポート

 人気声優で結成されたレーシングチーム・ヴォイスアクターズレーシングチーム、通称VART(ヴァート)の動向情報をキャッチ! クルマ雑誌で唯一取材を許可されてるのは「ベストカー」だけなのです! コロナウイルス対策も万全、超接近戦独占レポートをお届けいたします!

【三木眞一郎、浪川大輔ら参戦!!!】 声優業界初のレーシングチーム その名も「VART」始動!!

【独占! 真冬の初陣!!!】声優レーシングチーム「VART」本格始動!その舞台裏に密着!!!

【独占】声優レーシングチームVARTに2台目の「ハチロク」出現! そのウラ事情とは??

【画像ギャラリー】5人の“本気”をぜひ見てほしい!!! 「VART」集中合宿の様子をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:プリウス武井/撮影:中島仁菜/協力:VART委員会/BLITZ
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■2日間でトータル400ラップ以上を走破!!!

 VARTメンバーが集結したのは栃木県にある「ヒーローしのいサーキット」。ここで練習するのは3回目とあってメンバーもおなじみのコース。

 奇しくもチーム監督の三間雅文は「僕のヒーローアカデミア」というアニメ作品を手がけていて、VARTメンバーも主要なキャラクターの声を担当するなど“Hero”には何かと縁がある。

 超売れっ子のメンバーが全員揃うのは稀なことなのだが、実はこの日、ツインリンクもてぎで開催されるエンジョイ耐久レース(JOY耐)に出場するはずだった。

VARTメンバー。写真左下から時計回りでチーム監督 三間雅文、副主将 浪川大輔、石川界人、主将 三木眞一郎、畠中祐の5名。各人の詳細はギャラリーを参照のこと。今回はスペシャルなゲストも!

 残念ながらコロナウイルス拡大の影響でレースは中止となったが、「せっかくメンバー全員のスケジュールが取れているなら合宿しない?」という三間監督からの提案で、この2日間の熱血合宿が実現した。

 今回、レギュラーメンバーに加えスペシャルなゲスト・声優の関智一さんをお迎え。

今後VARTに加入するのか!? も気になる、声優の関智一さん

 数多くのアニメ作品や外国映画の吹き替えをした売れっ子で、頭文字DではVART主将の三木眞一郎が演じた藤原拓海の好敵手の一人・高橋啓介役を演じた。

 ちなみに関さん、頭文字Dではヒルクライムのスペシャリスト役だったけど、マニュアル運転はほぼ初めて。2日間でどこまで上達できるかが見もの。

 コロナウイルスの影響でメンバーも充分に練習ができていなかったので、2日間の合宿は願ってもないチャンス。全員が久しぶりの練習なので2日間、何も起きないことを祈るばかりだ。

 三間監督、三木さんは上級者レベルの別メニューをこなしてもらう。決められたエンジン回転数でいかに無駄なく速く走行できるかに重点を置いた練習だ。

マシン製作&メンテナンスはブリッツが担当。マシンがピットに戻ってくるとすばやくクルマに近寄り各部をチェック。ドライバーが安心してアクセルを踏めるのはこうしたプロの仕事のおかげだ

 耐久レースでは燃費走行しながらバラつきがないタイムで走れるテクニックが必須だから、今のところ(?)チームのエース候補2人には高いレベルの要求をクリアしてもらう必要がある。

 一方、20代コンビとほぼ初めてマニュアル車を運転する関さんは、サーキットではなくパドック内で基本的な練習メニュー。

合宿初日、20代コンビとほぼ初めてマニュアル車を運転する関さんはパドック内で基本的なメニューで練習。パイロンスラロームはステアリングとアクセルの連動トレーニングに最適

 その内容は、クルマ操作の基本姿勢から始まり、停止状態からアクセル全開でスタートしてからのフルブレーキングとクルマの挙動を感じてもらうためパイロンスラロームを重点的に練習。

 初日は真夏のような暑さでメンバー全員が汗だくになって与えられたメニューをクリアしていった。

■2日目のメインはチーム対抗の50分耐久レース!!! その結末は……!?

 2日目は生憎の雨。今日から参加する副主将の浪川大輔さんは業界でも有名な雨男。関係者一同「雨は想定内」と諦めムードで練習がスタート。

2日目から参加したトラック以来、久しぶりにマニュアル運転をする浪川さんは関さんと共にクルマの挙動を感じてもらうためパイロンスラロームをみっちりやってもらった

 路面が濡れているからこれ幸いとクルマを振り回してスピンする練習を体験してもらう。

 ここで才能を爆発させたのは畠中くん。プロでも定常円旋回するのは難しい状況にも関わらず、駒のようにグルグルと回り周囲を驚かせた。

 本人はどうやったかまったく記憶にないみたいなんだけど、天才的な才能を披露してくれた。

激しい雨の中、定常円旋回を見つめる後ろ姿は三木さん(左)と畠中くん(右)。ドライビングスキルを習得するため眼差しは真剣だ

 今日は一日中、雨かな……と思っていたら現場に晴れ男がいた。その人は関さん。浪川さんとは逆でイベントごとがあると必ず晴れを呼ぶそうだ。

 この二人の天気バトルのおかげか昼からは雨もやみ太陽まで顔を出した。関さんの晴れ男パワーに感謝だ。

 練習の総仕上げは、チーム対抗50分間の耐久レース。今回の合宿にはVART2号機も持ち込んでいたので、2チームに分かれ本番さながらの耐久レースを体験してもらった。

以前、本誌でも紹介したがVARTには2台の86が存在する。一号機はレース用で二号機は三間監督のクルマ。VARTメンバーがいつでも練習できるようにと自腹で投入してくれた

 まず全員で予選をしてもってチーム分け。もちろんマニュアル操作が初めての関さんにも加わってもらう。ただ関さんの才能が凄くて2日間の練習でスムーズにマニュアル操作ができるようになっていたのでこれまたビックリだ。

 一号機チームは三間さん、浪川さん、関さん。三木さん、石川さん、畠中さんは二号機チームとなった。

チーム対抗50分耐久レースの一号機チーム。スタートドライバーは関さん。浪川さん、三間さんは余裕の表情だが初のスターティンググリッドでコックピットの関さんは緊張MAXのご様子

 スタートドライバーは若葉マーク・畠中さんとマニュアル初心者の関さん。本格的なスタンディグスタート方式で、信号機が青に変わった瞬間、若葉マーク畠中さんはスムーズにスタート。

 かたや関さんはエンストすること数回。練習とはいえレース形式だったので、緊張でスムーズにスタートできなかったようだ。

 ちなみに関さんが乗った一号機はクラッチがレース仕様に変更されているから、停止状態からスタートさせるのはマニュアルに慣れていても難しい。

 一号機チームは終始先行されたままレースは残り30分。両チームともにエースの登場だ。

 事実上、周回遅れ目前だが、見た目は先行している形となった三間監督に対し、三木さんも2日間の練習で最も速いタイムで追い上げ、徐々に差を縮める。

スタートで出遅れた一号機チームは二号機チームに肉薄する場面はなかったが、中盤、三間監督と三木さんのエースの座をかけた気迫のバトルが勃発! 高温多湿のコックピットで必死に走る2人に“負け”の文字はない

 さらに三間監督もファステストラップで逃げるという一進一退の攻防。残り10分を切った頃には三木さんがテールtoノーズまで追いついてきた。

 最高潮の見せ場は最終ヘアピンで三木さんがオーバーテイクを仕かけた瞬間。レースを見守っていたギャラリーも超大盛り上がった。しかし、かなり気温も高くなっていたので、二人の体のことを気遣い、ピットインさせることに。

 最終的には二号機チームが勝利して50分のレースはチェッカーを迎えた。

 熱血合宿はこうして幕を閉じたが、参加したメンバーは各々、得るものもあったようで充実した練習ができたようだ。

 次回は8・1、福島県のエビスサーキットで開催される12時間耐久レース。

 初めて走るコースでぶっつけ本番になりそうだけど、このレースは練習のために出場するので結果は二の次。12時間の練習をするつもりでメンバーのスキルアップを図るのが目的だ。

 VARTメンバーが汗まみれになって必死に頑張っている姿はとってもカッコいいので、ぜひとも間近で応援してもらいたい。

公式ホームページ、ツイッターも絶賛開設中!!! ぜひ応援してください!!!

【画像ギャラリー】5人の“本気”をぜひ見てほしい!!! 「VART」集中合宿の様子をギャラリーでチェック!!!

VART公式ツイッターはこちらから!!!

◎VART公式ホームページはこちら!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ