スイフトスポーツ対GRヤリス 国産コンパクトスポーツ頂上決戦


 カタログモデルとなるトヨタ「GRヤリス」がついに2020年9月4日に発売された。トヨタとしてもWRC参戦のために開発してきたこともあり、PRには力が入っている。

 しかし、国内のコンパクトスポーツモデルにはスズキ「スイフトスポーツ」という強力ライバルが存在する。

 価格面では265万円スタートのGRヤリスは敵わないところだが、それ以外の走り、安全装備などをひっくるめて比較すると、スイフトスポーツの牙城を崩すだけのポテンシャルがあるのだろうか? 考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部

【画像ギャラリー】ついに登場したホットハッチ「GRヤリス」の各グレードと詳細をチェック!!


■販売好調のヤリスから生まれた トヨタ本気のスポーツモデル

 目下のところ絶好調に売れているのがコンパクトカーのトヨタ「ヤリス」だ。2020年2月に発売され、4/5/7/8月には、小型/普通車の登録台数1位になった。8月31日には、ヤリスとエンジンやプラットフォームを共通化したコンパクトSUVのヤリスクロスも加わり、シリーズ全体でさらに売れ行きを伸ばしそうだ。

車名を「ヴィッツ」から改めた「ヤリス」。シャープでスポーティなフロントマスクを採用

 そしてもうひとつ、クルマ好きにとって気になる存在が「GRヤリス」だろう。ヤリスのスポーツモデルで、ボディはベース車の5ドアではなく3ドアになる。3ドアボディは後席の乗降性が悪化する代わりに、ボディ剛性が高まり、車両重量を軽減する効果もある。

 GRヤリスはボディサイズも異なり、全長3995×全幅1805×全高1455mmとなる。全幅はノーマルボディのヤリスに比べて110mmワイド化され、3ナンバー車になった。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も数値上は10mm長い。

 最も大きく異なるのはエンジンだ。「RS」はベース車と同じ1.5L直列3気筒だが、「RZ」「RZハイパフォーマンス」「RC」は、1.6L直列3気筒ターボを搭載する。最高出力は272ps(6500rpm)、最大トルクは37.7kgm(3000~4600rpm)だから、1.5Lノーマルエンジンの2.3~2.5倍に強化された。

RS 265万円。1.5LNA、FFモデル。225/40R18のアルミホイールも装着され、カーボンルーフやアルミ製エンジンフード、バックドア、左右のドアパネルなどボディは共通。トランスミッションはCVTを搭載
RZ 396万円。アルミホールがエンケイ製の鍛造となり、タイヤはダンロップのSPスポーツマックス050+になる。ブレーキキャリパーは黒になるがフロント18インチの対向4ポッド、リア16インチの対向2ポッドは共通
RZハイパフォーマンス 456万円。BBS製鍛造アルミホイールとミシュランパイロットスポーツ4S、前後トルセンLSD、冷却スプレー機能付き空冷インタークーラーの装着がRZとの違い

トランスミッションは、1.5LのRSはCVT(無段変速AT)だが、1.6LターボのRZやRCには6速MT(マニュアルトランスミッション)を組み合わせる。駆動方式は、RSは前輪駆動の2WDだが、RZとRCは電子制御式多板クラッチを使った4WDだ。

 GRヤリスは売り方が複雑で、2020年1月10日に「RZファーストエディション」と、「RZハイパフォーマンス・ファーストエディション」の先行予約を開始した。このあと、同年9月になって正式にGRヤリスが発売されている。受注期間がきわめて長い。

 そこでGRヤリスの納期などについて販売店に尋ねると、以下の返答であった。「GRヤリスは1.5L(RS)と1.6Lターボ(RZとRC)の2種類に大別され、人気が高いのは1.6Lターボです。そのために納期も長いですが、今はまだ正確な日程がわかりません。2020年9月中旬に契約された場合で、納車は2021年4月以降です。ただし1.5Lであれば2020年12月には納車できます」

 RZとRCについては、納期が半年以上に遅延しているようだ。

 どのようなユーザーが購入しているかも尋ねた。「1.5Lはヤリスの1.5Zを検討したあと、上級移行して選ぶお客様が多いです。1.6Lターボは4WDのスポーツモデルなど、高性能な車種からの乗り替えが目立ちます」

 同じGRヤリスでも、RSとRC/RZではユーザー層が違う。

 価格は1.5LのRSが265万円、1.6Lターボは、ディスプレイオーディオなどの各種装備を省いた競技車両向けのRCは330万円、装備を充実させたRZは396万円だ。RZハイパフォーマンスには、トルセンLSD、専用チューニングされたサスペンション、プレミアムスポーツシートなども加わって456万円になる。

■下克上なるか!? 唯一無二のスイフトスポーツとの勝負の行方は

 一方、従来から人気の高いコンパクトなハッチバックスポーツには、スズキ「スイフトスポーツ」がある。

 スイフトスポーツは、全幅が1735mmにワイド化されるものの、ボディの基本部分はベース車のスイフトを踏襲する。エンジンは1.4L直列4気筒ターボで、最高出力は140ps(5500rpm)、最大トルクは23.4kgm(2500~3500rpm)だ。1.2Lを搭載するノーマルタイプのスイフト(91ps/12kgm)に比べるとパワフルだが、GRヤリスRZ/RC(272ps/37.7kgm)と比較すれば大人しい。

新車価格は、スイフトスポーツの標準グレード(受注生産)は、6速MTが187万4400円、6速ATが194万5900円。受注生産でないモデルでも、201万7400~214万1700円となっている

 車両重量の差も大きい。GRヤリスRZは動力性能の高いターボを搭載する4WDとあって、車両重量は1280kgだ。性能を考えれば軽いが1300kg近い。スイフトスポーツは6速MTなら970kgに収まる。エンジン性能と車両重量を見ても、GRヤリスRZは高性能モデルで、スイフトスポーツは軽快な運転感覚を追求している。

 そしてスイフトスポーツの価格は、6速MTが201万7400円、6速ATは208万8900円だ。GRヤリスRZの396万円とは2倍近い開きがある。

 つまり両車とも全長が4m前後のコンパクトカーをベースにした高性能モデルだが、動力性能を含めた車両の性格と価格は大幅に異なる。GRヤリスRZの性能は、先ごろ販売を中断したシビックタイプR(320ps/40.8kgm)に近い。シビックタイプRの価格は、販売終了間際で458万3700円であった。

2017年7月27日発表、9月29日に発売された従来型シビックタイプR。新型は2020年10月に日本でも発売予定となっている

 ちなみにシビックタイプRは前輪駆動の2WDだが、価格はGRヤリスRZよりも約62万円高い。それでもボディサイズ、居住空間の広さ、エンジン排気量、動力性能の違いなどを考えると吊り合いは取れる。シビックタイプRは運転感覚が重厚で乗り心地は意外に快適だから、GRヤリスに独特の軽快感が伴うものの、シビックタイプRが割安とも受け取られる。

 GRヤリスRZとスイフトスポーツの比較に話を戻すと、安全装備にも差がある。スイフトスポーツは、衝突被害軽減ブレーキのデュアルセンサーブレーキサポート、車間距離を自動制御できるアダプティブクルーズコントロールなどを前述の価格で標準装着した。

 GRヤリスRZでは、衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能がメーカーオプションだ。後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットモニター、後退時の安全を確保するリヤクロストラフィックアラートなども含めて、オプション価格は24万9700円になる。そこに諸費用も加えたGRヤリスRZの現金購入予算は約443万円だ。

スイフト/スイフトスポーツは、デュアルセンサーブレーキサポート(単眼カメラ+レーザーレーダー)を搭載。2020年5月の一部改良では後退時ブレーキサポートなども標準装備(MT車をのぞく)

 スイフトスポーツ(6速MT)の購入予算は、オプションのカーナビや全方位モニターなどのセットオプション、諸費用も加えて約240万円。GRヤリスRZに比べて約200万円安く、性能と価格が大幅に異なる。

 スイフトスポーツは、コロナ禍の影響を受ける前の2019年に、1カ月平均で935台を登録した。この販売実績は、スイフト全体の34%に相当する。GRヤリスがこの販売規模に到達するのは困難だろう。販売面においては、スイフトスポーツの牙城が崩されることはない。

 特にコンパクトカーをベースにしたスポーツモデルの魅力は、価格が求めやすいのに、吹き上がりのいいエンジンと軽いボディの組み合わせにより、曲がりくねった峠道では上級スポーツカーよりも速く走れることだ。下克上的な快感が伴い、その条件には控え目な動力性能と割安な価格がある。スポーツハッチの王道は、GRヤリスRZよりも、スイフトスポーツといえるだろう。

 GRヤリスで大穴的な魅力を感じるのは、1.5Lエンジンを搭載するRSだ。現状ではベース車のヤリスと同じエンジンにCVTを組み合わせるが、高回転指向にチューニングされた吹き上がりのいい1.6L自然吸気エンジンに、クロスレシオの6速MTを与えたら、相当に楽しいクルマになりそうだ。価格は295万円くらいに抑える。

 ヤリスは素性の優れたクルマだから、ヤリスクロスなども含めて、さまざまな発展が考えられる。スポーツモデルにも、高性能なターボと吹き上がりの鋭い自然吸気という選択肢があったら楽しい。ドライビングのスタイルに応じて、最適なパワートレーンを選択できる。

【画像ギャラリー】ついに登場したホットハッチ「GRヤリス」の各グレードと詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ