「トヨタ帝国」にどう挑む? ライバルメーカーたちのSUV戦略


■ライバル不在のデリカ強し 三菱編

価格帯で見るトヨタのライバル車
・RVR vs ライズ Z、C-HR(ガソリン)
・エクリプスクロス vs C-HR、RAV4(ガソリン)
・アウトランダー vs RAV4、ハリアー(ガソリン Gまで)
・アウトランダーPHEV vs ハリアーHV、RAV4 PHV
・デリカD:5 vs ハリアー、ランクルプラド(TXまで)

 最も販売台数の多いSUVはデリカD:5。ミニバンでも走破力が高く、SUVに含められる。

 売れ筋価格帯は430万円前後で、3列シートを備えるからランドクルーザープラドが近いが、機能はかなり異なる。ライバル車が不在で人気を高めた。

唯一無二の存在といっていいデリカD:5

 エクリプスクロスの売れ筋価格帯は280万~330万円で、ライバル車はC-HRだ。車内はエクリプスクロスが広く、操舵感も機敏でスポーティだ。対するC-HRは安定性が優れ内装の質も高い。

 アウトランダーPHEVは、売れ筋価格帯が460万円前後で、RAV4 PHVと重なる。

 RAV4は設計が新しくさまざまな機能で有利だが、アウトランダーはモーター駆動が基本となるため、滑らかな加速など、RAV4とは異なる魅力がある。

2012年末デビューながら、いまだ一線級の実力を持つアウトランダーPHEV

●健闘度 80/100

■まさに少数精鋭の品揃え  スバル編

価格帯で見るトヨタのライバル車
・XV vs C-HR、RAV4(ガソリン 標準車)
・フォレスター vs C-HR(HV)、RAV4(ガソリン)
・アウトバック vs RAV4(HV)、ハリアー(ガソリン)

 インプレッサスポーツをベースに効率よく開発されたXVだが、販売は好調だ。

 260万~290万円が売れ筋となり、C-HRと重なる。後席と荷室はXVが広く、走行安定性は同等。動力性能ではXVが勝り、内外装はC-HRが洗練されている。

XV

 アウトバックもワゴンベースのSUV。価格は300万円を上まわり、ハリアーがライバル車。アウトバックは、海外では新型が発売されたのに、日本では旧型を売る。したがって選ぶ価値は下がった。

アウトバック。スバルのSUVはいずれも最低地上高が高いのが特徴

 フォレスターは背の高い純粋なSUVだ。300万円前後が売れ筋で、ライバル車はRAV4。

 フォレスターは運転しやすく、ガソリンエンジンの動力性能も勝る。RAV4は走行安定性が優れ、積極的に操る楽しさが魅力だ。

●健闘度 75/100

次ページは : ■小さなSUVで差別化を スズキ編