伝説の名車セリカGT-FOUR購入はいまがラストチャンス!!

伝説の名車セリカGT-FOUR購入はいまがラストチャンス!!

 2020年9月4日、WRCで勝つために生まれたマシン、GRヤリスの市販バージョンがついに発売された。

 計4グレードのうち3グレード、モータースポーツ参戦用ベース車の「RC」と一般的なベースグレードである「RZ」、ならびにその上位グレードである「RZ High Performance」には新開発のスポーツ4WDシステム“GR FOUR”が搭載されている。

 これはすなわちセリカGT-FOURのST205以来約20年ぶりに復活したトヨタのスポーツ4WD車!

 往年のWRCでカストロールカラーのST185を駆るユハ・カンクネンやカルロス・サインツの勇姿にシビれまくった中高年(当時青年)としては、「トヨタよ、やっと復活してくれたか!」と感涙にむせぶほかない。

 そして感涙にむせびながらも同時に思うのは、そういえば今、セリカGT-FOURの中古車相場ってどうなってるのか? ちゃんと生き残っているのかということ。

 そこで、中古車事情に詳しいライター、伊達軍曹がST165、ST185、ST205の3世代にわたるセリカGT₋FOURの中古車事情を徹底解説する。


文/伊達軍曹
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】WRCを席捲した栄光のセリカGT-FOURのWRCマシンをチェック!


GRヤリスの起源はセリカGT₋FOUR

ベースモデルである「RZ」と競技ベース車の「RC」には新開発の直列3気筒 1.6L、直4インタークーラーターボエンジンと新開発スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”を搭載している。トランスミッションは6速MT(iMT)を組み合わせている
ベースモデルである「RZ」と競技ベース車の「RC」には新開発の直列3気筒 1.6L、直4インタークーラーターボエンジンと新開発スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”を搭載している。トランスミッションは6速MT(iMT)を組み合わせている
最後のGT₋FOURとなったST205は1994年2月に登場し、1999年9月に販売終了。トヨタのスポーツ4WDはGRヤリスの登場まで約20年おあずけとなる
最後のGT₋FOURとなったST205は1994年2月に登場し、1999年9月に販売終了。トヨタのスポーツ4WDはGRヤリスの登場まで約20年おあずけとなる

 GRヤリスは実に約20年ぶり、セリカGT₋FOUR以来の”スポーツ4WDの復活”である。

 その起源たる初代セリカGT-FOURは、WRCグループAラリーカーとしてカルロス・サインツなどのドライブによって世界を激走。

 市販バージョンは映画『私をスキーに連れてって』のなかで高橋ひとみと原田貴和子が志賀高原を爆走したのが、1986年10月に登場したST165だ(1986~1989年)。

 1989年5月、流面形と呼ばれた5代目セリカにもGT-FOURが用意された。そのST185(1989~1993年)には日本初のトルセンリミテッドスリップデフが装着された。

 そして、1991年9月には、WRC用のホモロゲーションモデルGT-FOUR RCが発表された(RCとはラリー・コンペティションの略)。

 生産台数はグループA規定の5000台で日本国内ではそのうちの1800台が販売された。輸出モデルはカルロス・サインツ・リミテッドエディションと呼ばれた。

 さらには、WRCでは思うような結果は出せなかったものの、とにかくカストロールカラーがカッコよかったST205(1994~1999年)の中古車も、もしもまだ手に入るのであれば、ぜひ一家に一台は欲しいものである。

 しかし最後のGT-FOURであるST205の最終年式(1999年12月販売終了)でも21年落ちであり、初代GT-FOURであるST165の初期モノに至っては34年落ち。ほとんどクラシックカーみたいなものである。

 クルマというのは古くなってくると、


●絶滅する
●希少価値が出てバカ高くなる
●上記2パターンの中間ぐらいの感じで、なんとなくボチボチ生息し続ける

 という3パターンに分かれることになる。

 はたして「セリカGT-FOUR」の場合はどのパターンを辿っているのか? そしてまだ生息しているとしたら、それはいくらぐらいで流通しているのだろうか? 以下、トヨタ セリカGT-FOURの世代ごとの中古車流通状況を調査してみることにしよう。

次ページは : 初代ST165型セリカGT-FOUR/1986年10月登場

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ