「トヨタ帝国」にどう挑む? ライバルメーカーたちのSUV戦略

 2020年1~7月に登録された小型/普通車のうち、トヨタ車が48%を占めた。トヨタは車種数が多い。最近はセダンとミニバンを減らすいっぽう、日本と海外の両方で好調に売れるSUVを充実させた。

 トヨタのSUVはグラフに示したとおり、車種構成が綿密だ。170万円以下のライズから1000万円を軽く超えるレクサスLXまで幅広い。SUVのタイプも豊富で、売れ筋のFF、ランドクルーザーのようなFRベースのオフロードモデル、上級のレクサスも選べる。

 各車種の価格帯は重複するが、売れ筋グレードは重ならない。最も安価なライズから、C-HR、RAV4、ハリアーと予算に応じて選べる。

 この盤石なトヨタ帝国のSUV軍団に挑むのが、小型/普通車販売比率の合計が52%になる「その他のメーカー」だ。日産とホンダのSUVは2車種で、マツダは4車種だが価格帯の重複が多い。スズキは低価格車が中心だ。

 少数精鋭でトヨタを攻める戦略が重要になるが、その戦略は上手くいってるか。トヨタのライバル車に対する有利、不利を検証しながら、対・トヨタ「健闘度」を出していきたい。

【画像ギャラリー】まさに最激戦カテゴリー…!!! 国内SUVのラインナップを相関図とともに見る

※本稿は2020年8月のものです
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2020年9月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ