レビン復活! シティ健在!! パルサー消滅!? 日本では潰えた懐かしの車名 6選


ホンダシティ:アジアで健在!!

 ホンダのリッターカークラスのコンパクトカーとして1981年にデビューしたのがシティで、当時としては珍しい背の高い『トールボーイコンセプト』がウケて大ヒット。

 ターボ、ターボII、カブリオレなどどれも話題になったホンダの歴史に残る名車だ。

初代の大ヒットを受けて登場した2代目シティは、モータースポーツでは存在感があったが、初代と正反対のコンセプトで苦戦してしまった

 その後を受けて登場した2代目は販売不振となり、1995年に生産終了となった。まさに天国から地獄とはまさにこのことだろう。ロゴが後継車となり、これをもって日本でのシティの販売は終了となった。 

 しかし、そのシティの車名は日本でシティが消滅した翌年に、アジア向けの小型セダンの車名として復活。それは現在も継続されている。

 海外向けセダンのシティは初代、3代目は日本では販売されなかったが、2代目はフィットベースのセダンを2002年から2008年までフィットアリアの車名でタイから輸入するかたちで日本で販売された。

2019年にタイでフルモデルチェンジを受けた最新のシティ。1996年アジア向けセダンとして誕生して5代目となる。3ナンバーサイズのため日本導入の可能性は低い

 2020年に日本での販売を終了したグレイスは、4代目シティの日本仕様として2014年から販売され、グレイスは専用1.5Lエンジン、1.5Lハイブリッドをラインナップしてシティと差別化されていた。

 そのシティは2019年にタイでフルモデルチェンジされ、全長4553×全幅1748×全高1467mmと日本では3ナンバーサイズとなるため、グレイスまたはその後継モデルとして日本に導入される可能性は低いと思われる。

ホンダアヴァンシア:中国で復活!!

 アヴァンシアはホンダがチャレンジしたニュージャンルカーのひとつで、アコードをベースとした日本専用車だった。

 ボディタイプはステーションワゴンのようだが、ホンダは『4ドアクラブデッキ』と称していた。アコードエアロデッキに通じるロングルーフが特徴となっている。

ルーフラインが美しいアヴァンシアは1代限りで消滅。写真はオデッセイアブソルートに先駆けて商品化された走りに特化したヌーベルバーグ

 インパネシフトの採用により前席から後席へのウォークスルーを可能とし、広いだけでなくスライド&リクライニングなど後席の快適性を重視していた。

 しかし、アコードワゴンと乗用タイプミニバンのオデッセイの中間に位置するというのが足かせになり、中途半端感は否めず、ユーザーはオデッセイ、アコードワゴンに流れていった。

 マイチェンでローダウン、専用サスペンションチューニングなどを施したスポーツグレードのヌーベルバーグを追加したものの、シリーズの販売は好転せず、2003年に生産終了。

アヴァンシアの車名は中国でワゴンタイプではなくクーペSUVとして2016年に復活。日本導入の期待がかかるスタイリッシュSUVだが、1942mmの全幅では厳しい

 そのアヴァンシアの車名は2016年に中国で復活。日本ではワゴンタイプだったが、ルーフラインが美しい、大型のクーペSUVとして生まれ変わった。

 全長4858×全幅1942×全高1675mmというボディサイズは、全長こそCR-Vより少し長いだけだが、全幅はかなりワイド。

 エンジンは1.5L、2Lの直4ターボの2種類で、22万元(約340万円)から購入できる。

次ページは : ダイハツテリオス:アジアで健在!!