レビン復活! シティ健在!! パルサー消滅!? 日本では潰えた懐かしの車名 6選


 日本車は1990年代まではどのメーカーも車種を増殖させ続けてきたが、21世紀に入り、高効率化を目指し積極的に車種整理を敢行している。

 その対象はビッグネームと言われる慣れ親しんだ車名も例外ではなく、日本市場からは多くのクルマが消えていった。

 しかしかつて日本で販売されていながら現在消滅したモデルのなかには、海外専用車として販売されているものもある。

 日本で販売されていたクルマとは全く関係のない別グルマになったもの、クラス替えしたモデル、正常進化を続けているモデルなどさまざまです。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、DAIHATSU

【画像ギャラリー】日本で車名消滅後も存続!! 懐かしい車名の海外専用車の最新モデルをもっと見る!!


トヨタレビン:中国で復活!!

AE86が最後のFRで、その後FFモデルが3代続いた。2000年に生産終了となって栄光のレビンの車名が消滅。写真は最後のレビンであるAE111

 トヨタの大衆セダンカローラの派生車であるカローラレビンは、2代目カローラをベースとした初代モデル(TE27)が1972年にデビューし、いつの時代も若者の心を熱くしてきた。

 シリーズ4代目となるAE86は人気漫画『頭文字D』の影響もあり、兄弟車のスプリンタートレノとともに絶版後にブームが到来したほどだ。

 FF化された後も根強い人気があったレビンだが、1995年にデビューしたAE110系が最後のモデルとなり、惜しまれつつ2000年に生産終了となった。

 そのレビンの車名が復活したのは、日本ではなく中国。2014年の北京モーターショーで、中国仕様カローラの兄弟車となるレビンHEVとして世界初公開され、2015年に生産・販売が開始された。

2014年に北京モーターショーでレビンの名前が復活!! 中国で販売されるカローラの兄弟車にレビンと命名された。カローラレビンではなくレビンだ

 そして2018年にカローラがフルモデルチェンジして刷新されたのに合わせ、中国で販売するカローラの兄弟車としてレビンも新型に切り替わっている。

 日本のカローラが国内専用の全長4495×全幅1745×全高1435mmなのに対し、レビンのボディサイズは、北米、欧州モデルと同じ全長4630×全幅1790×全高1435mmで、ホイールベースも日本モデルだけ60mm短縮された2640mmとなっている。

 中国のカローラにはレビンというスペシャルな車名が与えられたが、日本のカローラは世界で唯一の専用ボディのスペシャルなのだ。

2019年から販売を開始した中国仕様のカローラのスポーツモデルとしてレビンはラインナップされている。写真はレビンハイブリッド

日産マキシマ:北米で健在!!

 日産マキシマは、1981年にブルーバード(910型)をベースに北米で販売する日産ブランドの最上級セダンとして登場し、日本での販売されたのは2代目(1984年デビュー)との3代目(1988年デビュー)だ。

 2代目はブルーバード(U11型)のフロントを90mm延長し、2L、V6SOHCエンジンを搭載し、ブルーバードと差別化されていた。1984にデビューした時にはブルーバードマキシマだったが、後にマキシマに変更された。

1984年にブルーバードのフロントを90mm伸ばして、V6エンジンを搭載したのがマキシマ。しかしブルーバードと変わり映えしなかったため目立たなかった

 日本車初のV6搭載のFFと話題になったが、ブルーバードとデザインが変わらず、単なる上級モデルにしか認識されなかったため、トヨタのマークII3兄弟の相手になり得ず。

 3代目は2代目の苦戦を受け専用ボディが与えられ、全幅が1760mmの日本車初の本格3ナンバーボディで登場。エンジンも3L、V6を搭載し上級移行した。

 しかし、クラウン、セドリック/グロリアでさえ5ナンバーサイズだった当時、マイナーな存在であるマキシマにとってはオーバークォリティで、販売向上にはつながらず苦戦。ただ、広くて快適なリアシートは好評だった。

 3代目マキシマは1993年に日本仕様が生産中止となり、その後はセフィーロに統合された。

 これでマキシマの車名は初代以来、輸入車専用となってしまった。

日本で販売された最後のマキシマは、日本車初の本格3ナンバーボディが与えられた。後席の広さ、快適性は高かったが、大きな成果は残せず

 マキシマは北米ではスポーツセダンとして人気で、8代目の現行モデルは2015年にデビュー。全長4897×全幅1859×全高1435mmのミドルクラスセダンとして進化を続け、エンジンは3.5L、V6DOHCを搭載している。

 次期モデルは2021年に登場し、100%EVセダンとなるという情報もある。

 ティアナが日本マーケットから消滅したこともあり、マキシマが再び日本で販売される可能性はゼロではなさそうだ。

マキシマが北米で販売され続けているのは人気があるから。現行マキシマは通算8代目で2015年にデビュー。スポーティなデザインがカッコいい

次ページは : ホンダシティ:アジアで健在!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ