元祖個性派 新型N-ONE 正式発表秒読み先行予想

■最新ホンダセンシングを装備

 軽初のLEDデイタイムランニングランプ、渋滞追従機能付きACCや駐車サポートも採用する先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備するなど、性能面や機能面では大きく進化しているのだ。

●衝突軽減ブレーキ
●誤発進抑制機能
●標識認識機能
●車線維持支援
●オートハイビーム
●渋滞追従機能付きACC、など

自転車や夜間の歩行者を検知する衝突軽減ブレーキをはじめ、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備する
自転車や夜間の歩行者を検知する衝突軽減ブレーキをはじめ、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備する

■グレード構成は全3タイプを用意

 グレード構成は「Original」「Premium」「RS」の3タイプ。RSは軽自動車初のFFターボと6速MTの組み合わせを設定。

●シンプルデザインのベーシックグレード「Original」

ベーシックグレード「Original」。駆動方式はFF/4WD、トランスミッションはCVT
ベーシックグレード「Original」。駆動方式はFF/4WD、トランスミッションはCVT

●主要装備
・ホンダセンシング
・フルLEDヘッドライト
・電子制御パーキングブレーキ
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン、など

●プレミアム感ある装いの豪華装備グレード「Premium/Premium Tourer」

豪華装備グレード「Premium/Premium Tourer」。駆動方式はFF/4WD、トランスミッションはCVT
豪華装備グレード「Premium/Premium Tourer」。駆動方式はFF/4WD、トランスミッションはCVT

●主要装備(Originalの装備に加えて)
・本革巻ステアリングホイール
・LEDフォグライト
・Premium専用エクステリア
・14インチアルミホイール
・15インチアルミホイール(Premium Tourer)

●走る楽しさを追求したスポーティグレード「RS」

マットブラックの15インチアルミホイールが装着される「RS」グレード。駆動方式はFF、トランスミッションはCVT/6MT
マットブラックの15インチアルミホイールが装着される「RS」グレード。駆動方式はFF、トランスミッションはCVT/6MT

●主要装備(Originalの装備に加えて)
・RS専用本革巻ステアリングホイール
・LEDフォグライト
・RS専用エクステリア
・本革巻シフトレバー&シフトノブ
・15インチアルミホイール(マットブラック)

■気になる価格は?

 価格はまだ未発表だが、本誌独自取材によると、先代型より20万円程度アップする見込みとのこと。初代N-ONEの価格が120万960円(スタンダード・2WD)、174万960円(プレミアムツアラー・4WD、RS・2WD)なので、このあたりが参考となるだろうか。

 まもなくもたらされるであろう詳細を待ちたい。

【画像ギャラリー】Nシリーズ随一の“個性派”!!? ホンダ 新型N-ONEをギャラリーでチェック!!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!