新型ノート ランクル ノア…続々登場!! 期待膨らむ次期型全情報 9選

 新型ノート、新型ランドクルーザー、ノア、マツダ6 、アルトワークス、WRX STI…。本企画では、現在「ベストカー」スクープ班が掴んでいる多くの次期型開発情報のなかから、まだ名前もつけられていないものも含め、ベストカー編集部が特に期待している9モデルを厳選して紹介したい。

 もちろんただご紹介するのでは芸がないので、各編集部員がそのクルマのどこに期待しているかも併記し、各モデルについて掘り下げてみます。

 2020年も終盤。あらためて大変な年だなと感じるが、まだ見ぬ新鋭たちの姿に期待と想像とを膨らませながら詳報を待ちたい!

【画像ギャラリー】妄想も無限大!? 期待膨らむ新型車たちの予想CGをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです。画像はすべてベストカーによる予想CGです
文・予想CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■日産 新型ノート(2020年12月登場予定)

 新型ノート、今年12月に登場! 一時、スライドドア採用という情報もあったが現行と同じ5ドアハッチバック。

日産 新型ノート(2020年12月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 新型プラットフォーム採用で走りと乗り心地が大幅に進化する。搭載されるパワーユニットは現行同様、1.2Lの発電用エンジン搭載のe-POWERと、1.2Lガソリン。現行システムをリファインするe-POWERがとても楽しみ。

 さらに、発電用のエンジン音を低減し、快適走行を実現。人気のコンパクト市場が熱を帯びそうだ。価格は150万~260万円と予想される。

●編集部フルカワの期待ポイント
 年内にもフルモデルチェンジする予定のノートは1.2Lのe-POWERが大幅に改良されるという情報ですが、燃費性能がどれだけ進化するのか? 期待しています。それに、プラットフォームは予想どおり一新されるのか!? キックスのような従来の改良型になる可能性もあるのかな? と注目しています。

●編集部マツナガの期待ポイント
 新型ノートにはモーターらしさを強調した、より刺激的な走りを期待したい。荷室容量は現状より少し減ったってかまわない。モーター駆動らしい刺激的な走りを強化してユーザーの心を鷲づかみに! 燃費優等生のヤリス、使いやすさ重視で大人しいフィット。どちらも走りに刺激が足りない。やっちゃえ~日産!

●新型ノートe-POWER 予想スペック
・全長×全幅×全高:4410×1695×1500mm
・ホイールベース:2600mm
・車両重量:1240kg
・エンジン:1.2L直3DOHC+モーター
・エンジン出力/モーター出力:80ps/112ps

■ダイハツ 新型ミニバン(2021年3月登場予定)

 これはざわつく! ダイハツから久しぶりにミニバンが登場するのだから。2017年の東京モーターショーに出品したコンセプトカー「DNマルチシックス」がついに商品化されるわけだ。ベースはロッキー/ライズ。

ダイハツ 新型ミニバン(2021年3月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 剛性が高く評判のDNGAプラットフォームを採用。全長4370mmというコンパクトミニバンだが、SUV色を強めたキャラになるのもユニーク。1Lターボに加え、トヨタ新開発の1.2L HVも採用予定。220万~270万円という予想価格、これはいいね!

●編集部イイボシの期待ポイント
 ロッキー/ライズのミニバン版になるわけで、走りはだいたい想像がつく。注目はパッケージで、小さいボディをどれだけ有効に活用できるかだが、そこはダイハツの得意分野なので失敗はないはず。問題は「味気ない小型車」にならないかということ。楽しさを前面に押し出したミニバンを期待する。

●編集部イイジマの期待するポイント
 シエンタ&フリードが待ち受けるコンパクト3列シーターの世界に飛び込むのだから、その2台にはない個性を望む。ズバリ、見た目はSUV風味強め、でも席は3列というアジアンカー路線だ。当然、普通のミニバンタイプより居住性で不利になる。でも、それくらいの博打に出てほしい。

●新型ミニバン 予想スペック
・全長×全幅×全高:4370×1695×1705mm
・ホイールベース:2820mm
・車両重量:1295kg
・エンジン:1L直3DOHC+ターボ
・最高出力/最大トルク:103ps/14.5kgm

■ホンダ NEWコンパクトSUV(2021年5月登場予定)

 待ってろ、ロッキー/ライズ! 販売絶好調のそれらのガチライバルになるのがこのモデル。

ホンダ NEWコンパクトSUV(2021年5月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 5ナンバーサイズで、搭載エンジンはライバルと同じ、1Lの直3ターボ(欧州シビックには搭載ずみ)。最高出力は129psで、走り自慢のコンパクトSUVになるにちがいない。

 が、「日本市場には1Lターボはそぐわない」という声がホンダ内にあることも事実。現行フィットの直4、1.5Lベースのe:HEVでそこをカバーし、魅力あるパワートレーンが揃う可能性もある。

 予想価格は190万~250万円とかなり「買い」なモデル。来年5月を待とう。

●編集部ババの期待ポイント
 売れ筋のヴェゼルよりひと回り小さなSUVがあればいいのに。海外では売られているのに……。と感じていただけに、まずはこのクルマの存在そのものに期待大。このクラスといえば売れまくる、王者・ロッキー/ライズ。同じ1Lの直3ターボ搭載とされるだけに、ロッキー/ライズにはない魅力がないと新鮮味がない。期待したいのは驚きのある内装だ。Honda eとまではいかないにしても、小さなSUVに近未来の内装。これ、いいじゃないですか!

●編集部マツナガの期待ポイント
 このクラスのSUVの後発として尖ったキャラでの登場を期待している。悪路走破性は皆無でいいので、ロングドライブ性能を重視したクルマになってほしい。5ナンバーサイズにとらわれず、全幅は1750mm程度まで広げたスタイルもアリ。本当は1.5Lターボか出力を上げたe:HEVを搭載してほしいし、これの派生車としてCR-Z風の3ドアクーペSUVが出たらクルマ好きは大興奮。もし失敗しても、優等生ヴェゼルがあるから大丈夫!

●ホンダ NEWコンパクトSUV 予想スペック
・全長×全幅×全高:4100×1695×1600mm
・ホイールベース:2550mm
・車両重量:1150kg
・エンジン:1L直3DOHC+ターボ
・最高出力:129ps/5500rpm
・最大トルク:18.4kgm/1700-4500rpm
・トランスミッション:CVT

■トヨタ 新型ノア/ノアカスタム(2021年7月登場予定)

 長らくミニバン界をリードするノアの新型、4代目がついに誕生する。

トヨタ 新型ノア/ノアカスタム(2021年7月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 新型のトピックはトヨタの販売チャンネル統一の流れを受け、ヴォクシーとエスクァイアが廃止となり、ノア/ノアカスタムに統合されることだ。ヴォクシーのテイストを好むユーザーは多く、それに応えるカタチでノアカスタムを設定。このCG写真のように存在感あふれるミニバンになる。

 さらにハイブリッド車が2Lに排気量アップされることも注目点。パワーの余裕で燃費向上につながり、より満足度アップ。予想価格は260万~350万円。“カスタム道”が次のステージへ向かう!

●編集部ウメキの期待ポイント
「大きな軽ハイトワゴン」的な工夫というか、ハッと驚く仕掛けに期待したい。5ナンバーサイズで3列シートという「縛り」があるわけで、ある意味軽自動車のような難しさがあるからね。

●編集部ババの期待ポイント
 写真のノアカスタム、現行ヴォクシーとエスクァイアの“オラオラ&カスタム精神”を一身に背負うことになる。それだけにトヨタがどんなスタイルに仕上げてくるのか楽しみ。それより期待したいのはノア。現行モデル延長線上の“上品なほんのチョイ悪”な顔つきに磨きがかかるはず。さらに2Lに排気量アップされるハイブリッド。パワーに余裕が出ることで燃費向上につながるという。ヤリスに近い燃費値は期待しすぎか(笑)。

●新型ノア 予想スペック
・全長×全幅×全高:4695×1695×1800mm
・ホイールベース:2850mm
・車両重量:1600kg
・エンジン:2L直4DOHC+モーター
・エンジン出力:120ps/18.5kgm
・モーター出力:100ps/20kgm
・トランスミッション:電気式無段変速

■トヨタ 新型ランドクルーザー(2021年8月登場予定)

 2007年のデビュー以来、圧倒的な信頼性と優れた悪路走破性で評価されているランドクルーザーが、来年新型に切り替わる。

トヨタ 新型ランドクルーザー(2021年8月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 世界中から評価される堅牢性を確保するためラダーフレーム構造を継承し、全体的なボディシルエットも現行に似るが、細部は14年の間の進化を感じさせるものにブラッシュアップされる。

 搭載パワーユニットは3.5LのV6ガソリンターボと、やはり3.5L、V6ターボをベースとするハイブリッドの2種。4.6LのV8ガソリンも継続という情報があるが、そちらは輸出用とされる可能性が高い。予想価格帯は550万~800万円。

●編集部イイジマの期待ポイント
 ランクルはですね、長距離移動がとってもラクなんですよ。過去、アウトドア雑誌に在籍してた時、名古屋までランクル100で移動したんですが、「名古屋、近っ!」って思いましたもん。大排気量NAからダウンサイズされたターボになるとのことですが、ロングツーリング性能はしっかり継承されることを期待します。あとはインフォテイメント性能が充実すれば、その外見&悪路走破性とのギャップに萌える層が大量発生するでしょう。

●編集部フルカワの期待ポイント
 現行型はすでに登場から13年も経過しているので、その次期モデルへの期待は大きいですね。特に注目なのは3.5L V6ターボとそのハイブリッドが搭載されると言われるパワートレーン。悪路走破能力と信頼性の高さで認められているランクルが、燃費性能向上のためにハイブリットを採用することで、どのような本格SUVに変わるのか? 気になります。また最近のトヨタのSUVを見ていると、そのスタイリングも注目しています。

●新型ランドクルーザー予想スペック
・全長×全幅×全高:4950×1990×1890mm
・ホイールベース:2850mm
・車両重量:2450kg
・エンジン:3.5L V6DOHC+ターボ+モーター
・エンジン出力:350ps/50.0kgm
・モーター出力:180ps/30.6kgm
・トランスミッション:10速AT

■スズキ 新型アルトワークス(2021年10月登場予定)

 今年(2020年)12月、9代目となる新型アルトが登場するが、気になるのはやはり、それをベースに仕上げられる新型アルトワークスだ。

スズキ 新型アルトワークス(2021年10月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 俊敏軽スポーツ魂にさらに磨きをかけ、軽量ボディに搭載されるのは新型アルトのR06D型、それのターボ仕様だ。ボア×ストロークが異なり、レスポンスと燃費が向上。意のままに軽快に走ることウケアイだ。

 フロントまわりやホイールデザインにブラックをあしらい、イケてる雰囲気。これで予想価格150万~165万円。5速MTで走りを楽しむ軽が少ないだけに期待大のモデルだ。

●編集部イイボシの期待ポイント
 某カメラマン氏の現行型に乗って「こんなに面白いクルマだったのか!」と感心した。特にエンジン。フリクションなくブンブン回るその様は、レクサス「F」のV8と並び称されてもいいと思っている。なので次期型もこのままの路線を突っ走ってもらい、願わくばスタイルだけはもう少々上質に。求めたいのはそれだけ!

●編集部ババの期待ポイント
 想像できないスタイルで次期型を登場させることがあるスズキ。次期型アルトともども、新型はまずそこに期待が膨らむ。現行ハスラーで、その乗り心地のよさに驚いたプラットフォーム「ハーテクト」。これの採用で“快適に、そしてキビキビ走り回る”アルトワークスに乗れるはず。お求めやすい価格にも期待したい!

●新型アルトワークス 予想スペック
・全長×全幅×全高:3395×1475×1500mm
・ホイールベース:2465mm
・車両重量:670kg
・エンジン:658cc直3DOHC+ターボ
・最高出力:65ps/6000rpm
・最大トルク:10.2㎏m/3000rpm
・トランスミッション:5速MT

■スバル 新型WRX STI(2022年3月登場予定)

 名機、EJ20型エンジンの生産終了に伴い、現状スバルのモデルラインナップから消えているWRX STIが2022年に復活する。

スバル 新型WRX STI(2022年3月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 新型はプラットフォームが「スバルグローバルプラットフォーム」に変わり、さらにフルインナーフレーム構造を採用するということで、極めて高いボディ剛性を獲得、走りの質感も大幅に高められる。

 搭載エンジンは北米専売SUV、アセントが積むFA24型2.4L直噴ターボを専用チューニング。400ps級の出力を目指しているというから、期待が高まる。

 価格は450万~550万円程度が予想されている。

●編集部イイボシの期待ポイント
 噂では新開発フラット4、2.4Lターボを搭載する次期WRX STI。シャシーから何から一新するらしいが、コンセプトはそのまんま。それも1992年登場のSTiバージョンIからそのまんまというのが素晴らしい。かつては熾烈な争いを続けていたランエボの魂まで背負っているようで涙が出そうになる(出ない)。新型レヴォーグの評判がやたらといいのも期待値を上げるが、できれば洗練はほどほどにして、荒々しさを残した乗り味を求めたい。

●編集部ワタナベの期待するポイント
 4WD+2Lターボというパッケージは国産唯一となるだけに次期型への期待は当然大きい。次期型は2.4Lターボ採用がポイントだが、現在世界最強となるメルセデスAMG A45の421ps/51.0kgmには届かないとしても、ダウンサイズという潮流の逆を行くアップサイジングでほぼ同じスペックに到達してくれるはず。ふたつ目のポイントはSTI製コンプリートカーでなくとも満足できるツルシとしての性能の提供。もう目が離せないぞ!

●新型WRX STI予想スペック
・全長×全幅×全高:4680×1810×1450mm
・ホイールベース:2670mm
・車両重量:1580kg
・エンジン:2.4L水平対向4気筒DOHC+ターボ
・最高出力:400ps/5600rpm
・最大トルク:50.0kgm/2400rpm
・トランスミッション:6速MT

■マツダ 新型マツダ6(2022年3月登場予定)

 マツダのフラッグシップモデルであるマツダ6が2022年3月、新型に切り替わる。

マツダ 新型マツダ6(2022年3月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG)

 この新型マツダ6の特徴は、ラージアーキテクチャーと呼ばれる直6エンジン+後輪駆動に対応する新たなプラットフォームを採用すること。つまり次期マツダ6はFRになるということだ。

 その新プラットフォームに積まれるパワーユニットは、3Lのガソリンとディーゼルで、前述したとおりいずれも直6。ガソリンエンジンはSKYACTIV-Xとなり、300ps級の出力を発生しながら、15km/Lという好燃費を達成する。

 第2世代となるディーゼルは60kgmに迫る強大なトルクが魅力だ。予想価格は400万~450万円。

●編集部ウメキの期待ポイント
 果たして「どんなクルマ」に仕上げてくるのかはわからないんだけど、新開発されるFRプラットフォームに、これまた新開発される直列6気筒エンジンってだけでも、もうムネアツっス! 直6、FRは私にとって永遠のテーマですよ。
 だから、本当は上級サルーンとかそういうのではなく、このコンポーネンツを活かしたミッドサイズクーペみたいなのが開発されたらいいんだけどね。この次期型マツダ6はチト大きすぎそうだし、こいつをベースにしたクーペってのも、きっとスタイリッシュすぎてオイラには似合わない。もちっと、昔のGr.Aっぽいのが好きなのよ。

●編集部ワタナベの期待ポイント
 現行のマツダ6はFF/4WDのDセグサルーン/ワゴンだけど、次期型は2代目センティア以来となるFRサルーンカテゴリーへの投入というのがポイント。これだけを抽出すると、BMW3シリーズやベンツCクラスのようなDセグモデルを期待しちゃうけど、実は低コスト化を見据えたところもポイント。直6のSKYACTIV-Xとクリーンディーゼル、2種の3Lエンジンを用意し、プラグインハイブリッドも追加されるというから見逃せない。
 あと隠し玉として、この次期型マツダ6をベースにしたラージクーペモデルを用意しているというのも大きなポイント。

●新型マツダ6予想スペック
・全長×全幅×全高:4900×1880×1420mm
・ホイールベース:2850mm
・車両重量:1550kg
・エンジン:3L 直6DOHC+モーター+SC
・エンジン出力:350ps/50.0kgm
・モーター出力:180ps/30.6kgm
・トランスミッション:10速AT
※SC=スーパーチャージャー

■トヨタ 新型ミドシップスポーツ(2025年登場予定)

 協業相手であるBMWとの契約により、2025年に販売が終了すると言われている現行スープラ。しかし、トヨタとしても本格的なスポーツモデルは今後もラインナップにほしいところだ。

 そこで、スープラ的立ち位置を継ぐモデルとして開発が進んでいるのが、新たなミドシップスポーツだ。

トヨタ 新型ミドシップスポーツ(2025年登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG) …かつてのMR2がエンジンを横置きしたのに対し、新型ミドシップスポーツでは前後重量配分、車両挙動的に有利な縦置きとされる

 搭載するパワーユニットは新開発の3L、V6ツインターボをベースにしたハイブリッド。車体中央後部に縦置きされるそのユニットは、エンジン単体で400ps、モーター出力は160psを目標にしていると言われている。

 ライバルはポルシェケイマンとされるだけに、そうとうな作り込みが行われることは想像に難くなく、そのぶん価格は1000万円級が予想される。

●編集部ウメキの期待ポイント
 スクープ班に改めて確認したんだけど、「間違いなく、この計画はGOサインが出て進んでいる」っていうから期待に胸が膨らむ。今のトヨタならモータースポーツ活動からのノウハウの蓄積も大きくなっているし、プラットフォーム開発、シャシーチューニングなど、高い開発能力をいかんなく発揮してくれるだろう。
 一番期待しているのは、エンジン縦置きミドシップだという情報。ま、価格が1000万円級になるって話だから、到底買えはしないんだけどね。夢が膨らむでしょ!

●編集部イイジマの期待ポイント
 スーパーカー大好き人間であるワタシとしては、カッコイイと素直に言えるデザインが、なにより大事。その点、この予想CGはかなりイイ線いってると思います。パワーユニットが縦置きというのも、いいですな。正直、自分のウデでは横でも縦でも関係ないんですが、「縦置きナンダヨ」と他人にドヤりたいです。
 ただハイブリッドとなると3ペダルMTが期待できなさそうで、そこが少し不安です。別に飛ばさないけど、飛ばさないからこそ、変速の楽しみがほしいな、と。

●新型ミドシップスポーツ予想スペック
・全長×全幅×全高:4400×1850×1280mm
・ホイールベース:2500mm
・車両重量:1750kg
・エンジン:3L V6DOHC+ターボ+モーター
・エンジン出力:400ps/48.0kgm
・モーター出力:160ps/30kgm
・トランスミッション:電気式無段変速機

【画像ギャラリー】妄想も無限大!? 期待膨らむ新型車たちの予想CGをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ