カローラクロス アリアほか2021年最新モデル投入&クルマ界全情報


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 タフトが販売台数でハスラーを抜き、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したレヴォーグが販売絶好調、落ち込んでいた新車販売も2020年10月期は大幅な回復傾向と元気な話題が多い一方、カローラクロス投入でC-HRが廃止も? というショッキングな観測も。

 ほかトヨタ、ホンダ、日産の2021年投入モデルも見えてきた。詳しくお伝え!

【画像ギャラリー】トヨタ 日産 ホンダ…これからの登場に期待大! なモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年11月のものです
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■トヨタ、カローラクロスの投入でC-HRはどうなる?

 トヨタは2021年秋にもカローラベースSUVの「カローラクロス」を国内に投入する方向で開発を進めています。これに伴って同クラスSUVであるC-HRを廃止する可能性が生じています。

 C-HRの売れゆきが最近になって低迷しているためです。特に8月にヤリスクロスが発売されてから、減少幅が大きくなっています。

 C-HRは現行モデルの登場が2016年12月ですから、普通に考えれば2021年終盤から2022年にはフルモデルチェンジして次期型にバトンタッチしてもおかしくないタイミングですが、そのような動きはまだ聞こえてきません。

 来秋カローラクロスが投入されれば、さらにC-HRは存在価値が小さくなる可能性があります。またC-HRの後継モデルはカローラクロスになることも考えられます。

今年7月に初公開され、タイで発売されたカローラクロスは日本にも投入される見込み。日本では同クラスであるC-HRの後継車扱いになる可能性もある
こちらはC-HR

■ダイハツタフトが販売台数でついにハスラーを抜いた!

 10月の新車販売台数でダイハツのタフトがついにスズキのハスラーを抜きました。10月の販売台数はハスラーが6536台だったのに対し、タフトは7471台を売り、935台差をつけたのです。

 タフトは今年6月の発売以来、徐々にハスラーとの差を縮めていました。両モデルとも好調な売れゆきを推移していましたが、モデルが半年ほど新しいぶん、タフトのほうが新型車効果はより効いたといえます。

 なお、タフトは10月~12月のキャンペーンで「わくわくナビ付限定車購入プラン」を実施しているのも追い風になっています。このキャンペーン期間中は、タフトのほうがハスラーとの販売競争では優位に駒を進めそうな趨勢となっています。

なにげに大きなニュース?? タフトが販売台数でハスラー超え

次ページは : ■スバル新型レヴォーグの売れゆきが好調、納期4カ月待ち!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ