新型いすゞミュー発売記念! いすゞの絶版SUV ミュー ビッグホーン ビークロスはまだ買えるのか?

 約20年前の2002年、いすゞは乗用車から撤退したが、海外ではピックアップトラックとSUVを販売している。

 直近では2020年10月28日に、ラージSUVのmu-X(ミューエックス)を発表。このmu-Xはタイ生産でラダーフレームを持つミドルピックアップトラック「D-MAX」から派生したラージSUV「mu-7」の後継車で2013年に初代モデルが登場し、今回のフルモデルチェンジで2代目モデルとなる。

 このミューという車名を聞いて「懐かしい~、いすゞのヨンクにあったなあ」と思った人も多いはずだ。ちなみに1989年に発売された当時のミューは、ピックアップトラックに2ドアボディを載せた3ドアと、5ドアボディのウィザードが用意されていた。

 さらにいすゞのSUVを辿っていくと、イルムシャーやハンドリング・バイ・ロータスがラインナップされた本格派クロカンのビッグホーン、そしてコンセプトカーがそのまま市販されたビークロスに行きつく。

 はたして、かつてのミューやビッグホーン、ビークロスは今買えるのだろうか? 中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。


文/萩原文博
写真/いすゞ

【画像ギャラリー】流通台数残りわずか!いすゞの中古クロカンを見る


新型mu-Xはタイ生産で日本発売の可能性は低い

新型mu-Xが日本で発売される可能性は非常に低い

 2020年10月28日に発表された新型いすゞmu-Xは、ピックアップトラックのD-MAXか派生した3列7人乗りのSUV。ボディサイズは全長4850mm×全幅1870mm×全高1875mm、ホイールベース2855mm。

 いかつい顔でなかなかの男前だが、残念ながらいすゞは乗用車の販売網を持っていないことから日本で販売される可能性は非常に低い。

 搭載されるエンジンは150ps/35.7kgmを発生する1.9L、4気筒ディーゼルターボと、190ps/45.9kgmを発生する3L、4気筒ディーゼルターボの2種類で6速ATと、1.9Lの上級グレードには6速MTが設定されている。

 3L、4気筒ディーゼルターボには、トラクションコントロールにノーマルモードとラフテレインモードの2種類の制御モードを組み込んだパートタイム4WD(2H/4H/4L)を用意。

中古車流通台数が最も多いビッグホーン

初代ビッグホーン・イルムシャー。ドイツのイルムシャー社と共同開発したサスペンションを搭載

 現在の国産車SUVブームの火付け役は乗用車のシャシーをベースに開発されたトヨタハリアーだが、歴史を遡ると1980年代にはトヨタランドクルーザー、三菱パジェロがクロカン四駆ブームを引き起こしていたが、いすゞもビッグホーンやビークロス、ミュー&ウィザードといった、クロカン四駆をラインナップし、クロカン四駆ブームの一役を担っていたのだ。

 現在はトラックなど商用車を製造する自動車メーカーとして知られているが、2002年までは乗用車も製造していた。SUVは1981年から生産しているSUVの老舗ブランドであり、メーカー自らもSUVのスペシャリストを自負していた。

 現在、いすゞの乗用車の中古車は約63台流通していて、そのうちSUVは約38台となっている。そのいすゞの中古SUVのなかで最も流通台数が多いのが約25台のビッグホーンだ。

 ビッグホーンはいすゞSUVのなかで最も歴史が長いモデルで、初代モデルは1981年9月に登場。デビュー当初は、ロデオビッグホーンというネーミングだった。

 従来からの4WDユーザーのニーズに応えつつ、オンロードでの乗用車レベルの快適性を備えて、通勤からレジャーまで幅広く使えるSUVの先駆けとなったモデル。

 ボディタイプはショートボディ、ロングボディ、ショートボディのソフトトップの3タイプで、乗用車に乗っていたユーザーでも違和感なく操作できる運転感覚を実現しながら、軽量な車両重量とクラス初の前輪独立懸架サスペンションの採用によって4WD車の特徴でもある悪路走破性を実現。

 まさに新しいSUVの幕開けを告げたモデルだ。1985年6月には4ドア車を追加し、1987年10月にはドイツのチューニングブランドであるイルムシャーとの共同開発したサスペンションやパーツを装着したイルムシャー仕様を発売。

ビッグホーン・ハンドリング・バイ・ロータスは、ロータスがチューニングを手掛けたスペシャルエディション

 翌1988年6月にはワイドタイヤやオーバーフェンダーを装備した、よりスポーティなイルムシャーRを設定。そして1989年11月にはイギリスのスポーツカーブランド、ロータスがサスペンションチューンを施したスペシャルエディションのハンドリング・バイ・ロータスを追加するなど、SUVながらスポーティさを強調したモデルだった。

2代目のビッグホーンは1991年12月に登場。最高出力200psを発生する3.2L、V6エンジンを搭載

2代目ビッグホーンの中古車情報はこちら!

 2代目のビッグホーンは1991年12月に登場。ボディはワイドな3ナンバー専用ボディとなり、最高出力200psを発生する3.2L、V6ガソリンエンジンを搭載するなどさらに走行性能に磨きをかけた。

 先代モデル同様にショートとロングボディを用意し、高級感のあるハンドリング・バイ・ロータス、スポーティなイルムシャーというグレードを設定していた。

 1995年5月にはマイナーチェンジを行い、ディーゼルエンジンの改良に加えて、実用性の高いパートタイム4WDとして100km/h以下の走行中ならば、2WDと4WDの切り替えが可能な「シフトオンザフライシステム」、そして電子制御によって前後輪への駆動トルク配分を適切にコントロールし、抜群の操縦安定性と悪路走破性を誇るトルクオンディマンド(TOD)を設定し、商品力を向上させた。

 1998年3月にビッグマイナーチェンジを行い、内外装の変更に加えて、搭載するエンジンを3.5L、V6ガソリンエンジンと3L、直4ディーゼルガソリンに変更。グレードはハンドリング・バイ・ロータス、プレジール、フィールドスターの3種類で2002年まで販売された。

 流通している中古車のほとんどは1991年~2002年まで販売された2代目ビッグホーンで、流通台数は約21台。3ヵ月前の約24台なのでほぼ横這いといえる状態だ。中古車の平均走行距離は3ヵ月前の約13万7000kmから14万7000kmまで延びているものの、平均価格は約68万円をキープしている。

 2代目ビッグホーンの中古車の価格帯は約40万~約145万円で、最高価格の中古車を除いてすべて100万円以下のプライスが付いている。

 グレードでは3.0ディーゼルターボプレジールIIが8台で最も多く、同じく3.0ディーゼルターボプレジールが5台で続く。そのほかのグレードは1台のみばかりで、そのなかにガソリンエンジン搭載車も含まれている。

POPで楽しい3ドアショートボディのミュー

発売当初の初代ミューは、3ナンバーサイズながら2シーターのみの設定だった

 続いて紹介するのは、今回の発表された新型mu-Xと同じ車名を持つミュー。ミューのmuはミステリアス・ユーティリティがルーツで、3ナンバーサイズのボディながら2人乗りという、なんとも謎めいたモデルで1989年4月に発売された。

 リアにハードカバーとソフトトップの採用した2モデルで登場し、1990年8月には、メタルトップの4シーターモデルを追加し、実用性を向上。さらに1991年9月にはフロントマスクのデザインを変更するとともにディーゼル車に4速ATを追加した。

 1992年10月の2度目のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパーのデザイン変更とともにソフトトップを廃止。続いて1993年9月には一部改良が実施され、エンジンが3.1L、直4OHV過流室式ディーゼルターボに1本化された。

 モデル末期の1997年には搭載する3.1L、直4ディーゼルターボエンジンに電子制御燃料噴射システムを採用し、排出ガスのクリーン化とレスポンスの向上を実現している。

2代目ミューには3.2L、V6ガソリンと4速ATを搭載

2代目ミューの中古車情報はこちら!

 1998年6月には9年ぶりにフルモデルチェンジし、ミューは2代目となる。ボディタイプは3ドアのみで、ツインガラスサンルーフを装備したレジントップとオープントップの2種類。

 搭載するエンジンは可変慣性吸気システムを採用した3.2L、V6ガソリンのみでトランスミッションは4速ATが組み合わされている。

 走行中でも2WDと4WDの切り替えが可能なシフトオンザフライシステムや悪路での走破性を向上させるLSDなどを搭載し、高い悪路走破性を実現している。

 2000年5月にマイナーチェンジが実施され、エクステリア面ではバンパーやリアコンビランプのデザインが変更されるとともに、マルチリフレクターヘッドランプを採用。

 そして2002年8月に生産終了となり、同社のSUV事業からの撤退に伴い国内販売が終了となった。アメリカでの生産は継続されたものの、2005年で販売終了となった。

 現在、ミューの中古車は1998年~2002年まで販売された2代目のみ流通していて、流通台数は直近3ヵ月の約3台が続いている。

 流通している中古車の平均走行距離は3ヵ月の間、約8万kmで横這いとなっており、平均価格も約58万円のまま横這いで推移している。価格帯は約56万~約88万円で、レジントップが2台、ソフトトップが1台となっている。

5ドアモデルのウィザードは?

初代ミューウィザードはミューの派生モデルとして登場。全車5ドアのメタルトップ仕様に統一し、余裕のある室内空間を確保した

 ミューの派生モデルとして、1995年12月に5ドアモデルのミューウィザードが登場。ボディタイプは、ミューにはメタルトップ仕様とFRPトップ仕様が用意されていたのに対し、全車メタルトップ仕様。

 ボディサイズはミューに対して、全長が420mm長く、全幅は15mm狭く、全高が80mm高い全長4585×全幅1765×全高1750mm。

 余裕のある室内空間にフルフラット&ダブルフォールディング機能などを採用した6:4分割可倒式リアシートを搭載し、多彩なシートアレンジが可能となっている。

 また、走行中でも2WDと4WDの切り替えが可能なシフトオンザフライシステムを全車に標準装備し、オンオフ問わず高い走行性能を発揮する。

2020年12月現在、中古車市場に出回っているのは2代目ウィザードのみ

2代目ウィザードの中古車情報はこちら!

 1998年6月にフルモデルチェンジした2代目は、車名がウィザードとなり独立したモデルとなった。ボディタイプはミューウィザード同様5ドアメタルトップ仕様のみの設定で、スタイリングはキープコンセプトにより従来のイメージが踏襲。

 搭載するエンジンは3.2L、V6ガソリンと3L、直4ディーゼルターボの2種類。ディーゼルターボにはコモンレール式高圧燃料噴射装置を搭載し、高い環境性能を実現している。4WDシステムはTOD(トルクオンデマンド)と呼ばれる機能を搭載。

 これは路面状況や走行状態に応じて、前後輪のトルク配分を最適な状態に自動制御するシステムで、4WD車に起こりやすい小回り時のタイトコーンナーブレーキング現象も起こらないのが特徴だ。

 4WD車のウィザードはS、LS、LSEの3グレード。一方2WD車のウィザードアライブSとLSの2グレードで合計5グレード用意されていた。現在中古車で主流となっているのは1998年~2002年に販売された2代目モデル。

 しかし流通台数はわずか4台しかない。3ヵ月前は約9台流通していたので、減少傾向といえる。中古車の平均走行距離は3ヵ月前の約13万2000kmから約10万7000kmまで減少している。

 この動きにリンクして、平均価格は3ヵ月前の約49万円から今月は約76万円まで値上がりしている。ウィザードの中古車の価格帯は約48万~約84万円となっている。

コンセプトカーそのままのスタイルで市販化されたビークロス

1993年の東京モーターショーで大きな反響を呼んだビークロス。奇抜でスポーティな外観が目を引く

 最後に紹介するのは、1997年4月~2000年12月まで、約1700台が販売されたビークロスだ。オールアラウンドリアルスポーツという新しいコンセプトにいすゞのスポーツマインドの盛り込んだ集大成といえるモデルだ。

 3ドア車のみで、搭載するエンジンは3.2L、V6ガソリンのみで組み合わされるトランスミッションは4速ATとなる。

 駆動方式は電子制御トルクスプリット式のフルタイム4WDで、レカロシートやMOMO製のエアバッグ付きステアリングなど豪華なパーツが奢られている。

 グレードはモノグレードだが、特別仕様車として1997年11月にプレミアムカラープロデュース25を販売、1992年2月には国内販売終了を記念した最終限定車の175リミテッドエディションが175台販売された。

 ビークロスの中古車の直近3ヵ月間の流通台数は、ほぼ3台が続いていて、今後増える可能性は少ない。

 流通している中古車の平均走行距離は3カ月前の約10万kmから約15万kmまで延びているものの、平均価格は約50万円だった3ヵ月前から約180万円まで値上がりしている。

 価格帯は約96万~215万円で、走行距離が4.1万kmという中古車は215万円という高値をキープしている。2002年に生産終了し、すでに18年が経過しているにもかかわらず、台数は少ないものの一定の相場をキープしているのはいすゞファンがいるからだ。

 もうビッグホーンを除けば、すでに中古車はひと桁台数しかないので、欲しい人は早めに動くのがベターだろう。

【画像ギャラリー】流通台数残りわずか!いすゞの中古クロカンを見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ