ヤリスに劣勢も先祖帰りで総合力アップ!? 新型フィットは何が変わった? 旧型と比べた進化度と長短


 2020年に登場した話題の新車を従来モデルからの進化度で比較! トヨタ ヤリスと同様、国産コンパクトの雄として君臨するホンダ 新型フィットの評価は?

 フィットはコンパクトカーの代表車種だ。最近のホンダでは軽自動車のN-BOXが好調に売れて、フィットは押され気味だが、商品力は充分に高い。2020年2月に新型へフルモデルチェンジされたので、改めて先代型からの進化度を考えたい。

【画像ギャラリー】新旧でまるで違う!? 新型フィットと旧型を写真で徹底比較!

文/渡辺陽一郎、写真:編集部、HONDA


居住性は同等ながら視界の良さは大きく改善

デザイン面でも従来型のシャープなイメージからやわらかで親しみやすい意匠に一新された新型フィット

 新型フィットのボディサイズは先代型とほぼ同じだが、外観はかなり変わった。先代型はサイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げ、スポーティな躍動感を演出したが、現行型は水平基調だから雰囲気は大人しい。

 その替わり現行型は視界を大幅に向上させた。運転席に座ると、インパネの上面が平らで前方が見やすい。左右のピラー(柱)形状も工夫され、斜め前方の視界も良い。

 さらにサイドウインドウの下端が後方まで水平に伸びているから、側方や斜め後ろ、真後ろの視界も優れている。先代型やほかの車種に比べて周囲が見やすく、視界は数ある日本車の中でも最高水準だ。視界の良さは、安全性と運転のしやすさを向上させる。

新型フィットのインパネ。ピラーから視界の良さも見て取れる

 内装も変わった。インパネの上下幅が薄型になり、スッキリとシンプルに仕上げた。好みの分かれるところだが、先代型に比べると馴染みやすい。

 居住空間の広さは先代型と同等だが、全高を立体駐車場が使いやすい高さに抑えたコンパクトカーでは、最大級のスペースを備える。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕を持たせた。ミドルサイズセダン並みの広さだ。

新型フィットの室内。居住性は従来型とほぼ変わらないが、全体的に明るく開放感のある雰囲気に

 ただし、後席側のドアは、開口部の上端を先代型に比べて10mm下げた。そのために乗降時には、頭を少し下げなければならない。乗降性は現行型になって退化した。

 荷室の広さは先代型と同等だが、燃料タンクを前席の下に設置するから床が低い。荷物の収納がしやすく、ボディサイズの割に、積載容量にも余裕がある。

一新されたハイブリッドはモーター主体の走りに進化

新型フィットは従来型で1モーターだったHVを2モーターに刷新。モーター出力も上がり、燃費や加速性能でも大幅進化

 メカニズムでは、ハイブリッドシステムをe:HEVに刷新した。オデッセイやインサイトに使われるタイプと基本的に同じで、エンジンは主に発電機を作動させ、駆動はモーターが担当する。従って通常の走行では、エンジンは速度の増減や負荷に左右されにくく、常に高効率な回転域を使える。

 効率を追求したことで余剰な電気が生じた時は、駆動用電池に蓄えて、エンジンを停止させた状態で走る距離を伸ばす。そうすれば燃料消費量を抑えられる。高速道路などの巡航では、エンジンがホイールを直接駆動する場合もある。これも効率を高める秘訣で、ノートなどのe-POWERには採用されていない機能だ。

 e:HEVはモーター駆動が基本だから、加速が滑らかでノイズは小さい。モーターは瞬発力が強いため、アクセル操作に対する車両の動きは機敏な印象だ。一般的なガソリンエンジンに置き換えると、2L以上の余裕を感じる。

 また、フィットのe:HEVでは、アクセルペダルを深く踏み込んだ時は、エンジンも同期して回転を高める。

 前述の通りモーター駆動だから、発電用エンジンの回転数を走行状態に合わせる必要はないが(そのために高効率も追求できる)、状況によってはドライバーに違和感を与えてしまう。そこでアクセルペダルを深く踏むと、エンジン回転数を高める制御も採用した。自然な感覚で運転できる。

次ページは : 先代型のネガだった乗り心地もソフトに