安っぽかった旧型を払拭!? 新型ノートは日産党の期待に応えるクルマか

 実に7年ぶりのフルモデルチェンジ、そして日産にとって久々となる“日本向け主力モデル”の刷新でもある新型ノートが、2020年12月に発売された。

 旧型のノートといえば、2017年にシリーズハイブリッドの「e-POWER」を追加し、モデルライフ終盤ながら登録車販売No.1にも輝いたモデル。

 ……が、クルマそのものの“基本性能”という意味では、やや安っぽさが目立った印象も否めない。トヨタが新型ヤリスを送り出し、ホンダもフィットを刷新、室内は手狭とはいえ、スイフトやマツダ2も実力派となればなおさらだ。

 技術力が高く、ファンも多い日産だけに「期待に応える、日産党が買いたい新車を!」という声は多かった。新型ノートは「今までのノートとは大きく違う」との評価も多く、サイズ・価格的にも手頃だが、本当に日産党待望の新車に仕上がっているのか?

文/渡辺陽一郎、写真/日産、奥隅圭之

【画像ギャラリー】日産ノート VS トヨタヤリス VS ホンダフィット!最新コンパクトカーを見比べる


e-POWER専売&価格アップで刷新した新型ノート

2020年12月23日に発売開始した日産新型ノート。販売店によると、納車は3月下旬になるという(メーカーオプションの組み合わせでは4月中旬)

 最近登場した新型車の中で、コンパクトカーの新型ノートは、特に注目度の高い車種だろう。発表は2020年11月だが、納車を伴う発売は12月23日だ。実質的に2021年に入って販売を開始している。2020年2月に登場したライバル車のヤリスやフィットに比べて新鮮味が強い。

 販売店にノートの納期などを尋ねると、以下のように返答された。

「従来型から乗り替えるお客様を含めて、ノートは順調に売れている。2021年1月中旬に、プロパイロットをオプション装着した2WD仕様を契約した場合(グレードはX)、納車は3月下旬になる。メーカーオプションの組み合わせ次第では、4月下旬に遅れることも考えられる。特に今は半導体が不足しているので、全般的に遅延気味だ」

 新型ノートの納期が長いことは確かだが、2か月半から3か月半だ。予想以上の売れ行きで長い遅れが出ているわけではない。

今回発売された新型車からは、e-POWER専用車になった。それにより価格帯が高まり、全グレード200万円超えとなった

 また、新型ノートは、ノーマルエンジンを廃止してe-POWER専用車になっている。先代型の70~75%をe-POWERが占めたからだが、価格帯も高まり、全グレードが200万円を超える。

 販売店からは「ノートのノーマルエンジン車が廃止されて価格が高まった結果、先代ノートのお客様が、ほぼ同じ価格で買えるデイズやデイズルークスに乗り替えている」という話も聞かれる。

 この経緯を考えると、ノートのノーマルエンジン車の需要は日産の軽自動車などに吸収され、生産が間に合わないほどの受注にはならないだろう。それでもノートは、今後継続的に高い人気を保つ。そこには4つの理由がある。

ルノー仕込みの足回りで新型ノートは乗り心地&ハンドリングも高水準

 まずは新型ノートの商品力が大幅に向上したことだ。先代型に比べると内外装の質が高まった。

 開発者は「内外装を価格の安いノーマルエンジン車と共通化したら、インパネなどの質感をここまで高められなかった。バリエーションを価格の高いe-POWERに絞ったから、内装も上質に仕上げられた」という。

e-POWER専用車に絞られたこともあり、先代型と比べ、ノートの内外装の質が高まった

 プラットフォームの刷新も利いている。開発者によると「新型ノートのプラットフォームや足まわりの開発には、ルノーが積極的に参加した」とのことで、ルノー ルーテシアや日産 ジュークと基本的に共通だ。

 新型ノートを運転すると、足まわりが柔軟に伸縮して、コンパクトカーとしては乗り心地がとても上質だ。なおかつカーブを曲がる時は、旋回軌跡を拡大させにくく、操舵角に忠実によく曲がる。

 そうなると峠道などでは、ボディの傾き方が大きくなる場面も生じるが、挙動の変化が穏やかに進むから車両の動きが不安定になりにくい。故意にアクセルペダルを戻す操作をすることで、車両の進行方向を滑らかに内側へ向けることも可能だ。

快適性、安定性、車内との一体感を伴う運転の楽しさが上手く調和した新型ノート。ライバル車であるヤリス、フィットの魅力に勝る魅力を持つ

 このように新型ノートは、快適性、安定性、車両との一体感を伴う運転の楽しさなどを高水準で調和させた。ライバルと比べると、フィットは新型ノート以上に広い後席と荷室を備える。独自のメリットを発揮するが、ヤリスの立場は辛くなった。

 ヤリスの後席と荷室は、新型ノートよりも狭く、メリットは走りの軽快感と優れた燃費になるからだ。燃費はヤリスハイブリッドが優秀だが、乗り心地と運転する楽しさは、新型ノートが勝っている。総合的に見ると新型ノートが魅力的だ。

 そして新型ノートのドライバーを中心にした運転感覚は、従来の日産車とは大きく異なる。日産がルノーと業務提携を結んで約20年を経過するが、商品に落とし込んだ時の一番のユーザーメリットは、新型ノートといえそうだ。

乗り替え需要とe-POWER誕生が人気を保つ理由

 新型ノートが今後も高人気を保つ2つ目の理由は、膨大な乗り替え需要だ。ノートの初代モデルは2005年に発売され、販売累計は146万台に達した。このうち44万台がe-POWERだ。従来型からの乗り替え需要も多く、新型の売れ行きも伸びる。

写真は2005年に誕生した初代ノート。2012年に先代(2代目)にフルモデルチェンジし、2016年にe-POWER搭載車が発売され、販売累計146万台に達した

 3つ目の理由は、2011年以降の日産が国内へ投入する新型車を滞らせ、堅調に売れる日産車も激減したことだ。

 2020年にはコロナ禍でクルマの売れ行きが全般的に落ち込んだとはいえ、同年に月平均で2500台以上売れた日産車は、ノート、セレナ、デイズ、デイズルークスのみだった。ほかの車種は販売が低迷している。

 その結果、前述のノートなど4車種の販売台数を合計すると、2020年に国内で売られた日産車の64%を占める。同年にはコンパクトSUVのキックスも加わって期待されるが、タイ製の輸入車でグレード数も限られるから、小型/普通車登録台数ランキングで上位に入るほどではない。

 つまり、今の日産では、好調な販売を見込める商品が少ないため、上記の4車種にディーラーの販売力も集中する。特に生産を終えたティーダやキューブは上質なコンパクトカーだったから、ユーザーから見ると、ノーマルエンジンを搭載する先代ノートでは物足りなかった。

2016年に行われたマイナーチェンジで、e-POWERが搭載された。それにより、平均登録台数が急増し、コンパクトカーの販売台数首位になった

 そこでe-POWERを加えた後の2017/2018年は、先代ノートの平均登録台数が1か月で1万台以上に急増した。「ノートe-POWERなら許せる」と判断したからだ。

 表現を変えると「日産車を買いたいのに、その対象になり得る優れた商品がない」という不満が、先代ノートe-POWERの好調な売れ行きに結び付いた。新型についても、数多くの日産車ユーザーが乗り替えるだろう。

新型ノートは日産ファンの期待に応えるか

 新型ノートが高人気を保つ4つ目の理由は、先代型と違って、今のところ国内専用車になることだ。

 開発者は「今は海外でマイクラやジュークが人気を得ており、新型ノートは国内専用車にした」という。海外で売らない場合、軽自動車のように、国内で大量に販売せねばならない。

 そして、日産はコンパクトカーとしてマーチも用意するが、発売時点から質感に不満があって売れ行きが伸びず、今では10年が経過した。

 2020年のマーチの登録台数は、月平均で500台以下だ。そこで日産のコンパクトカー需要は新型ノートに集中させる。このやり方なら売れ行きも伸びるから、国内専用車としても成り立つ。

 以上のように新型ノートは優れた商品に成長したが、背景に潜む日産の事情を考えると必ずしも喜べない。

新型ノートは先代型(2代目)と違い、国内専用車になった。その背景には同じコンパクトカーであるマーチの売れ行きと海外需要が存在する

 エルグランドやフーガは設計が古く、エクストレイルも海外では次期型(新型ローグ)が登場したのに日本では旧型を売っている。スカイラインも落ち込んだ。

 この状況をフルモデルチェンジや新型車の積極的な投入によって打開するのではなく、むしろ肯定して少数の商品で国内市場を支えるのであれば、新型ノートを国内専用にして渾身の開発を施したことも納得できる。

 以前噂になっていたコンパクトミニバンタイプと併せて、日産の国内市場は、日本向けの「新型ノートシリーズ」が背負って立つわけだ。

 新型ノートは前述の通り優れた素性を備えている。車内の広いコンパクトミニバン、スポーティなNISMOなど、いろいろな商品に発展させても成功する可能性を秘める。まずは新型ノートを軸に国内販売を盛り返し、改めて魅力的なラインナップを構築してほしい。

【画像ギャラリー】日産ノート VS トヨタヤリス VS ホンダフィット!最新コンパクトカーを見比べる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ