「長期ローン」は人生の伴侶!! クルマを買うなら炎の60回払いを応援したい!!

真っ白に燃え尽きるまで払うべし!!! 迷わず上れよ 長期ローン男坂

 サブスクリプションに残価設定型クレジット。令和の現在、クルマの購入法もいくつか種類が増えてきた。が、どいつもこいつも洒落くせぇ。男が惚れたクルマを買う時にゃ後先なんて考えず、「頭金ナシ&ボーナス払いナシ」の均等割り長期ローン一択だ。何回だろうと払いきる、それが「粋」というものだ。

 そんな平成初期の刹那的かつ無駄にアツい魂を呼び覚ますべく、頭金ナシ&ボーナス払いナシの条件で憧れの現行車を購入するには、毎月いくら払えばいいかを検証するのがこの企画。

 定番の60回払いのみならず、選べるものではディーラーが用意する最長回数の支払い額も併記した。どこか冷めた令和の時代に、平成男の生き様を刻むべし。

※本稿は2021年2月のものです。文中の「諸費用」は税金関係など+ナビ、ETC、フロアマットといった最低限のディーラーオプションを含んだものです。
文/永田恵一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年3月10日号

【画像ギャラリー】歯を食いしばりローンを支払い続けるキミは美しい! ピックアップされた6台+αの支払い額をギャラリーでチェック!!!


■成功者の証!?/アルファードコース

アルファード2.5 S Cパッケージ…今回選んだのは2.5Lガソリンモデル。もっと無茶をしたいなら3.5L V6に挑戦だ

■永田恵一の買い方指南……トヨタのディーラーローンは60回が最長のため、月9万5800円というのは500万円級の価格を考えれば、こんなところだろう。それより注目したいのが残価設定ローンで、金利が4.8%と低くなるのに加え、残価も3年後約57%、4年後約48%、5年後約39%と高いので、月の支払いも8万1000円、7万400円、6万5400円と下がる。アルファードをローンで買うなら、残価設定ローンを考える価値は大きいといえるだろう。

■編集部コメント……街中で頻繁に見かけるので長期ローンなら月々の支払いが安いのかと思ったらそうでもなかった。序文で否定した残クレが薦められる結果には満面に苦笑いを浮かべるのみだ。

●月々の支払額(60回)9万5800円

●60回払いの場合
・本体価格+諸費用…511万5080円
・初回支払額…9万6697円
・月々支払額…9万5800円
・金利手数料…6.8%
・分割払い合計金額…600万1977円

●似たような価格の他モデル……クラウンハイブリッドB・GRヤリスRZハイパフォーマンス・CX-8 XDエクスクルーシブモードなど

当然ヴェルファイアのZ、Gエディションでも結果は同じ

■本体価格+諸費用 400万円コース/スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグSTIスポーツEX

■永田恵一の買い方指南……レヴォーグのディーラーローンは84回まであるが、60回との月の差額は約2万円なので60回のほうがいいだろう。残価設定ローンだと3年が60回ディーラーローン、5年も72回ディーラーローンと似た金額になってくるので、迷うところかもしれない。

■編集部コメント……84回払いで、ようやく月々払うのもしかたないかと思える金額になった。いいぞ、84回払い!

●月々の支払額(60回)…8万200円
●月々の支払額(84回)…5万9400円

●60回払いの場合
・本体価格+諸費用…436万6300円
・初回支払額…8万0701円
・月々支払額…8万0200円
・金利手数料…3.9%
・分割払い合計金額…481万2501円

●84回払いの場合
・本体価格+諸費用…436万6300円
・初回支払額…6万5051円
・月々支払額…5万9400円
・金利手数料…3.9%
・分割払い合計金額…499万5251円

●似たような価格の他モデル……トヨタ ハリアーハイブリッドG(2WD)・マツダ ロードスターRF RS・ベンツA180・ミニクーパーS 3ドア

次ページは : ■本体価格+諸費用 600万円コース/ベンツCクラス