WRX S4、BMW M4…現代版「羊の皮を被った狼」!! 5選

今もある! 現代版「羊の皮を被った狼」!!

 小型ファミリーセダンとして開発され、1.5Lの4気筒エンジンを搭載して1963年に登場した2代目スカイライン。この小型セダンにひとクラス上の6気筒エンジンを搭載してレースで活躍したスカイラインGTにつけられた愛称が「羊を被った狼」だった。

 ボディタイプはセダンやハッチバック。つまり見た目はおとなしめではあるけれど、内に秘めた性能はスポーツカー並みのハイパフォーマンス。そんな「羊の皮を被った狼」ようなクルマは過去だけじゃなく現代にもある!

 というわけで、本企画では現代版の「羊の皮を被った狼」といえる5モデルをピックアップ。そのなかには意外なクルマも……!

文/片岡英明
写真/日産、スバル、ホンダ、BMW、アウディジャパン、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】本文未掲載のエンジン写真も!! 現代に生息する羊の皮を被った狼たちを見る


■見た目はおとなしく走りは勇ましい

日本での「羊の皮を被った狼」の元祖ともいえる2代目 スカイライン2000GT

 クルマの世界で「羊の皮を被った狼」というのは、なんの変哲もないフツーのファミリーカーのボディに高性能エンジンを積み、サスペンションなども鍛え上げた硬派のスポーツモデルのこと。速そうに見えないが、走らせると速い、イジワルなクルマである。

 その元祖は、フォードのコルチナにチューニングしたエンジンを組み合わせたコルチナ・ロータスだ。日本では2代目スカイラインのボンネットを延ばし、2Lの直列6気筒エンジンを積んだスカイラインGT、後の2000GT-Bが最初の作品。荒々しいが、公道でもサーキットでも速い。

 今でも少数だが、ワクワクさせる速いクルマが存在する。魅力的な現代の「羊の皮を被った狼」は!?

■日産 スカイライン400R

日産 スカイライン400R。スポーツセダンという呼び方自体が羊の皮を被った狼を体現している

 羊の皮を被った狼の熱い血は、現代のスカイラインにも引き継がれている。スポーツセダンの筆頭が、2019年夏に加えられたハイパフォーマンスセダンの「400R」だ。

 外観はハイブリッド車とほとんど同じだが、VR30DDTT型と呼ばれるパワフルな3LのV型6気筒DOHCツインターボをボンネットの中に隠している。パワースペックは驚異の298kW/475N・m(405ps/48.4kgm)だ。最高出力は同じエンジンを積むGTより99ps引き上げられている。

 トランスミッションは電子制御7速ATだけの設定だが、その気になれば6500回転まで軽やかに回り、加速も豪快だ。3000回転を超えたあたりから加速に弾みがつき、パドルシフトを駆使すれば、さらに刺激的な走りを楽しめる。滑らかさも直列6気筒と遜色ない。

 可変機構を組み込んだサスペンションもいい仕上がりだ。ボディの大きさを感じさせない身のこなしを披露し、意のままの気持ちいい走りを楽しむことができる。

 ランフラットタイヤを履くために乗り心地は今一歩だが、それを許せるほど走りは楽しい。高速道路運転支援技術のプロパイロット2.0が採用されれば、400Rは鬼に金棒だ。

【羊を被った狼度:★★★★☆】

次ページは : ■スバル WRX S4