ピストン西沢がアリアをオーダー!! ところでマンション住まいでもEVを買って充電できるの??


 世の中こぞって電動化へ突き進むなか、「ちょっと興味があって調べてみたけど、EVを買うには、カーライフどころか生活を丸ごと切り替えなきゃいけないのではないか……」、そんな不安を持っている人は多いのではないでしょうか。

 本企画担当者もそのひとりで、「どうやら維持費は安くなっているみたいだけど、でもマンション(集合住宅)住まいだから、そもそも購入は無理、と考えております。

 そんなところへ、かの超有名天才DJピストン西沢さんから「日産アリア買ったよ」との連絡が。マジですか。マジで買ったんですか。充電どうするんですか。

 そんな続々と湧き出る疑問に答えるため、「電気自動車インフラと自動運転ならこの人」という西村直人さんをお招きして、スペシャル動画を作成。

 以下、西村さんに特別原稿も寄稿していただいたので、お送りします。

動画出演:ピストン西沢、西村直人/文:西村直人、ベストカーWeb編集部/写真:日産、トヨタ

【画像ギャラリー】魅力的なEV続々出るぞ!! あとは住環境さえ整えば……

■マジでいま都内のEV充電状況を調べてみる byピストン西沢&西村直人

■国内も国外もとにかく電動化 by西村直人

EVというと高級路線の車種が多い印象だがトヨタの「C+pod」など日常使いを想定した車種の登場も間近なのだ

 2021年の後半戦、自動車社会の電動化は一気に進む! これまでも寄せては返す波のように電動化は僕らの前を行ったり来たりしてきたが、今回ばかりは違います。

 なぜか? ずばり、魅力的な電動車が世界中からたくさん登場するからだ! まずは日産。新型SUVのEV「アリア」を筆頭に、シリーズハイブリッド方式のe-POWERもシステムの進化を図る。さらに2023年度にはNMKVとして軽自動車規格のEVが登場する。

 協業先の三菱では次期型「アウトランダーPHEV」に注目。今が押し時と踏んだのか、当初の2022年度から前倒して2021年度内に国内市場へ投入する。

 2022年ともいわれるトヨタ/スバル連合の共同開発EV「bZ4X/ソルテラ」も話題だが、交通コメンテーターとしては2020年12月に法人/自治体向けとして限定販売、そして2022年には個人向けの販売も開始されるトヨタの超小型モビリティ「C+pod」(165万円)に期待。

 海外メーカーからもマイルドハイブリッドシステム搭載車が増加中。フォルクスワーゲン「ゴルフ」/アウディ「A3」では、新たに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた直列3気筒1.0lターボエンジンの売れ行きが絶好調だ。

 メルセデス・ベンツでは事実上の6代目となった新型「Cクラス」にBSG方式改め、ISG方式となった48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載し、BMWもiXシリーズでは「電気エンジン」なる名称を用いて、「i3」からスタートした量産EVモデルの第二フェーズをスタートさせた。

 プジョーやシトロエン、そしてDS各モデルにもEVやPHVモデルが次々に登場。ボルボは2020年内に国内市場に導入する全モデルの48Vマイルドハイブリッド化が完了している。

 どこもかしこも電動化。しかし、そのイメージリーダー役としてのEVは走行性能こそずば抜けているものの、充電環境についての知識が必要になることから、いざ購入するとなるとHVやPHVのような気軽さにかけてしまうのも事実。

次ページは : ■集合住宅でも充電器設置OK??