さらば空冷直4の超名車!! ホンダCB1100が53年の歴史に幕

最後の空冷直4が生産終了! ホンダCB1100EX/RSファイナル仕様はエンブレム付きで登場か

 現行ラインナップで唯一、空冷直列4気筒を積むホンダのCB1100シリーズが生産終了することになった。STDは現行型がラストとなり、クラシカルなEXグレードと、スポーティなRSグレードにファイナルエディションを展開する。

 特製エンブレムなどの装備を奢り、10月から11月末頃まで期間限定受注で販売される見込みだ。ここではその詳細と空冷直4CBヒストリーもお届けしたい。

文/沼尾宏明、写真/HONDA

【画像ギャラリー】幻のCB1100Rコンセプトなど空冷ビッグCBの歩みが一望に


53年の歴史に幕。強化される排ガス規制に対応せず

 1969年のCB750フォアに始まるホンダ空冷直4の歴史が、ついに終焉を迎える――。9月3日、ホンダが公式TwitterやFacebookなどで「CB1100EX」と「CB1100RS」に「ファイナルエディション」が登場することを明らかにした。

 現行モデルで唯一無二の空冷直4を搭載し、昔ながらの味わいが魅力のCB1100だが、次期排ガス規制強化(平成32年排ガス規制)が迫っており、その去就に注目が集まっていた。2022年10月末までに規制対応しなければ、現行モデルは「販売不可」となってしまうのだ。

 ホンダの下した決断は、残念ながら「生産終了」。空冷エンジンは、水冷と違って熱を一定に保ちにくく、燃焼温度の増減があるため、排ガスが増加しがち。度重なる規制に対応できず、2000年代にはカワサキのゼファー、ヤマハのXJRシリーズなど多くの空冷直4機が終売に追い込まれた。

 ホンダの技術をもってすれば、恐らく規制クリアは可能だろうが、コストと販売台数などの兼ね合いを考慮した結果なのだろう。しかし、ひっそりと消えゆくモデルが多い中、有終の美を飾る「ファイナルエディション」が設定されるのは、ホンダからのファンサービスと言えるかも知れない。

9月3日にSNSで予告されたCB1100EX/RSファイナルエディションの画像
現行のCB1100シリーズは2017年に登場した。平成28年排ガス規制をクリアし、次の平成32年規制も技術的にはクリア可能と開発者は答えていたが……

EXは赤と黒、RSはツヤ消し青と赤で登場か

 情報によると、CB1100EXおよびCB1100RSのファイナルエディションは、10月8日頃発表され、同日から受注開始。受注期間は11月30日までと予想される。台数限定ならプレミア化や争奪戦が起きるところだが、受注期間が長めに設定される上に、期間内に注文すれば問題なく入手できることになりそうだ。

 まずスポークホイールを採用するEXグレードのファイナルエディションは、キャンディクロモスフィアレッド、ダークネスブラックメタリックの2色を設定すると予想。本誌予想価格は現行モデルと同じ税抜123万9000円。発売日は11月25日と予想したい。

EXはクラシカルさを強調した前後18インチのアルミリムスポークホイールや、バフ掛けトップブリッジ&エンジンカバーなどが特徴だ。写真は現行型のキャンディクロモスフィアレッド

 前後17インチのキャストホイールを履くスポーティなRSはマットジーンズブルー、マグナレッドの2色となるか。こちらも予想価格は現行型と同じ税抜き127万6000円。発売日はEXより約1か月早い10月28日と予想したい。EX、RSともに、タンクに「ファイナルエディション」を示すエンブレムが貼付される模様だ。

 このウワサを裏付けるように、台湾ホンダが日本に先行して「RS」のファイナルエディションを発表した。車体色は本誌想定どおりの2カラー。GB350で採用された「マットジーンズブルーメタリック」同様のツヤ消し青に、ブラウンシートが装着される。もう1色は鮮やかなレッドで、こちらはシート表皮がブラック。両カラーともにホイールが、従来型と異なるブロンズカラーとしている。基本構成やスタイルなどは従来モデルと共通だ。

写真は、台湾で先行して発表されたRSファイナルエディションの「消光單寧藍」ツヤ消しブルー。日本でも同様のカラーリングで発売されそうだ
CB1100のスタンダード(国内仕様 税抜124万円)。発売中の現行型でラストとなり、既に生産は終了している

次ページは : CB1100の原点は1999年の「CBフォア」だった