走る至宝、カワサキ×ビモータが国内上陸!? KB5にも期待!

走る至宝、カワサキ×ビモータが国内上陸!? KB5にも期待!

 2019年に復活した名門バイクブランド「BIMOTA(ビモータ)」が大きく動く。

 カワサキとのタッグによる“テージH2”に続く第2弾“KB4”が発進間近。しかも、日本全国に展開するカワサキプラザでの取り扱いが開始されるとの情報で、あのビモータが日本でも身近になりそうなのだ。

 さらにカワサキとのコラボを盛り上げる第3弾として、知る人ぞ知る往年のスペシャルZ1キットを再現した新作“KB5”を提案したい!

文/沼尾宏明、CG/白圡学、写真/KAWASAKI、BIMOTA

【画像ギャラリー】ドゥカティやMVアグスタよりも格上!? 珠玉のビモータによるカワサキモデル


マニア垂涎ブランドが全国で購入可能へ

 ビモータは1970~1990年代、マニアの心を鷲掴みにした憧れのイタリアンブランドだ。フレームビルダーやチューナーとして世界的な名声を誇ったものの、近年は経営悪化で実質的に休眠状態だった。

 しかし、2019年にカワサキが出資し、ビモータとの合弁会社を設立。2020年に復活第1弾の「テージH2」を市販化し、大いに話題を呼んだ。

 このテージH2が日本国内で入手できる可能性が出てきた。2021年秋、カワサキが「国内でビモータの正規販売を開始する」との情報が入ってきたのだ。

2019年11月に公表されたカワサキ×ビモータ。両社のタッグで231psを発揮するカワサキ・Ninja H2のスーパーチャージャドエンジンと、ビモータのシンボルであるセンターハブステアが融合した

 今まで川崎重工の社内カンパニー「モーターサイクル&エンジンカンパニー」が二輪事業を担当してきたが、これを2021年10月1日付けで分社化。子会社の「カワサキモータース株式会社」が新設される。同社は川崎重工グループで唯一、一般消費者に商品を直接提供する“B to C事業”を担い、ブランドを牽引していく。

 そして、川崎重工が2021年6月1日に開催したグループビジョン2030進捗報告会でも「ビモータとの協業・提携を大胆かつ積極的に推進」すると発表。ウワサによると、全国77店舗(2021年4月現在)を展開する「カワサキプラザ」で、まずテージH2を販売するという。

2020年に投入された新生ビモータの復活作がテージH2。2021年7月現在、輸入車を取り扱うモトコルセ(神奈川県厚木市 )が国内に輸入販売をしている。価格は866万8000円

復活第2弾、KB4はリアラジエター構造で差別化

 そして復活第2弾モデルとしてアナウンスされていた「KB4」の続報も届いた。

 本作は、カワサキのNinja1000SXの直4ユニットを、ビモータのお家芸である鋼管トレリスフレームに搭載したFUNスポーツ。元々のNinja1000SXは、141psを発生する直列4気筒をアルミフレームに搭載したスポーティツアラーだが、KB4は独自フレームで大幅な軽量化が期待できる。

 ビモータ本国のフェイスブックで公開されたティザー画像や動画によると、やや大柄なNinja1000SXがベースとは思えないほどコンパクト。Ninja1000SXの車重236kgからダイエットにも成功しているはずだ。クラシカルな丸眼とフルカウルを組み合わせ、ビモータならではのデザイン性も満足できる仕上がりだろう。

ビモータがSNSで発信するKB4は、1978年に発売されたKB1の現代版とされている。丸目のフルカウルはそのイメージを踏襲しているが、ノスタルジーだけでなく革新技術も取り込んでいる
1978年のKB1。KB1はカワサキ×ビモータ1号機という意味。Z1000のエンジンをビモータ独自の車体に搭載。水平マウントされたリアクッションがベース車のNinja1000SXと共通なのは偶然か!?

 また、ラジエターをエンジン前面→リヤに移設したとのウワサも。このビモータらしい革新的な構造によって、Ninja1000SXの軸間距離1440mmから大幅なショートホイールベース化が期待できる。ベース車と一味違う俊敏スポーツとして楽しめそうだ。

 情報筋によると、発表は「2021年11月末に開催予定のミラノショー」が予想される。KB4の国内取り扱いは不明だが、こちらも全国のカワサキプラザで購入可能になることを期待したい。

KB4は、バイクでは珍しいリアラジエターを採用するとの情報だ。これによって、エンジン搭載位置がよりフロント側に移動でき、ショートホイールベース化、フロント荷重の促進が期待できる

次ページは : 懐かしくてカッコイイ、ビモータ+Z900RS=KB5が欲しい!