大回りでも接続駅が多くて便利!! 都営バス「白61」系統レポート


 今回の乗りバスレポートは都営バス「白61」系統だ。新宿駅西口と練馬駅を結ぶおよそ14kmの路線だ。かなり大回りの路線だが乗車率は高い。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
写真:小野寺利右

【画像ギャラリー】大回りなのに接続駅が多くて便利!都営バス「白61」系統乗りバスレポート(18枚)画像ギャラリー

大江戸線なら9km17分

 新宿・練馬間は都営大江戸線であれば約9kmを17分で結ぶ。路線バスでは鉄道よりも時間がかかることは当然としても、白61系統に乗り通すと70分程度かかってしまう。これは単純にバスなので時間がかかるというだけではなく、路線がかなり大回りしていることに起因する。

白61系統

 大回りなので無駄なのかといえばそういうわけではなく、多くの鉄道駅を経由しながら走るので、それぞれ停車する鉄道駅との連絡を担うので区間利用が多いと解することができよう。沿線には住宅地はもちろんだが大学等の学校も多いために通学の便としても利用されている。

白61系統の方向表示器

練馬は北西方向なのにずーっと東へ!

 新宿駅西口のバスターミナルを出るとJRの線ををくぐり歌舞伎町に停車する。歓楽街はもとより、西武新宿駅にも近い。そのまま練馬とは明後日の方向である東に進んでいく。

新宿駅西口ターミナルに入線する白61系統

 曙橋は都営新宿線の駅で、ここまでは都営新宿線との重複のようなものだ。曙橋から針路を北に変えて牛込柳町駅前で都営大江戸線と接続する。すでに新宿、西武新宿、曙町、牛込柳町と4駅と接続している。さらに北上して江戸川橋で東京メトロ有楽町線と接続。

曙橋で都営新宿線と接続

 ここから左折し針路を西に向けて目白通りを走る。美しい庭園やコンベンションセンター、そして超一級のホテルを擁するホテル椿山荘東京前に停車する。白61系統には練馬方面から当地発着の区間便もある。

担当は練馬支所F579いすゞエルガ

 鬼子母神前で少し離れてはいるが都電荒川線の鬼子母神前電停と東京メトロ副都心線の雑司が谷駅に接続する。いくつかの高校や大学の前に停車し、目白駅前に到着する。

 目白駅はちょうど新宿から山手線で北に3駅行ったところなので、かなりの大回りになっているのが分かる。

多くの系統や都電荒川線が走る明治通りと立体交差する

次ページは : 経路が分かれる

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ