2021年もやります! 興奮のランキング「日本車BEST30」 ベストカー1月10日号


 新しい年に期待がふくらむ2021年12月。ベストカー2022年1月10日号はフレッシュで読み応えある誌面展開となっています!

 その新年号最初を飾るにふさわしい企画が、ベストカーの真骨頂、SCOOP企画。トヨタのミニバンのなかでもビッグネームとされる、あのエスティマが復活する! という情報を本誌SCOOP班が入手。トヨタとスバルが共同開発したEV用プラットフォーム、e-TNGAを採用するミニバンとなります。……そう、新型エスティマはEVとして復活。他誌では公開しないこの情報、お見逃しなく!

 大特集は、恒例企画の「日本車BEST30」。本誌おなじみの20名のモータージャーナリストが個人の現行日本車のBEST10を選出し、それをもとに集計して「日本車BEST30」を発表するという特集です。今買える日本車のなかで、1位~30位がズバリわかります。
 もうひとつの特集は「歴代日本車 あれこれAWARD」。衝撃度・楽しさ・先進技術……など、いろんなテーマのAWARD(賞)を設け、BC編集部から賞を授与しよう、という特集。歴代日本車が対象なので、さぁ、どのクルマが受賞されるか!? 楽しみ!

 そのほか、日産GT-Rの2022年モデル特別仕様車「T-spec」(120台限定。すでに完売)と、ダイハツロッキー/トヨタライズeスマートハイブリッドモデルの熱烈試乗記も掲載。さらに、SUVを購入しようと思っている方、必読ページは「300万円台で買って幸せになるSUVはこれだ!!」企画。小沢コージ氏が、新車ヤリスクロスと中古ミニクロスオーバー、どっちがオシャレなカーライフを送れるか徹底チェックする……という企画も読み飛ばせません。

 慌ただしい師走ですが、ベストカー1月10日号は過激に走り続ける企画で充実です。

文/ベストカー編集部
写真/平野 学 ほか

SCOOP掲載! 2024年デビューか!? エスティマ、電気で復活!!

 数あるトヨタ車のなかでもビッグネームと呼んでいいエスティマ。長年、トヨタのミニバンラインナップを引っ張ってきたモデルで、2019年10月に3代目で生産終了しています。そのエスティマが復活するという情報を販売店関係者から、本誌スクープ班は入手。

 トヨタとスバルが共同開発したEV用プラットフォーム、e-TNGAを採用するモデルとなることは明らかで、つまり4代目はEVとして誕生するという驚きの情報を掲載。

 トヨタは、2025年までにグローバルで15車種のEVを導入することをすでに発表しており、このなかの「bZシリーズ」の一台が4代目エスティマになることは確実と見られています。スタイルも、エスティマ伝統の近未来を先取りしたデザインに仕上げてくる見通し。“復活エスティマ”の情報は巻頭企画で。お見逃しなく!

興奮の集中BIG特集「日本車BEST30」。1位はどのクルマ⁉

 2021年も数々の新しい日本車が誕生しましたが、それらを加えて、今買える日本車のなかで「BEST30」を決めよう! という年末の恒例特集。

 本誌おなじみの日本を代表する20名のモータージャーナリストのみなさんが自分のBEST10を選出し、その結果を総合的に集計して「日本車BEST30」を決定、1~30位を発表する大特集です。

 昨年の1~30位の順位とどう変わっているのか? 売れているあのクルマは上位か? 2021年に登場した新型車の順位は⁉ 期待とともにページを開いてほしいです。そのほか、「話題賞」「テクノロジー賞」「惜しいで賞」など各賞を設けて賑やかに展開します。

次ページは : あのクルマに賞を授けたい!「歴代日本車あれこれAWARD」特集

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ