城東電軌を受け継ぐ都営バス「亀26系統」今井のバス停の位置に違和感!?


 今回の乗りバスレポートは都営バスの「亀26」系統だ。路面電車時代の伝統を継承した「なぜここが終点?」と思わせる路線なのでまずはびっくりの始発地での乗車方法からレポートする。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】都営バス「亀26系統」の今井のバス停の位置が変だぞ?(15枚)画像ギャラリー

城東電気軌道の系統を引き継ぐ路線一つ

 この路線はかつての路面電車である城東電気軌道(後に都電へ吸収)の一之江線(今井橋-東荒川)を荒川を超えて亀戸まで延伸したようなもので、当時の都電系統番号は26系統。よって本路線は亀26を名乗っている。

都営住宅の下から出てきた亀26系統

 その後、都電は廃止され代替輸送機関としてトロリーバスが上野公園-今井間を結び、さらにトロリーバスが廃止されると系統は亀戸で分断され、今井側が亀26系統として現在に至る。担当営業所は都営バス江戸川営業所臨海支所だ。

臨海支所ののぼりが立つ

 そんな「今井」とは江戸川区と千葉県市川市を結ぶ今井橋の江戸川区側にあり、亀26系統の今井停留所だけは他の系統とは違い、折り返し施設とともに設置されている。都営住宅の下の部分が都営バスの折り返し場であり、その構内に亀26系統専用のバス停がある。

亀26系統の折り返しとなる今井停留所は都営住宅の下

バス停が変だぞ?

 写真をご覧いただくと少し変なのに気が付くと思う。左側通行の日本においてこの位置関係で停留所が設置されるのは通常はない。

バス停(右側)と転回場(左側)

 実際に折り返しのバスが建物の下を回って停留所に着くと、停止線がありその前が横断歩道のようになっており乗客はバスが停止して扉が開いたのを確認してからバスの直前を通って乗車する。「バスの直前直後の横断は大変危険です!」は車内放送の常識ではあるが、ここではそれが正式な乗車方法だ。

停止線でバスが停車して横断歩道を渡って乗車する

次ページは : まだ江戸川区?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ