VWゴルフGTIがフルモデルチェンジ! 元祖ボーイズレーサーが8代目に!

VWゴルフGTIがフルモデルチェンジ! 元祖ボーイズレーサーが8代目に!

 FFスポーツのトップブランドのひとつであるフォルクスワーゲン ゴルフGTIが、8代目に進化。ゴルフは、世界中から優れた実用車として幅広い支持を受けているが、そのゴルフをベースとしたGTIも、コンパクトなスポーツカーとして熱狂的なファンを持つ。

 全面刷新を図った8代目ゴルフをベースに、スポーツカーとしての魅力も高めた新GTIの進化のポイントをわかりやすくお届けしよう。

文/大音 安弘、写真/VWグループ・ジャパン

【画像ギャラリー】元祖ボイーズレーサーが8代目に!フォルクスワーゲン ゴルフGTIがフルモデルチェンジ


■デビューより45年となる8代目GTI

 VWグループ・ジャパンは2021年12月22日、主力モデルであるゴルフのスポーツハッチ「ゴルフGTI」のフルモデルチェンジを発表した。2022年1月7日より販売を開始し、価格は466万円となる。

 第8世代となる新型は、2021年6月15日に発表された新型ゴルフに追加された初のスポーツモデルだ。更なる高性能化を図りながらも、若々しいゴルフVIIIのデザインを活かしつつ、GTIの伝統的アイコンもしっかりと取り入れているのが特徴だ。

第8世代となる新型ゴルフGTI。伝統のアイコンを取り入れながら、よりモダンなスタイルが目指された
第8世代となる新型ゴルフGTI。伝統のアイコンを取り入れながら、よりモダンなスタイルが目指された

■スポーティな装いを強めたエクステリア

 エクステリアは、スポーティ&カジュアルな若々しいデザインに生まれ変わったゴルフVIIIの魅力を受け継ぎつつ、GTI専用アイテムを取り入れることで、差別化。最も特徴的なのはフロントバンパーで、ロアグリルをハニカムメッシュの大型グリルとし、その左右には専用のX配置のハニカム柄のフォグランプを新設している。

 アイコンとなるGTIグリルの伝統的表現となる赤いストリップは、ライトシグネチャーとともにヘッドライトまで拡大。暗闇でもひと目で、GTIとわかるように演出した。さらに専用18インチアルミホイール、左右配置のエキゾーストパイプ、フロントフェンダー、サイドストリップなど各部がGTI用に変更することで、GTIらしいアグレッシブな装いに仕立てている。

シックに纏められたリアスタイル。専用となるエキゾーストやディフューザーデザインが、GTIを主張する
シックに纏められたリアスタイル。専用となるエキゾーストやディフューザーデザインが、GTIを主張する

■伝統のタータンチェックと赤がアクセントに際立つ!

 デジタル化が進んだゴルフ8同様にインテリアには、デジタルメーター「デジタルコクピット」や大画面インフォテイメントディスプレイが備わる。機能面では新型ゴルフと同等となる。

 そのでもなかでもGTIの個性は発揮されており、デジタルメーターの表示には、GTIらしい赤を基調とした表示画面を採用。ブースト計の表示を始め、タコメーター中心の表示などスポーツモデルらしい機能も取り入れる。

デジタルな表示を中心とした最新式コックピットの中にGTIらしさをしっかりと表現した
デジタルな表示を中心とした最新式コックピットの中にGTIらしさをしっかりと表現した

 伝統的なアイコンであるタータンチェック柄は、新デザインのファブリック生地のヘッドレスト一体型スポーツシートに採用。オプションの専用レザーシートも用意されるが、こちらはレッドステッチのみに。

 新しいマルチファンクションスポーツステアリングにも、GTIバッチの装飾など専用仕様に変更している。赤やハニカムパターンなどをアクセントに、インテリアの各部や表示には、GTIらしい飾りが加えられ、オーナーに特別感を与えてくれる。

次ページは : ■強化されたパワートレーンと足回り

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!