VW新型8代目ゴルフ登場!!世界的ベストセラーモデルの進化度

全方位で進化した世界的ベストセラーモデル 8代目ゴルフ登場

 2019年の世界累計販売が3500万台! 文句なしの超メジャー級ハッチバックの最新モデル、ついに日本発売!! インテリジェント、コネクテッド、電動化をキーワードに大進化を遂げたその姿に迫る!!!

■新型ゴルフ8価格表
・eTSI Active Basic(1Lターボ+モーター+7速DSG)…291万6000円
・eTSI Active(1Lターボ+モーター+7速DSG)…312万5000円
・eTSI Style(1.5Lターボ+モーター+7速DSG)…370万5000円
・eTSI R-Line(1.5Lターボ+モーター+7速DSG)…375万5000円

※本稿は2021年6月のものです。試乗日:6月3日
文/鈴木直也 写真/ベストカー編集部 撮影/佐藤正勝、VGJ
初出:『ベストカー』2021年7月10日号

【画像ギャラリー】全方位からじっくりチェック! 30枚の画像と主要諸元表で新型ゴルフを見る


■品質感も走りも依然として第一級の実力 乗るほどに感心するシャシー性能

 世界の自動車メーカーのなかで最もEVに前のめりなのがフォルクスワーゲンだが、その反動か既存のエンジン車が、やや精彩を欠いているように見える。

 それゆえ、ぼくは密かにゴルフ8の出来を心配していた。

 なんといっても、乗り越えなければいけないのは名車の誉れ高きゴルフ7。しかもEV関連に人もコストも持っていかれるなか、限られたリソースで大黒柱の世代交代を行わなければならない。

 開発チームとしては、かつてなく難しい新車開発だったのではないかと思う。

 しかし、さすがと言うべきか。結論から先に言えば、ゴルフはVWの内燃機関のエースとして踏みとどまった。そう言っていいと思う。

インテリジェント、コネクテッド、電動化をキーワードに、大幅な進化を遂げたゴルフ8
リアビュー

 その第一のポイントは品質面だ。もちろんコストダウンの影響はそこかしこに見受けられる。

 象徴的なのはボンネットのガスストラット廃止や、エンジンルーム内の塗装の省略。かつて過剰品質と言われていた時代のVW車を知る人は残念に思うだろう。

 しかし、ボディのチリや内装の上質感など、目に見える品質感は依然としてCセグメント随一。300万円を切るエントリー価格を考慮すると、コスパ的には大健闘と言ってもいい。

 第二のポイントはシャシー性能が相変わらず第一級と言えることだ。

 基本プラットフォームはおなじみMQBを“エボ”に進化させたもので、ベーシックモデルのサスペンションは前ストラット/後トーションビーム、上位モデルは前ストラット/後マルチリンクという構成。ゴルフ7と変わっていない。

 だが、このシャシー性能のレベルの高さには、乗れば乗るほど感心させられる。

乗るほどに感心するシャシー性能

 高速直安、正確かつ上質な操舵レスポンス、リアトーションビームでも「ここまでできるのか!」と感心する乗り心地の作り込み。

 シャシー性能については名車ゴルフ7と同様、「これぞCセグのベンチマーク」と断言できる。

■マイルドHVもインフォテイメントも完成度高し

 第三のポイントは、内燃機関改良の手を緩めていないことだ。

 日本市場に導入されるモデルは、1Lのアクティブベーシックとアクティブ、1.5Lのスタイル、Rラインの4モデルだが、全車48Vマイルドハイブリッドを装備。

 ベルト駆動スターター・ジェネレーターは13ps/6.3kgmと、侮れないアシスト力を備えている。

エンジンは1Lと1.5L、いずれも48Vマイルドハイブリッド。こちらは1L(DLA)。eTSIアクティブベーシック、eTSIアクティブが積む直3、1LターボDLA型エンジンの出力は110ps/20.4kgm。モーター出力は1.5Lと同じ
1.5L(DFY)。150ps/25.5kgm発生の直4、1.5LターボDFY型エンジンは、eTSIスタイル&eTSI R-Lineに搭載。13ps/6.3kgmのモーターが組み合わされる

 この48Vマイルドハイブリッドの効果は1L、3気筒モデルでより顕著で、ストップ&ゴーの動き出しがより滑らかで心地よい。

 さらに高速の流入加速での力強いトルク感や、トップエンドまで回しても3気筒っぽさを感じさせないサウンドなど、とても1Lとは思えないドライバビリティを発揮。

 燃費では日本のハイブリッド勢に負けるだろうが、総合的なドライバビリティではかなりいい勝負をすると思われる。

インテリア
eTSIアクティブのシート。eTSIスタイルはスポーツコンフォートシートを、R-Lineは専用ファブリックによるトップスポーツシートを採用

 最後のポイントは、ADASやインフォテイメント系の装備がクラス最強のレベルに進化していること。

 全面液晶メーターや、タッチスライダー付き10インチセンターディスプレイ、スイッチ化したシフトセレクターなど、ユーザーインターフェイスの未来感はタダモノではなく、デジタル化、コネクテッド化といった分野でもCセグをリードする進化を遂げている。

通信モジュール内蔵型のインフォテイメントシステムは、昨年から順次採用モデル導入が進められているが、新型ゴルフには最新世代のものを採用
大人が5人乗った状態で380Lの容量を提供するラゲッジ。分割可倒式のリアシートを前に倒すと、最大1237Lまで荷室容量を増やすことができる

 やはり、ゴルフは侮れない! それを確認できて嬉しかったゴルフ8の試乗でした。

1.5Lエンジンベースのマイルドハイブリッドシステムを搭載するeTSIスタイル。写真のボディカラーは新色のライムイエローメタリック(OP)
ゴルフ8 主要諸元表

【画像ギャラリー】全方位からじっくりチェック! 30枚の画像と主要諸元表で新型ゴルフを見る