新型ゴルフGTIクラブスポーツ&ゴルフRに試乗! VWの本気を見た!!

試乗チェック! 新型ゴルフGTIクラブスポーツ&新型ゴルフRにVWの本気を見た!!

 今年日本では、2019年10月に本国で発表された8代目となるフォルクスワーゲン新型ゴルフがようやく導入される予定。

 しかしながら、欧州では昨年に新型ゴルフのスポーツモデルである「ゴルフGTI」、それにGTIより55psもパワフルな300psを発揮する「ゴルフGTIクラブスポーツ」、さらにトップモデルの「ゴルフR」もすでに発表済みだ。

 スポーツモデルの日本導入時期はいまのところ未定だが、これらは欧州ではすでに試乗会も実施されている。そこで今回は、新型ゴルフGTIクラブスポーツ、それに新型ゴルフR、2モデルの試乗インプレッションをひと足先に紹介していこう。気になるその実力は?

文/y.kimura/kimura-office  写真/Volkswagen

【画像ギャラリー】ゴルフシリーズの頂点に君臨するスポーツハッチ 新型ゴルフGTIクラブスポーツと新型ゴルフRが登場!!


■VWゴルフGTIクラブスポーツ&ゴルフR海外試乗記

本国で2019年10月に発表されたゴルフ8。新たに仲間に加わったGTIクラブスポーツとゴルフRを欧州にて試乗した

 フォルクスワーゲンは2年ほど前に発表された新型ゴルフ8のバリエーション拡充を早めているようだ。特にスポーツモデルについては、2020年の夏には「GTI」、2020年暮れには「GTIクラブスポーツ」、その直後にトップモデルの「R」が発表され、今年初めにドイツでの試乗会も済んでいる。

 一方、日本ではようやくベースモデルが6月から発売される予定だが、GTIやスポーツモデル関連のニュースはまだ入ってこない。そこで今回は、すでに試乗会のあった GTIの派生モデルであるGTIクラブスポーツとRのインプレッションをお届けする。

■新型ゴルフGTIクラブスポーツは300馬力を発揮する

新型ゴルフGTIクラブスポーツ。最高出力は300ps/400Nm、0-100km/h加速は5.6秒

 まず、ゴルフGTIクラブスポーツだが、搭載されるエンジンはGTIと同じ開発コード「EA888 evo4」を持った2Lの4気筒直噴ターボで、最高出力は300馬力、最大トルクは400Nmを発生する。組み合わされるトランスミッションは7速DCT(ツィンクラッチ・オートマチック)で前輪を駆動する。

 公式性能は0-100km/hが5.6秒、最高速度は250km/hでリミッター制御される。一方、新たにセッティングされたシャーシは15mmローダウンされ、サスペンションジオメトリーはよりダイナミックなドライビングのために一層シャープなセッティングへと変化している。

 また可変ダンパーとフロントのデフロックシステムはネットワーク化され、メインコンピューターによって各状況に応じて最適なセッティングが瞬時にコントロールされる。ドライビングモードは「エコ」「コンフォート」「スポーツ」「インディビジュアル」に加えて、新たに「スペシャル」がプラスされている。

 「スペシャル」はニュルブルクリンクでの走行に合わせたプロファイルにセットされる。GTIクラブスポーツのラップタイムはスタンダードのGTIよりも13秒速いと発表されている。

 クラブスポーツのエクステリアデザインはGTIとは若干異なり、左右のヘッドライトを結ぶ赤いアクセントラインに並行してLEDライトが組み合わされ、グリルには一対のウィングレットが、フロントスポイラーとともに装備されている。

 またルーフエンドには大型化され、エアフロースペースが開けられた3分割のスポイラーがリアの接地性を高めている。またエグゾーストパイプは楕円形のマフラーカッターが採用されているが、不思議なことに「クラブスポーツ」を示すエンブレムやロゴはどこにも見当たらない。

 インテリアはほぼGTIと同じだが、赤いアクセントラインが入ったアルカンタラ製のスポーツシートと、それにコーディネートされたトリムがスポーツムードを高めている。

 また操作系もドライバー正面に8.25インチ、そしてダッシュボード中央には10インチ(オプション)のタッチパネルが用意されている。ただし待ち受けメニュー画面はGTIと同じスポーティなデザインになっている。

次ページは : ■迫力あるサウンドと淀みない加速が炸裂