「バイク版テスラ」爆誕? ハーレーが台湾と手を結びEV新会社設立のワケ

「バイク版テスラ」爆誕? ハーレーが台湾と手を結び、EV新会社設立のワケ

 ハーレーダビッドソンが電動バイクの新会社を米国で設立し、上場企業として株式を公開した。同時に、台湾シェア1位のキムコと手を組み、2026年に10万台のEV販売を目指すことも発表。

 ミニから超高級の大型バイクまで取り揃え、二輪EVのトップブランドとなる「バイク版テスラ」の誕生か? さらに国内メーカーのヤマハがプロトイタプのEVを発表するなど新たな動きが。最新の電動バイク情報を一挙に紹介しよう。

文/沼尾宏明、写真/HARLEY-DAVIDSON、YAMAHA、HONDA

【画像ギャラリー】脱化石燃料化に向けて加速するバイクの最前線(16枚)画像ギャラリー

ハーレーがキムコとタッグを組み、2026年に販売10万台を狙う

 世界的な二輪メーカーであると同時に、アメリカを代表するブランドでもあるハーレーダビッドソン。巨大なクルーザーが余りにも有名だが、近頃は他メーカーに先駆けて大型の電動(EV)スポーツバイクのライブワイヤーを市販化するなど、新しいセグメントへの進出が盛んだ。

 ライブワイヤーは米国で2019年、日本では2020年末に発売開始。最高出力105psを誇り、0→100km/h加速はわずか3秒のモンスターだ。そして2021年5月、車名そのものを企業名に掲げる新会社「ライブワイヤー」を立ち上げた。

 これは、ライブワイヤーを含むEVバイクをハーレーから独立させ、二輪EV専門ブランドとして世界の電動バイク市場をリードするのが狙い。バーチャル本社をインターネット上に設け、IT技術のメッカであるカリフォルニア州シリコンバレーにも拠点を置く。

従来モデルは「ライブワイヤーワン」として、旗艦の位置付けでラインナップされる。プロジェクトハッカーはプロトタイプ

 さらに2021年12月13日、新しい上場会社としてライブワイヤー社がニューヨーク証券取引所にIPO(新規株式公開)することを発表した。特別買収目的会社のABIC(AEA-Bridges Impact Corp)を通じて、合併などの企業結合契約を締結し、ライブワイヤー社が米国最初の上場2輪EV企業になるという。

 加えて、ライブワイヤーと、台湾のバイクメーカーであるキムコが、電動バイク開発に関するパートナーシップを結ぶことも公表された。

 キムコは、エンジン搭載のスクーターを中心に20年連続で台湾の新車販売1位を獲得するブランド。ただしEV販売では同じく台湾のGogoroに大きく水を開けられている。キムコとしては、ハーレーとのタッグで台湾EV市場の巻き返しを図るのが目的だろう。

台湾のキムコは、電動モーターサイクルや、EVバイク初の2段変速機を備えたF9(写真)をショーで発表したが、まだ市販化には至っていない

 資金はABICが委託されている4億ドルのほか、ハーレーが1億ドル(約114億8000万円)、およびキムコが1億ドルを出資。株式は約74%をハーレーが保有し、ABICの株主が17%を、残りの4%をキムコとABICが保有する。合併会社の企業評価額は約17億7000万ドル(約2032億6000万円)、契約完了時の資金調達後価値は約23億1000万ドル(約2653億7000万円)に及ぶ。

 事業に関する取引は2022年前半に完了する予定。これで太平洋を挟んだグローバルなEVパートナーシップが形成されることに。2026年には全世界で販売10万台、2030年には19万台を目標とする。

 今回の上場により、「ライブワイヤーは新製品開発のための資金を調達し、市場投入モデルの計画を加速する自由が得られる」(ハーレーダビッドソン会長兼CEO ヨッヘン・ツァイツ氏)という。

現時点でのライブワイヤーの販売台数は387台ながら、4年後には258倍の10万台超という強気の目標を設定

モジュール方式でミドルや小型クラスなど多彩なモデルを展開

 今後の市販化プロジェクトも明らかになった。

 ライブワイヤーワンに続く第2弾としてミドルクラスの「ライブワイヤー S2 Del Mar」を投入予定。さらに、キムコと提携したスケールダウン版の「S3」、最新技術で航続距離などを改善した新たなフラッグシップ「S4」をリリースしていく。

発売予定時期などは未公表だが、今後は3車種の投入を予定している。第2弾のS2 Del Marは、拠点のあるカリフォルニアの町が車名の由来

 これらのモデルには「Arrow」という新たな共通プラットフォームが採用される。

 モーターをはじめ、バッテリー、インバーターなどがユニットごとに独立し、これらを用途に応じて組み合わせることで多彩なバリエーションを展開可能。バッテリーは大容量のセルを使用し、50、100、350、さらに400V以上の電圧を選択できる。そして冷却方式は空冷または水冷に対応。拡張性が高く、コストの抑制も可能だ。

投資家へのプレゼンテーションに登場した新プラットフォームの「Arrow」。ライブワイヤーS2など今後のモデルに採用される
Arrowは、エンジンに見える部分がバッテリーで、前部にステムをボルトで固定。電脳とラジエーターを前方下部に、モーターを後部に装着する

 Arrowは、従来のライブワイヤーワンと違い、バッテリーを強度メンバーとすることでフレームは最小限。軽量コンパクトな車体が期待できる。また、形状が2020年春にスケッチ公開されたフラットトラックスタイルの「EDT600R」と形状がよく似ている。

2020年に発表されたEDT600Rのスケッチ。EDT=エレクトリックダートトラッカーの意で、Arrowアーキテクチャが使われている模様だ

 Arrowのバッテリーユニットには「Revelation700」という文字が見える(ちなみに現行ライブワイヤーバッテリーは「Revelation」と呼ばれる)。これは、EDT600Rの「600」が「700」にシフトされたと予想できる。この数字は、恐らく内燃機関の排気量に相当すると思われ、700ccクラスの車格と動力性能を備えたEVとなるだろう。

 なお、キムコは自社の電動モデルにもS3プラットフォームを使用する予定。さらにライブワイヤー社は、ハーレーが2019年に買収したキッズ向けの電動スクーターブランド「STACYC」も取り扱う。

ペダルなし電動バランスバイクのStaCyc。子供が地面を足で蹴って進み、慣れたら電動で低速走行が可能だ

 子供時代からライブワイヤーのEVに親しみ、成長に応じて小型→ミドル→大型とステップアップできる。そんな電動バイクの総合ブランドになることをライブワイヤーは狙っているハズ。

 今だ電動バイクの覇権争いは先が見えず、混沌としているが、ライブワイヤーが今後リードを広げる可能性は十分ありそう。企業価値がさらに高まり、ライブワイヤー社が「二輪版テスラ」として持てはやされる日が来るのかも知れない。

12月5日に横浜ホットロッドカスタムショーで空冷スポーツスターのファイナルエディションを発表したハーレー。旧来のエンジンモデルと別会社にすることで多額の投資を募り、生き残りを賭ける

次ページは : ヤマハが2022年春から125クラスのEVを国内でもリース販売